歯周病にどうしてなるのか

歯周病は、日本人の成人の8割以上がかかっていると言われている病気です。

ここまで多いと日本人の国民病といっても過言ではありませんが、そもそもなぜ歯周病を発症するのでしょうか?

▼歯周病は細菌感染症

歯周病は虫歯と同じ細菌感染症の一種です。P.g菌に代表される歯周病菌に感染することで発症します。

ですから、大元となるのは歯垢や歯石といったお口の中の汚れであり、不衛生な口腔環境といえます。

▼細菌が増えることで発症する

実は歯周病菌も多くの人のお口の中に存在しています。

歯周病菌というのは、虫歯菌と同じように、唾液を介しても感染するものなので、恋人間や家族内でも細菌が広がっていくものなのです。

ただ、細菌の数が少ないうちは歯周病を発症することがありません。

歯茎にも病原体と戦う力が備わっていることから、そう簡単に炎症などを起こすこともないからです。

けれども、お口の中が不潔になると細菌の数も増え、歯茎の免疫力も十分な効果を発揮できなくなります。

▼歯石の形成が重要なカギを握る

虫歯の発症には、主に歯垢が関与しているといえます。専門的にはプラークと呼ばれるものですね。

プラークはその大半が細菌によって構成されており、病原性は非常に高いです。

そんな細菌の塊が歯の表面に長く付着していると、歯が溶かされていきます。

そうして虫歯を発症します。

一方、歯周病の主な原因となるのは歯石です。歯石は歯垢が石灰化を受け、石のように硬くなった物資です。

歯と歯茎の境目や歯周ポケットの奥深くに形成されやすいです。

歯石も細菌の絶好の住みかとなるだけではなく、常に歯茎と接することとなり、歯周病のリスクを大きく上昇させるのです。

そのため、歯周病を発症している人は、歯石が堆積していることが多いです。

▼歯石は歯ブラシで取り除けない

歯石というのは、とても硬い組織なので歯ブラシでゴシゴシ磨いても取り除くことができません。

ですから、一度歯石が形成されてしまうと、常に歯周病のリスクにさらされることとなるため要注意です。

そんな歯石は、歯科医院で受けるスケーリングによってと取り除くことができます。

歯石が形成されやすい人は、定期的に歯科を受診して、歯石除去やブラッシング指導を受けることが大切です。

▼まとめ

このように、歯周病はお口の中で歯周病菌が繁殖することで発症する病気です。

それだけに歯周病を予防するためには、日々のオーラルケアを徹底することが大切です。

酸蝕症とは

皆さんは、虫歯以外でも歯が溶ける病気があるのをご存知でしょうか?

「酸蝕症(さんしょくしょう)」と呼ばれるもので、昨今、その危険性が指摘されています。

今回はそんな酸蝕症の症状や予防法についてわかりやすく解説します。

▼酸蝕症ってなに?

酸蝕症とは、酸によって歯が溶ける病気です。

そう聞くと虫歯が思い浮かびますが、酸蝕症は虫歯とは無関係です。

厳密にいうと、細菌感染による歯質の溶解ではなく、単純な酸刺激が原因の病気です。

▼酸蝕症の原因

酸蝕症の主な原因は、酸性の飲食物です。よく話題に上がるのはスポーツドリンクですね。

スポーツドリンクは、飲むとお口の中を酸性に傾けてしまいます。

一度や二度、口に含んだだけでは歯も溶けませんが、日常的に飲んでいると歯質が徐々に溶解していきます。

これは唾液による緩衝作用が追い付かなくなるからです。

その他、逆流性食道炎や拒食症などで、胃酸の逆流が頻繁に起こる場合も酸蝕症のリスクが高まります。

▼脱灰と再石灰化のバランス

私たちの歯は、常に脱灰と再石灰化を繰り返しています。

脱灰とは酸によって溶けることで、再石灰化とは溶けた歯質を修復する作用です。

これらがバランスよく生じることで歯も正常な状態を保つことができます。

酸性の飲み物ばかり飲んでいると、そのバランスが崩れ、脱灰ばかりが生じてしまうのです。その結果、酸蝕症を引き起こします。

▼酸蝕症の予防法

酸蝕症は細菌感染症ではありませんが、放置することで着実に歯が溶けていきます。

そうした失われた歯質は元に戻りませんので、虫歯と同じように予防することが大切です。

具体的には、スポーツドリンクやジュースなどの清涼飲料水を頻繁に飲むことを控えることが大切です。

水やお茶であれば、お口の中のpHが酸性に傾くこともありませんので、頻繁に摂取してもとくに問題はありません。

それからワインやウィスキーなどをチビチビと飲む習慣も酸蝕症の原因となるため控えることが大切です。

そうした飲み物は嗜好品でもあることから、一切控えるのも辛いことかと思いますので、口に含んだ際にはしっかりとオーラルケアをすることが大切です。

▼まとめ

このように、酸蝕症は虫歯ではありませんが、歯が溶けてしまう怖い病気です。

その原因も明らかなので、心当たりのある人は食生活を見直すよう努めましょう。

虫歯ではないにしても歯が溶けてしまったら、同様に詰め物や被せ物を装着しなければならなくなります。

虫歯になりやすい家系?!

虫歯はいくつかの要素が絡み合って発症する病気です。

その中には「歯質」という個々人特有の要素が含まれています。

これはある意味で遺伝するものでもあるので、「虫歯になりやすい家系」が存在していてもおかしくないですよね。

今回はそんな虫歯と家系との関係についてわかりやすく解説します。

▼歯質ってなに?

歯質(ししつ)とは、歯を構成している要素で、エナメル質と象牙質からなります。

それ自体はすべての人で共通なのですが、酸への抵抗力などは個人差があります。

人によっては酸への抵抗力が低く、簡単に虫歯にかかってしまうこともあります。

そうした歯の性質は、ある程度、遺伝するともいえますが、密接に関係しているとも言い難いです。

どちらかというと、発育期にどのような生活を送っていたかの方が重要です。

▼虫歯になりやすい病気がある

家系というと、「遺伝性の病気」が思い浮かびますよね。

親の遺伝子の異常によって、子どもが発病する病気です。

実はそうした病気の中には、虫歯のリスクが高くなるものも存在しています。

もちろん、その病気を発症しているからといって、必ず虫歯になるわけではありませんが、発症リスクは高まります。

そういう意味で虫歯になりやすい家系は存在するといえます。

▼成育環境も家系?

実は、虫歯になりやすいかどうかは、どちらかというと成育環境に左右されるといえます。

例えば、甘いものなどをたくさん食べる家庭であれば、自ずと子どもも糖質を摂取しやすくなりますよね。

あるいは、虫歯予防に関心がない家庭だと、家族内で虫歯の感染が広がりやすくなります。

逆に、オーラルケアや虫歯予防に積極的な家庭だと、子どもも虫歯になりにくいというのは容易に想像できるかと思います。

▼虫歯は生活習慣病?

ここまで虫歯になりやすい家系について解説してきましたが、遺伝的な影響は一部の病気に限られるといえます。

虫歯という病気自体、生活習慣病のような側面があるので、日々の食事やオーラルケアなどに気を配る方が虫歯予防に有効といえます。

歯科の定期検診では、歯磨き指導はもちろんのこと、食生活のアドバイスも受けることができますのでおすすめですよ。

▼まとめ

このように、虫歯になりやすい家系や家庭環境にある人は、より積極的に虫歯予防対策を講じる必要があります。

歯医者さんはそのサポートをしてくれますよ。何か困ったことあれば気軽に相談してみましょう。

スポーツと歯の関係について

歯というのは、そしゃく機能を担っている組織です。

食べ物を噛み切ったり、すり潰したりするのが主な働きですよね。

実はそれ以外にも歯はいくつかの役割を担っています。

例えば、「運動」です。スポーツをする際、歯というのは大事な役割を果たすことがあります。

今回はそんなスポーツと歯の関係についてわかりやすく解説します。

▼歯を食いしばることで力が入る

おそらく、日ごろからスポーツをされている人は、ここぞというときに歯を食いしばっていることを自覚していることでしょう。

テニスでボールを打ち返す瞬間など、とても強い力が必要となりますが、その際、無意識にも歯を食いしばっていることかと思います。

重量挙げのように、重たいものを持ち上げる際にも私たちは歯を食いしばります。

つまり、強い力を瞬間的に出す時には、上下の歯がしっかり噛み合っていることが大切なのです。

▼噛み合わせが悪いことのデメリット

上下の歯の噛み合わせが悪いと、いざというときに力がでません。

これはスポーツにおいてはとても不利な条件となりますよね。それでも私たちは力を出す際に噛みしめようとするので、歯列に異常な負担がかかってしまいます。

その結果、歯が欠けたり、顎に異常が生じたりするのです。

そのため、最近のスポーツ選手では、パフォーマンスをアップさせる目的で歯並びや噛み合わせを治療する人も珍しくないのです。

▼バランス感覚とも関係している

スポーツにおいて、身体のバランス感覚というのはとても重要ですよね。

とりわけフィギュアスケートやスキーなどは、バランス感覚が命ともいえます。

そんなバランス感覚は、間接的にではありますがかみ合わせとも関連しています。

かみ合わせが良いと、自ずと身体のバランス感覚も良くなり、高いパフォーマンスを発揮することにつながるのです。

一流のアスリートはそれを理解しているからこそ、時間をかけてでも歯並びを改善しようと考えるのです。

▼まとめ

このように、スポーツと歯というのは、ある部分では直接的に、そしてある部分では間接的に関係しています。

だからこそ、より良いパフォーマンスを発揮したいという方は、できるだけ歯並びやかみ合わせを良くすることが推奨されます。

最近では、アスリートの歯科治療を専門に行っている歯医者さんもいるくらいですから、気になる点がある人はまず歯科を受診してみましょう。

虫歯の再発を防ぐには

苦労して歯を削って詰め物や被せ物をしても、再発してしまったら元も子もないですよね。

次にまた治療を行う際には、さらに歯質を削らなければならないですし、不快な思いもしなければならなくなります。

けれども実際、虫歯の再発はそれほど珍しいことではありません。

今回はそんな虫歯が再発する理由する理由と、防止する方法についてわかりやすく解説します。

▼正しいブラッシング法を身に付ける

虫歯が再発する原因としては、まず「不十分なオーラルケア」が挙げられます。

そもそも虫歯になったということは、その歯に磨き残しなどが生じやすくなっているためであり、治療後も同じ歯磨きをしていたら、また同じように虫歯になることは容易にイメージできることかと思います。

ですから、虫歯の再発を防ぐためには、正しいブラッシング法を身に付けることが何より重要です。

▼精密な歯科治療を受ける

詰め物や被せ物は、専用の接着剤で装着します。

その時の操作が悪いと、修復物と歯質との間に細菌などが入り込んで虫歯の再発を引き起こします。

ですから、歯を削るときもそうですが、修復物を装着する際にも精密な処置を施せる歯医者さんに施術をお願いすることが大切です。

▼定期検診を受ける

虫歯治療で装着した修復物は、定期的にチェックを受けることが大切です。

詰め物や被せ物というのは、決して万能なものではないので経年的に劣化することもあります。

その都度、修復したり、調整したりすることで虫歯の再発のようなトラブルを未然に防ぐことができます。

▼虫歯が再発することのリスク

ここまで、虫歯の再発を防ぐ方法について解説してきましたが、なぜそこまで防止しなければならないのかと不思議に思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに、虫歯が再発したらまた治療をやり直せばよいだけの話ですが、ひとつの歯で行える治療の回数というのはある程度決まってしまっているのです。

なぜなら、虫歯治療では必ずと言ってよいほど歯を削らなければならないからです。

今現在、クラウンのような被せ物を装着していたり、もうすでに根管治療まで進んでいたりする場合は、再発した際、抜歯しか選べなくなっているかもしれません。

そういう意味でも、虫歯の再発はできるだけ防止することが望ましいのです。

▼まとめ

このように、虫歯の再発を防止するには、いろいろな方法がありますが、どれかひとつではなく、できればすべて実施できれば最善であるといえます。