コンピューターガイドによるインプラント治療

もう少しで10月も終わりですね。

日に日に涼しくなってきましたが、日中はまだ暖かいですね。

先日の台風に伴う豪雨で被災された方々、

心よりお見舞い申し上げます。

 

 

10/19は大阪市内にて「ノーベルバイオケア」社のインプラントの勉強会があり、

私もそちらで発表させていただきました。

 

 

 

演者席から撮影。

投稿写真が何故か横を向いてしまいます。汗

すみません。

 

 

こちらは、講師の高山先生です。

 

矢田生協医療センター 口腔外科の部長の先生で、奈良県立医科大学の非常勤講師もされておられます。

とても経験豊富な先生で、診断技術力が素晴らしく、またお人柄も優しい素晴らしい先生です。

 

やや緊張。

今回は、上あごのボーンアンカードブリッジのインプラント症例について発表致しました。

 

 

4本で顎全体を支えて歯を作るオールオン4 システムもありますが、

長くお使いいただくには、

当院では6本から8本のインプラント体を使用するのを推奨しております。

 

骨が薄くなっている場合はどういう方法がいいのか、

どの位置にインプラント体を入れていくのか、

骨の造成術はどういった方法が症例ごとに適切か、

また、最終的に入れる歯の噛み合わせ、素材など、

様々な視点からディスカッションが行われました。

ガイデッドサージェリーといって、

顎の骨をCTで撮影して3次元的に立体に把握します。

そのデータを元にコンピューター上でインプラントのシミュレーションをします。

そこにサージカルガイドというテンプレートを入れ、このインプラントの位置決めをする装置を装置して行う手術を当院は推奨しています。

こちらがガイデッドサージェリーで使うサージカルテンプレートです。

 

当院の導入しているインプラントシステムのノーベルバイオケア社は、

インプラント治療のパイオニアというべきメーカーで、豊富な症例の蓄積があり、

またしっかりした基礎研究に裏付けられたものです。

身体に入れるものだからこそ、安心して使えるものが良いと考えます。

 

また、インプラントの場合は、入れた後のメインテナンスがとても重要で、

アフターケアーも当院は重要視しております。

入れて終わり、では無いのです。

 

入れたところがスタートです。

 

これまでのセルフケアがうまくいかなくて歯を失っているので、

では、そこに代わりの歯を入れて、

それまで前に行っていたのと同じようなセルフケアだけしていたのでは、

やはりしばらくすると次はインプラントの周りが悪くなってしまいます。

インプラントは虫歯にはなりませんが、

インプラント周囲炎といって歯周病になります。

しかも、天然の歯よりインプラントの周りの歯茎は弱いため、容易に炎症を起こしやすく、歯茎から骨に炎症が広がった場合はあっという間にインプラントの周りの骨が溶けてしまいます!!

そうなると外科手術が避けられません。

場合によってはインプラントの撤去となります。

そういうこともありますので、

インプラントは信頼できるものを、

そしてしっかり診断してもらった上で治療を、

そして、そのあとは定期的なメインテナンスで長持ちさせたいですね(^_^)

インプラント治療のメリット

こんばんは!!

台風ではあちこちで多くの被害が出てしまいました。

当院も、ご来院になる患者様の安全を第一に、関西に最も近づくと思われる12日の土曜は臨時休診とさせていただきました。

 

この度の台風で被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。

 

 

さて、本日の話題は、

インプラント治療のメリット

です。

最近特にインプラント治療をご希望される患者様が増えてきましたので、

一度ここでまとめておきたいと思います。

 

 

歯を失った患者様のお悩み

・お話しをしているときに、何も気にせず思いっきり笑いたい

・おいしい食事を気兼ねなく食べたい。

お友達や家族と食事に出かけた時に、同じお料理を同じように味わって食べたい

・カラオケで好きな歌を思いっきり歌いたい

・ゴルフや水泳など、スポーツになんでも積極的にチャレンジしたい

・恋人とのデートの時に歯のことを気にせずエンジョイしたい

このようなお悩みが多いようです。

 

また、よく噛んで食べることは健康への第一歩です。

・噛むことで脳への血液の量が増えて、能が活性化し、認知症予防に

 

・唾液の分泌が良くなり、効率よく栄養が吸収でき、胃腸や膵臓など消化器への負担がかからない

 

・唾液が出ることでお口の環境がよくなり、歯肉炎の予防になる

 

・口の周りの筋肉をよく使うことで、頭やあごの骨、顔の周りの筋肉の発育を促し、シワや老け顔を防ぎ、表示豊かな顔になる。また顔の血流が良くなるので肌荒れを防ぐ。

 

こういったことが以前より言われています。

 

 

従来の治療ですと、

・ブリッジ

健康な歯まで削られてしまう

土台になる歯が傷んでしまう

 

・部分あれば

金属のバネが見える

噛む力が落ちてしまう

バネがかかる歯が抜けていく

口臭が気になる

 

・総入れ歯

硬いものが噛めない

入れ歯と歯茎の間に物が挟まる

人前で外れたりゆるんだりしたら恥ずかしい

 

など、デメリットがあります。

 

 

インプラント治療は健康保険がききません。

治療期間もかかりますし、外科治療はさまざまなリスクも伴います。

噛み合わせの状態によっては、事前治療が他にも必要です。

 

ですが、従来の治療では得られなかったメリットも大いにあります。

 

 

当院では個室のオペ室を完備しており、プライバシーに配慮しております。

国家資格をもつ歯科衛生士が複数在籍しており、

治療後のアフターフォローに力を入れております。

 

品質とアフターケアのことも考えて、インプラントシステムを構築しております。

 

インプラントを入れて終わり、ではなく、

インプラントが入った時から患者様の生活はスタートします。

 

激安インプラントに惑わされず

選んでいただける治療を提供したいと思います。

どうしてもインプラント治療に頼りたい時・・・

当院では、歯周病治療をしっかり行い、天然歯の保存を心がけています。

なるべくなら、抜かない。

フラップ手術や歯周組織再生療法など、進行した歯周病に必要な処置も行います。

 

しかしながら、残念ではありますがインプラントの力を借りないといけないケースもあります。

お口のすべての歯がぐらぐらしているような場合は、インプラント治療が大変有効です。

全ての歯を抜歯して、即日に仮の歯ではありますが取り外さなくて良い歯が手に入ります。

オールオン4、オールオン6といった方法です。

 

当院では、術後長く安定してインプラントをお使いいただくため、

上あごまたは下あごどちらか全体に対して6本から8本のインプラントで支えていくスタイルをおすすめさせていただいております。

歯を失ったあとは顎の骨も失われているケースが多いため、

しっかりした支えで安心してお過ごしいただきたいと考えています。

 

術前にCT撮影を行い、骨の厚みを考慮しながら、

使用するインプラントの本数や、太さ・長さを決め、

コンピューターソフトにてインプラントの位置をシミュレーションします。

コンピューターガイドにより、正確に安全なインプラントを目指します。

 

全ての歯をインプラントに置き換えていく場合は、

静脈内鎮静法といって点滴でウトウトするような状態の麻酔を行い、

リラックスして処置を受けていただくようにしています。

歯科麻酔科の先生を当院にお呼びして、生体モニターで全身管理をしながら施術します。

 

また、手術の当日に歯が入りますので、

取り付ける歯の調整に歯科技工士も立ち合って仕上げていきます。

 

仮の歯から最終の歯に置き換えるのには、約半年程度の期間を必要とします。

インプラントが骨と結合するのを待つのです。

仮歯の間に最終の歯のデザインや噛み合わせの確認を行い、

お口の周囲の筋肉のトレーニングもご自身で行っていただきます。

歯を失うことで、頬や舌などの筋肉のバランスが変わり、

「食事をすると顎がだるい」「頬を噛んでしまう」など、

歯を入れたばかりの頃は不快症状がでます。

発音の練習もしていただきます。

歯の本来の機能を取り戻す訓練ですね。

お掃除がしやすい形も仮歯を使って見極めていきます。

歯磨きが十分にできなくて歯を失ってしまっていますので、

インプラントになってからは更にしっかりケアをしていただく必要があります。

インプラントはお手入れが十分にできていない場合は、

「インプラント周囲粘膜炎」や「インプラント周囲炎」になってしまいます。

天然の歯とは歯茎の周囲のコラーゲンの繊維の走り方が異なるため、

インプラントは炎症を起こしやすいと言えます。

当院ではインプラントのお手入れには

音波ブラシ「ソニッケア―」と、小さな「ワンタフトブラシ」の使用をおすすめしています、

インプラントの方専用の歯磨き粉やフロスもご紹介させていただきます。

定期的に歯科衛生士が周囲のケアを行うのも欠かせません。

 

最終上部構造の歯が入ったあとも、インプラントのお手入れは続きます。

年1回はレントゲンでも確認を行います。

「インプラント周囲粘膜炎」は周囲の歯茎で炎症が止まっているので、

しっかりとしたお手入れの強化で治すことができます。

「インプラント周囲炎」に進行してしまうと厄介です。

急速にインプラント周囲の骨が破壊されていってしまいます。

 

オールオン4、オールオン6などの場合、

治療を受けると決断されるなら、

その後のお手入れに通えるかどうかも病院選びの重要なポイントになってきます。

 

前歯の差し歯を綺麗にしたいとき・・・

こんにちは!
女性の場合は特に、前歯の古い差し歯の変色って気になりますよね。
20代、30代の若いころに入れたものが、
数年~十年ほど経って、
付け根が黒ずんできたり、
被せ物全体が茶色くなって周りの歯と馴染まない、
1本だけ色が違う、
そんな悩みが出てくることが多いです。
それは保険治療で被せた「硬質レジン前装冠」(こうしつレジンぜんそうかん)という金属とプラスチックの被せ物の材料特性による劣化が原因です。
プラスチックは経年的に吸水して表面が劣化して変色します。
何年も使用することで歯ブラシによる傷ができて艶がなくなります。
例えばプラスチックのお弁当箱やコップなどを思い出してください。
使うと茶色くくすんで汚くなりますよね。
それと同じような劣化です。
また、自費治療でも以前は「メタルボンド冠」が主流でした。
表面はセラミックで白く作りますが、
噛む力を受け止めるために丈夫にしないといけませんから、
内側には金属のフレームがあります。
金属製のフレームにセラミックを焼き付けたものが「メタルボンド冠(メタルボンドクラウン)」です。
被せる時は歯と被せ物の継ぎ目は歯茎と歯の溝の間に隠すようにしますが、
年齢と共に歯周病などで歯茎のラインが下がり、
その継ぎ目が外に見えるようになって金属フレームが目立つようになります。
金属がイオンとなって溶けだすので、
歯根や歯茎を黒くしてしまうこともあります。
神経を取っている歯の場合は、時間と共に歯の中のコラーゲンが変性して歯根が黒くなります。
するとクラウンの継ぎ目から歯根の黒い色が見えてきます。
このほか、クラウンの周りがしっかりお手入れできていない場合は、
虫歯が被せの中で広がって(二次うしょく、二次虫歯)
付け根が黒っぽく見えることがあります。
金属の影響で黒くなっているのであれば、
金属の被せを外して「オールセラミッククラウン」にすることで問題を解決することができます。
歯根が変色している場合は、歯根のホワイトニングを行って、
「ファイバーコア」の白い土台を用いて「オールセラミッククラウン」にします。
被せのやり替えは、事前にしっかりとした診断が必要です。
クラウンがよくお手入れされていて、
歯根が健康で歯質が十分に残っているかどうかが大切です。
健康な歯が薄くなっている状態で無理をしてやり替えを行うと、
歯の寿命が短くなってしまうので注意が必要です。
また、神経を取った歯で根の先に感染がある場合は、
併せて「感染根管処置」を先に行って、
歯根の消毒を済ませてからクラウンを作ることになります。
歯の中に太い「メタルコア(金属の土台)」があって「感染根管処置」ができないケースでは、外科処置の「歯根端切除術」を行うこともあります。
他に下準備としては、
歯茎が腫れたり血が出ているとお口の型取りができず、
歯にぴったり合った精密なクラウンが作れません。
歯周病治療として歯磨き指導、クリーニング、スケーリングなどといったことを先に行います。
奥歯の治療が先に必要な場合もあります。
奥歯がない状態で前歯の治療を始めてしまうと、
前歯に強い力がかかり、セラミックが欠けてしまうことがあります。
義歯、ブリッジ、インプラントなどで治療しましょう。
総合的にお口の状態をみながら、
前歯の治療を進めていくことが大切です。

歯周病を治そう!

こんにちは、堺市 深井駅前のMiho歯科医院です。

痛みがないまま進行する歯周病。

歯茎から歯磨きの時に血が出る、疲れたら腫れる、口臭が気になる

こういった症状を放置していませんか?

日本では成人の80%が歯周病だというデータがあります。

しかしながら、自覚症状に乏しく日常生活に困ることも少ないため、

そのままにしておいて手遅れになって歯を失う方が今でも多いのです。

 

・歯周病ってどんな病気?

歯周病は、お口の中の細菌が起こす感染症です。

歯茎の溝や歯石に隠れたプラークの細菌が引き起こします。

軽いうちは歯茎だけが腫れる「歯肉炎」です。

歯肉炎の段階はブラッシングの徹底で治せます。

治さずに放置すると、歯を支える「歯槽骨 しそうこつ」が解けていき、

歯を支える靭帯も失われて歯がグラグラする「歯周炎」になります。

歯周炎で溶かされた顎の骨はもう戻りません。

歯槽骨が大きく失われてしまうと治療が手遅れになり、

抜歯せざるを得ないことも多いのです。

歯周病になった歯を救うには、早期発見・早期治療が重要です。

 

・歯周病の進行は?

健康な歯茎は歯ブラシでは出血しません。

歯肉炎:歯を歯茎の間を「歯肉溝」(しにくこう)と言います。

ここに歯垢が溜まると歯茎が腫れて出血するようになります。

この時期は、歯周初期治療としてブラッシング指導とスケーリングという歯石取りで治すことができます。

軽度歯周炎:歯槽骨が溶かされ歯茎が下がり始めます。

歯肉溝は深くなり「歯周ポケット」と呼ばれます。

歯周ポケットは深さ4mm程度。プラークや歯石がこびりついて歯磨きだけでは取れません。歯科医院での歯周初期治療が必要です。ブラッシング指導とスケーリングを行います。

中等度歯周炎:歯槽骨がさらに溶けて、歯周ポケットは5~6mmに。

歯が浮くような違和感、歯茎から膿が出ることも。

歯茎が下がって歯が長くなったり、隙間が空いて歯並びが悪くなったりします。

歯周初期治療で、ブラッシング指導、スケーリング、SRPという歯石取りを行います。場合によっては、歯周外科処置や歯周組織再生療法など、さらに高度な治療も必要です。

重度歯周炎;歯槽骨が大きく溶けてしまい、歯がグラグラしてうまく噛めなくなります。

口臭も伴います。

専門的な歯周組織再生療法も限界があるので、手遅れになると抜歯をするしかありません。

・歯周病の治療は?~なるべく早期に治療しよう!

「歯肉炎」のうちに治療すれば簡単な治療で治り、健康だったころの状態に戻すことができます。

しかし、「歯周炎」にまで進行してしまってから治療をすると、治療に時間もお金もかかる上に、治った後も「元の健康だった頃のお口」までは戻りません。

歯を残せたとしても、失われた形を完全に回復することはできないのです。

それは歯を支えている骨が解ける病気だからです。

<歯周病治療の流れ>

問診・診察および検査(レントゲン検査、口腔内写真検査、歯周組織検査、動揺度検査、プラーク指数など)

↓ 診断、治療説明カウンセリング

ブラッシング指導+スケーリング

再評価検査:ここで治っていれば、メインテナンス(維持療法)へ

SRP:スケーリング、ルートプレーニング:保険治療もしくは自費治療

歯周外科治療;保険治療もしくは自費治療

再評価検査

メインテナンスへ

 

 

<歯肉炎の治療>

ブラッシング、スケーリング、メインテナンス

<進行した歯周炎の治療>

中等度以上に歯周炎が進行すると、歯石を取る治療だけではメインテナンスまでたどり着けません。

その方の症状により、抜歯、矯正治療、ブリッジ、インプラント治療などを組み合わせて、総合的に治療をしていきます。

当院では矯正治療は行っておりませんが、当ビル4Fに「もちだ矯正歯科クリニック」がありますので、総合的に治療を成功させるために必要な場合はご紹介をさせていただきます。

 

<歯周外科治療>

・フラップ手術(切除療法):保険適用

歯茎を切開し、歯周ポケットの奥深くまで徹底的に歯石・プラークといった感染源を除去する治療法です。終了後は歯茎を縫合します。手術翌日の消毒、約1週間後の抜糸、その後の経過観察が必要です。糸を抜いた直後は、手術後専用の柔らかい歯ブラシ、殺菌力のある洗口剤を使ってお手入れをします。手術前とは歯茎の形態が変わりますので、歯科衛生士が定期的に口腔ケアをして、治っていくのを待ちます。手術直後は固いものが噛めないこと、手術部位に知覚過敏の症状が出る場合があること、人によっては多少の腫れや痛みがあります。お仕事や家事などの日常生活制限はありません。術後に歯の動きが一時的に悪化することもありますので、それが予想される場合はワイヤーや樹脂を用いて近くの歯と繋いで止めます。術後の腫れなどがある場合は、しばらくはマスクなどで隠して生活される方もおられます。深い歯周ポケットを放置して徐々に悪化してしまうよりは、ご自身の歯を残すことに役立ちます。ただし、喫煙者の場合は治療の結果が良くないため、禁煙をしていただく必要があります。また、術後の治癒の形態によっては、歯と歯の間の隙間が大きくなることもあり、食べ物が詰まりやすくなったり見た目が悪くなるため、その場合は歯を削ってかぶせ物をすることもあります。

<歯周組織再生療法>GTR法、エムドゲイン、リグロス

失った歯槽骨を増やす方法です。歯を支える「歯周支持組織」を特殊な材料を用いて再生させます。

ただし、万能とは言えず、部分的な骨の喪失には有効ですが、大きく広い範囲で歯槽骨を失ってしまった場合の治療には限界があります。

どのような形で骨を失ってしまったのか事前に調べて、適応症であるとわかった場合のみ、効果が期待できる治療です。

フラップ手術と共に行います。

歯槽骨が再生するので、歯を支える組織がしっかりして歯が長持ちします。

<最後に>

歯周病がすでに進んでしまった場合は、何度も手術をしながら数年係で治療をすることになり、お仕事や家事などと共に治療を続けていくことに忍耐力も必要です。

歯周外科処置はいきなり行うものではなく、「歯周初期治療」を必ず行います。

歯周初期治療は、歯磨き指導と歯石除去です。お口の中から歯周病の原因菌の除去をします。通常は、歯周初期治療で5-10回程度かかります。ここで治る程度の歯周病であれば比較的治療期間も短くて済みます。

「歯周初期治療」で治らない進行した歯周病はやっかいです。外科治療の他に、かぶせ物やインプラントなど総合的な複雑な治療になります、期間も費用も掛かります。ある程度痛みや腫れなどの不快感が楽になった時点で治療を中断してしまう方が多いのが残念です。治療を中断すると歯周病は再発します。きちんと最後まで治し、その後のメインテナンスも継続してこそ、快適なお口の状態を維持できます。