肩こりと顎の関係!TCHについて

2012年1月31日(火)に放送された「たけしの家庭の医学」はご覧になりましたか?

肩こりと「TCH」の関係を紹介する番組でした!
 
「TCH」とは、「Tooth Contacting Habit」の略で、
意識せずに上下の歯を軽く接触させているクセのことです。

上下の歯を接触させる状態で「咬む」ことで「咬筋」という筋肉が緊張して肩こりを起こします。
時には顎の関節までもズレてしまい、
口を開けると音がする、口が開かない、顎に激痛が走る、など進行してしまうこともあります。

この「TCH」を改善するには「認知行動療法」が非常に有効であり、
「歯を離す」と書いた付箋を家のあちこちに張り、
それを目にした時は「歯を離すようにする」という方法を紹介されていました!

このようなことで肩こりが改善するの?と思われるかも知れませんが、
日常の生活習慣で悪い姿勢が続いたり、
筋肉の異常な緊張が続くと肩こりにつながりますので、
仕事や家事で肩こりが・・・という方は一度試してみてはいかがでしょう?
「TCH」は自覚がない場合がほとんどです。
悪化しないうちに対処したいですね!

番組の放送内容を知りたい方は
肩こりの新原因「TCH」発見&解消スペシャル
こちらからどうぞ!

顎関節症について

さて、今日はあごの関節の病気、
顎関節症がくかんせつしょう)」についてのお話です。

症状
1.口を開閉するときに「ポキッ・コリッ」など音がする
  (クリックといいます)
2.口を開けたりものを食べると痛みがある
3.口が開けられなくなる
  (ロックといいます)

<分類>
1.顎関節症Ⅰ型
咀嚼筋の痛み(筋肉痛)

Ⅰ型の場合は顎を動かしたときに筋肉の痛みの部位が確認でき、
また、画像診断により関節の骨の変形や関節円盤(関節の中のクッションのようなもの)の異常が認められません。

2.顎関節症Ⅱ型
関節包・靭帯障害

靭帯とは二つ以上の骨と骨を結ぶスジというとわかりやすいかも知れません。
関節包(かんせつほう)とは、関節を包み込んでおり、関節の摩擦を軽くする「滑液」を作ったりしています。
Ⅱ型顎関節症は、Ⅰ型と同様に画像診断で骨や関節円盤の異常がなく、
かつ、顎を動かした時に顎の痛みが生じ、
また顎関節を触ると痛みを感じるものをいいます。

3.顎関節症Ⅲ型
関節円盤障害

関節円盤の画像診断には、MRIが必要になります。
また、画像診断で骨の変形が認められた場合は除外します。

4.顎関節症Ⅳ型
変形性顎関節症

顎関節症の症状のうち1.~3.のいずれかがあり、
画像診断で骨の変形が認められる場合はⅣ型です。

5.顎関節症Ⅴ型
Ⅰ型~Ⅳ型のいずれにも該当しないもの

精神的な原因などによるものや、
中には原因がはっきりしないものなども含まれます。

<治療>
様々な原因によって顎関節症は生じますので、
治療法も様々で個人に合わせた治療になってきます。

顎関節症の原因の一つとして「TCH:歯牙接触癖」が注目されています。
安静時に上下の歯を接触させる癖です。
歯ぎしりやくいしばりと違い、弱くても持続的に力がかかることで顎関節症の症状が現れます。

安静時には歯を接触させないように意識してもらうことが必要です。

 

顎関節症について

さて、今日はあごの関節の病気、
顎関節症がくかんせつしょう)」についてのお話です。

症状
1.口を開閉するときに「ポキッ・コリッ」など音がする
  (クリックといいます)
2.口を開けたりものを食べると痛みがある
3.口が開けられなくなる
  (ロックといいます)

<分類>
1.顎関節症Ⅰ型
咀嚼筋の痛み(筋肉痛)

Ⅰ型の場合は顎を動かしたときに筋肉の痛みの部位が確認でき、
また、画像診断により関節の骨の変形や関節円盤(関節の中のクッションのようなもの)の異常が認められません。

2.顎関節症Ⅱ型
関節包・靭帯障害

靭帯とは二つ以上の骨と骨を結ぶスジというとわかりやすいかも知れません。
関節包(かんせつほう)とは、関節を包み込んでおり、関節の摩擦を軽くする「滑液」を作ったりしています。
Ⅱ型顎関節症は、Ⅰ型と同様に画像診断で骨や関節円盤の異常がなく、
かつ、顎を動かした時に顎の痛みが生じ、
また顎関節を触ると痛みを感じるものをいいます。

3.顎関節症Ⅲ型
関節円盤障害

関節円盤の画像診断には、MRIが必要になります。
また、画像診断で骨の変形が認められた場合は除外します。

4.顎関節症Ⅳ型
変形性顎関節症

顎関節症の症状のうち1.~3.のいずれかがあり、
画像診断で骨の変形が認められる場合はⅣ型です。

5.顎関節症Ⅴ型
Ⅰ型~Ⅳ型のいずれにも該当しないもの

精神的な原因などによるものや、
中には原因がはっきりしないものなども含まれます。

<治療>
様々な原因によって顎関節症は生じますので、
治療法も様々で個人に合わせた治療になってきます。

顎関節症の原因の一つとして「TCH:歯牙接触癖」が注目されています。
安静時に上下の歯を接触させる癖です。
歯ぎしりやくいしばりと違い、弱くても持続的に力がかかることで顎関節症の症状が現れます。

安静時には歯を接触させないように意識してもらうことが必要です。