11月8日は「いい歯の日」でした。「歯周病の意識調査」が行われましたので、

その調査結果を解説します。

今回の調査の対象者は、

20代から60代までの男女500名(本人、または同居の家族が医療・製薬業種、または専門家ではない全国 20~60 代の男女 500名).

調査期間は2021年9月24日(金)〜 9月27日(月)の期間で、インターネットにて実施されています。

本調査結果では、コロナ禍以降、歯科医院への受診をためらう人は半数以上にのぼり、“受診控え”が見受けられる中、口の状態が悪化したと 5 人に 1 人が回答しています。

調査結果

1.コロナ禍で歯科医院の「受診控え」をしている人は半数以上。

受診控えをしている人の3人に1人は口の状態が悪化していると回答

→実際に、当院に数カ月ぶりに来院したという方の半分程度は、新たな虫歯ができていたり歯周病が進行していると感じます。これまで定期検診に来ていた間にはずっと虫歯がない状態が続いていた方でも、コロナのストレスで唾液が減ったり、食生活が乱れたり、マスク生活での口呼吸の影響もあると思います。

2.「歯周病」は気になる病気と感じた人は8割。その一方で、半数以上は歯科医院を定期的に受診していない

→歯周病は慢性疾患であり、定期的なメンテナンスが必要です。

糖尿病や高血圧なども慢性疾患で、一度診断されるとずっと通う病気です。

歯周病も同様に、定期的に通う必要があります。

3.歯周病は40代以上の病気と勘違いしている人は4割。

実は10代後半からリスクが発生!

4.歯周病は「歯茎と歯を支える骨」の病気と知っている人はわずか1割

→歯周病は歯茎だけ悪くなるのではなく、骨も悪くなります。

骨が溶けてしまうと歯が抜けたり、抜かないと痛くて噛めなくなったりします。

5.これからなんかね。知っている人は1割。

→ホルモンバランスの変化は歯周病に影響を与えます。

また遺伝的に歯周病になる人もいます。

6.30代以上の四人に一人は歯周病治療の遅れで後悔している

→自覚症状が出てからでは遅いです。


歯に関する意識調査は、受診控えや知識不足が原因で、

歯科にかからないことによって本来は予防ができたであろうお口のトラブルを招いていることを感じさせる調査結果でした。

歯周病は初期のうちに治せば健康を取り戻せますが、

ある程度進行してしまうと自分の歯を失うことに繋がりかねません。

心当たりのある方は一度歯科受診されてみてくださいね!

インプラントについて

こんにちは。

深井駅前 Miho歯科医院 歯科医師 院長の前原です。

今日はインプラントについてお伝えしたいと思います。

何らかの理由で歯を失った場合、欠損部を人工歯で補う必要があります。治療法の選択肢としてはブリッジや入れ歯、インプラントなどが挙げられます。このうちインプラントは近年、注目を集めている治療法ですが、具体的な治療内容やメリット・デメリットを知らない方も多いことかと思います。今回はそんなインプラントに関してわかりやすく解説します。

▼人工歯根を埋め込む治療

インプラント治療の最大の特徴は「人工歯根」を埋め込む点です。専門的にはフィクスチャーあるいはインプラント体と呼ばれるネジを顎の骨に埋め込みます。ですから、必ず外科手術が必要となるのも大きな特徴のひとつです。これはインプラント治療における数少ないデメリットのひとつといえます。

▼見た目が天然歯にそっくり

インプラントは、上部構造と呼ばれる人工歯を装着します。上部構造はセラミックで作られることがほとんどで、色や質感、光沢などが天然歯に瓜二つといえます。さらに、人工歯根が存在しているので入れ歯のようなバネや歯茎など余計なパーツを付け加える必要がなく、審美性も極めて良好に仕上げることが可能です。

▼硬い物でもしっかり噛める

ブリッジや入れ歯は、あくまで周囲の歯によって支えられる装置なので、歯を失う前と同じようには噛めません。入れ歯にいたっては、硬いものを無理して噛もうとすると、装置がずれたり、外れたりすることも多々あります。その点、インプラントには人工歯根が存在しているので、天然歯と同じように硬いものでもしっかり噛むことができます。

入れ歯は噛む力が天然の歯の20%ほど、ブリッジで70%ほどと言われます。

インプラントでは90〜100%近く噛む力を回復させることができます。

▼寿命が長い

ブリッジや入れ歯というのは、数年経過してから不具合が生じることも珍しくありません。とくに入れ歯は、装着当初からこまめに調整していかなければ、なかなか良好な装着感も得られません。入れ歯の場合は3年くらいすると装着せずにそのままにしている人も半数ほどいるといわれます。

またブリッジでは平均して7年程度で悪くなって作り方が必要というデータもあります。

一方、インプラントは10年保証などが付いていることからもわかる通り、基本的な寿命が長くなっています。定期的なメインテナンスをしっかり受けることで、その寿命を10年20年と引き延ばしていくことも難しくないのです。

▼インプラントのデメリットとは?

インプラントにもデメリットが存在しています。まず、保険が適用されないことから、費用が比較的高くなるというデメリットがあります。また、インプラントオペが必要であったり、歯周病にかかりやすかったりするため、必ずしもメリットだけではないということをしっかり理解しておきましょう。

▼まとめ

このように、インプラントは少し特殊な歯科治療ですが、適切な方法で治療を受け、メインテナンスをしっかり行うことで、いつまでも白く美しい歯を維持することができます。

以上がインプラントについての情報でした。

インプラント治療をご検討されている方は、レントゲンで骨の状態を調べる必要がありますので、お気軽にお電話でお問い合わせください。

LINEでもインプラントとセラミックのご相談を受け付けています。

(通院圏内の方限定です)

https://lin.ee/YZ6vrWS

こちらのリンクからLINEの友達追加をしてご相談ください。

その際には「ブログを読んだ」と一言お願いいたします。

Miho歯科医院 歯科医師 前原美保