今日は保険診療の説明会です

IMG_1215

2年に一度、保険診療では診療報酬の制度改正があります。
平成30年度の改正の説明会に参加してきました。
場所は高石駅前のホールです。
今回の改正では、訪問診療や介護についての変更が多かったです。
地域包括ケアシステムに歯科も関わる時代になって来ました。
高齢者が増えていく社会、医療の構造そのものも時代に合わせて変えていかないといけませんね。
2時間の説明会があっという間でした。

【コラム】高濃度フッ素配合歯磨剤って何がいいの?

昨年から、1,000?1,500ppmのフッ化物を歯磨き粉に配合することが効率で許可されました。
これまで、市販の歯磨き粉に配合するフッ素の上限は1,000ppmというルールがあり、
そのため、多くても950ppm程度のフッ素が配合されているというのが歯磨き粉の虫歯予防としての有効成分量でした。

フッ素の配合量が増えたことで、虫歯予防効果がどのくらい上がるのかについてお話ししたいと思います。

FullSizeRender
フッ素による虫歯予防のメカニズム
フッ化物が歯に作用すると、以下のことが起こるとされています。
・歯のエナメル質の結晶が改善される
・唾液中のカルシウムイオン、リン酸イオンと共に、初期虫歯(脱灰)部分の再石灰化が促進される
・エナメル質の結晶が「フルオロアパタイト」という硬い歯質になる

WHO の研究により、1,000ppmを超える濃度のフッ化物配合歯磨剤では、濃度が500ppm上昇するごとに虫歯予防効果が6%アップするということがわかっています。

高濃度フッ素配合の歯磨剤の見分け方
1,000ppmを超える高濃度フッ素配合歯磨剤の場合は、
フッ素の濃度を購入時・使用時に確認できるよう、
容器や外部包装などに記載するよう義務付けられています。
ですので、購入時に店頭でフッ素の濃度を確認して購入するようにすれば間違いありません。
パッケージのフッ素濃度表示がわかりにくい場合は、治療などの際に当院にお持ちいただけましたら当院スタッフが確認いたしますね!

注意事項
6歳未満のお子さんへの使用は控えてください。
フッ化物は摂りすぎると急性中毒と慢性中毒が起きるとされています。
保管する場合も6歳未満のお子さんが手の届かないところにしてください。

現在国内で販売されている高濃度フッ化物配合歯磨剤
・チェックアップ スタンダード(ライオン)
・チェックアップ ルートケア(ライオン)
・チェックアップ ジェル ミント(ライオン)
・クリニカ アドバンテージ ハミガキ(ライオン)
・シュミテクト デイリーケア プラス(グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン)
・バトラー エフペーストアルファ(サンスター)
・クリアクリーン プレミアム(花王)など

これらはいづれも1,450ppmのフッ化ナトリウムを薬用成分として配合しています。
また、15歳未満の子供さんの場合は、歯科医師の判断の元で使用するか決めた方がいいとされています。
とくに虫歯になりやすいというお子さんがおられる場合は、
高濃度フッ素配合の歯磨剤が適しているか歯科医にご相談ください。

高濃度フッ化物配合歯磨剤は、これまでの歯磨剤製品と比べて価格的には100円ほどアップしているようです(商品によります)。
同じ歯磨きをするなら、虫歯予防効果が高いもののを使用する方がいいですね!

立春

おはようございます。

とても寒い立春です ?
朝から雨…
雨の中、ヤマト運輸のお姉さんが、Amazonからのお荷物を届けて下さいました ?
「雨で濡れてすみませーん!」と笑顔で渡して下さいましたが、
こちらこそ、
「寒い雨の中、配達して下さりありがとうございます」
ですよね!
IMG_1186
読書が大好きな私には、
興味がある本をAmazonで注文すると
こうして翌朝には届くということが本当にありがたいです(*’▽’*)
皆さま、今日まで良い1日を。

入れ歯について

3月になった途端に春の嵐?(●´ω`●)

お天気が荒れ模様です。
暖かくなったかな?
と思ったら…
また寒さもぶり返すみたいですので、
皆様、体調管理には十分にご注意くださいませね。
当院では、入れ歯の作成において、
「治療用義歯」の作成をお勧めしております。
総入れ歯の方にも有効です。
全ての歯を失った場合、多くの方が、
「どこで噛んでいいのか分からない」状態になっています。
もしくは、これまでに作成した入れ歯が合わなくて、誤った状態で噛み合わせが作成されている場合も多く見受けられます。
患者様の噛みたい位置はどこか?
それを探り出して噛み合わせを再構築していく、
治療用義歯にはそのような役割があるのです。
治療用義歯には、保険適用されていません。
ですので、
これまで、いきなり本番の義歯を作り、
合わないので痛くなったり外れて、
延々と「調整」を繰り返しておられる方がおられます。
一度失ってしまった噛み合わせが一発で簡単に取り戻せるわけではありません。
咀嚼筋という、噛む時に働く筋肉の動きを知り、
身体が噛みやすいところを知る必要があるのです。
オマケ(●´ω`●)
入れ歯の勉強会の様子。
IMG_0799

教科書、参考書、各種辞典を山積みにして、
丸一日しっかり勉強します!!
入れ歯は勘と経験では作れません。
しっかりとした理論に基づき、患者様に快適な食事をしていただけるように、研鑽に努めております。
もちろん、美味しいご飯もしっかりいただいています(´∀`=)
私は、
「日本補綴歯科学会」に所属しており、
入れ歯、ブリッジ、インプラント治療など、
皆様が快適にお食事をしていただけるように、
失われたお口の機能を回復する勉強を常にしています。
今年は岡山市で学術大会があり、
私も共同演者として発表の機会をいただいております。
多くの学びは、通院いただいている患者様の笑顔に繋がっています。
当院の義歯は、作成したあとも長期にわたって良好で使いやすいとご好評いただいております。
いつも、ありがとうございます

おひなさま☆

今日はひな祭りの日ですね(*^_^*)

当院も入り口に小さな小さなお雛様が飾ってあります
IMG_0949
小さくて写真では見えにくいかな??
IMG_0952

これは、昨年、名古屋に勉強会に行った際に、
地下の商店街で見つけました??
手作業で丁寧に作られた愛情を感じますね
では、皆さま、今月もよろしくお願い致します(´∀`=)