2014年 三大ニュース

2014年 Miho歯科医院の3大ニュース
を発表します(*^^*)

第三位
院長の他に歯科衛生士3名、歯科助手3名の6名体制になった。
開業の時点では歯科衛生士2名、歯科助手1名でしたが、この一年でスタッフが倍に増えました(≧∇≦)
みんな笑顔で明るく頑張ってくれるので、とても心強い仲間です
こちらは、いつも技工物(歯に装着する被せ物、入れ歯など)を作成して下さっているアルプスクラフトの皆さんとの食事会での一枚。
先日の忘年会
第二位
診療用ユニットの増設
開業時は、ユニット2台でスペースが空いておりましたが、ご予約が取りにくいということで2月にもう1台、4月にももう1台と、
当初の医院の設計maxまで増設を行いました
これにより、患者様をお待たせすることなく診療が行える体制になっておりますo(^_^)o
最初はガランとしていましたが…
現在は3台が並んでいるのと、個室診療室があります。
第一位
歯科用マイクロスコープ(顕微鏡)の導入
手術室の個室には、歯科用マイクロスコープの設置を計画しており、そのためのスペースや壁の補強を施してありました。
開業時ではマイクロスコープの機種がまだ決まらず、実際の設置を見送っておりましたが、やはりマイクロスコープでの精密治療は少しでも早く導入していきたいとの想いも強くありましたので、11/27にカールツァイスのピコモーラを設置致しました

以前よりカールツァイスの拡大鏡(ルーペ:眼鏡のようなアレです)を使用しておりました。
ルーペでは裸眼では見えないところを、4.5倍に拡大して正確に治療を行うために使っています。
カールツァイスの拡大鏡は、レンズが明るくて高性能なので、目の疲労もすごく軽減されるんですよ
拡大すると周りは見えなくなるので、必要な場面で使っています。
マイクロスコープですとさらに高倍率で拡大して見えますので、より精密な治療を行うことができます
約20倍に拡大して細かい作業が行えます。
お口の中の細菌と闘わなければいけないので、歯科治療は少しでも精密な方が良いですよね
使いこなすのが難しいですから、これから研修を積んでいきたいところです。
マイクロスコープの導入により、なるべく歯を抜かずに残す治療が行えるよう頑張りたいです(*^_^*)
そして、より美しく仕上がりの綺麗な治療をしたいです!
2015年も更に医院が発展しますように
オマケ(≧∇≦)
自由診療の人気ランキング
第三位
ノンクラスプデンチャー、金属床義歯、アタッチメントデンチャー、コーヌス
保険の入れ歯では満足されない方は、自由診療での義歯をご希望されます。
見た目が良い、目立たない、装着感が良い、食事がより美味しく食べられる、などのメリットがあります。
第二位
インプラント
しっかり自分の歯のように噛んで食べたい、見た目を気にせず思いっきり笑いたい、そういったご要望にインプラントはこたえてくれます。
ボーンアンカードブリッジ、オールオン4、オールオン6なども患者様の満足度が高いですねo(^_^)o
歯を抜いた日に即日で仮の歯を装着する抜歯即時という方法も、とても快適だという感想をいただいております
第一位
セラミッククラウン、セラミックインレー
歯を治したら銀歯にするしかないの?!
いいえ、そんなことはありません。
身体にも安全で、見た目も綺麗で目立たない、まるで天然歯のような仕上がりのセラミッククラウンやセラミックインレーは、多くの患者様からご要望があります。
とくに、素材がe.maxと呼ばれるものでは光の透過性が高くて、美しく自然な仕上がりです。
番外編
これから増やしていきたいメニューとして、ダイレクトボンディングやマイクロエンドがあります。
根面被覆や歯周組織再生療法もご要望が増えていきそうです(*^_^*)
堺市 中区で歯を治すならMiho歯科医院で、深井の歯医者といえばMiho歯科医院!と言っていただけるよう頑張ります(≧∇≦)

忘年会o(^_^)o

2014年もあと少し…

忘年会でしたo(^_^)o


2014-12-24-00-09-31

近くの「ビストロ のだ屋」さんでスタッフ一同でお食事

河豚やコーチンや…とっても美味しくいただきました(*^^*)


2014-12-19-21-31-22

Miho歯科医院は堺市の深井駅前に昨年12月に開業して1年が経ちました。

こうしてスタッフにも恵まれ、2年目に突入です。


2014-12-19-19-30-22

クリスマスも近かったので、

スタッフみんなにお家で飾ってもらうようにささやかなデコレーションを買いました。

中身は小さなサンタさんが3種類。

あみだくじで一つずつ選んでもらいました。


こんな風に飾ってくれたみたいです



もうすぐクリスマス。

12/22.24.25に来院される患者様にも、ささやかなプレゼントを用意してお待ちしておりますo(^_^)o


2014-12-19-21-31-22

趣味のビーズアクセサリー


28c5f236.jpg


今日は、手作りアクセサリーの紹介です(^-^)

趣味で作成しているビーズアクセサリーです。

これまではストックケースに保存していたのですが、

ケースがいっぱいになってきてしまいました(^^;)


写真に写っているもののうち、

左のネックレスはスワロフスキーをメインに編みこんで作りました

右の二つのマスコットは、アクリルビーズで出来ていますが、

中心が鈴になっていて微かに音が鳴ります

招き猫とふくろうです(^O^)

急に寒くなってきました!

冬に身につけられるアクセサリーを作ろうと思って、

デザインを色々考えていまーす。

また完成したらBlogでご紹介したいです~

個人個人に合った虫歯予防をしよう!

前回に引き続き虫歯予防についてのお話をします。

兄妹でも虫歯の沢山できる子供とあまりできない子供がいます。

その違いは一体何なんでしょうか?

兄の方は歯磨きと甘いおやつの量に注意をしただけで虫歯はありません。

しかし、妹の方は虫歯の大きな穴があちこちに出来ています。

同じように歯磨きをさせ、

甘いおやつにも注意を払って育ててきたのに、

どうして虫歯の出来方に差があるのか疑問を感じると思います。

こういった場合は、唾液中の虫歯菌を調べたり、唾液の性状・量を検査したり、食生活を調べることで原因が明らかになります。

たとえばこのケースでは、

兄と妹ではミュータンス菌や乳酸桿菌などの虫歯の原因菌の感染量にかなりの差がありました。

また、虫歯菌がつくり出す「酸」を中和する唾液の力(緩衝能)も、妹の方がかなり劣っています。

妹はよく咬めないので唾液の分泌量もかなり不足しています。

ほとんど同じと考えられていた食生活も、

小さい頃から三食をしっかり食べる兄と比べると、

妹は食が細く、その分食事の回数も多くなりがちでした。

また、熱を出したときに小児科の先生に勧められて飲み始めたイオン飲料を、身体によいと考え日に何度も飲んでいることがわかりました。

虫歯の原因菌が多く、それらの菌が作る酸に対する抵抗力が十分に備わっていない上に、口の中が乾燥気味で食事の回数も多い妹の口の中は、歯を溶かす力(脱灰)が強く働いており、虫歯が出来るのは当然のなりゆきでした。

このように、虫歯ができる理由は歯磨きや砂糖だけが問題なのではなく、

一人ひとりが抱えている条件によって違っているのです。