歯のクリーニングは何をしているのか?

こんにちは。堺市中区の歯医者 Miho歯科医院です。

大きな口を開けて笑ったり食事をしたりするときに、歯が汚れているとコンプレックスになり、思わず口を手で隠してしまうことがあるでしょう。

キレイな口元は、顔全体の印象をグッと明るくします。

歯のクリーニングは、キレイな口元を目指すだけでなく、虫歯や歯周病予防につながります!

歯科医院でできる歯のクリーニングですが、具体的にどんなことをしているのかわからないという方は少なくないでしょう。そこでこの記事では、当院が大切に考えている予防歯科のことや、歯のクリーニングの内容について詳しくご紹介します。

■当院が大切にしている予防歯科とは?

「虫歯を頑張って治したのに、しばらくするとまた虫歯ができてしまう…」こんなお悩みを抱えている方も少なくありません。

虫歯の治療で最も大切なのは、治療が終わった健康的な状態を維持するために、定期的にケアを受けることです。

虫歯だけではなく歯周病も再発しやすい病気なので、治療後の定期的なケアが欠かせません。

当院では、虫歯や歯周病を予防するための予防歯科や定期検診に力を入れています。患者様個人の状態に合わせて、3ヶ月~6ヶ月ごとに定期検診を行っております。

■当院のクリーニングの内容について

当院では、患者様の口腔内の状態に合わせて、歯周病検査、プラークチェック、TBI、スケーリング、PMTC、フッ素塗布、口腔内写真、動揺度チェックを行っております。

ちなみに、クリーニングの基本的な時間は45分です。

■歯周病検査とは

当院のクリーニングでは、歯周病検査を行います。

歯周病は、歯垢(プラーク)という歯に付着する細菌の固まりによって引き起こされます。歯垢によって歯茎に炎症が起こると、歯と歯茎の境目の溝が深くなり、歯周ポケットができてしまいます。

このポケットの中にまで歯垢の細菌が入り込むと、歯茎の深い部分にまで炎症が広がります。

やがて炎症は歯を支えている歯槽骨などの組織に近づき、骨が吸収されます。そして、症状の進行と共に歯がぐらつき、最終的には抜けてしまうのです。

そんな歯周病を防ぐために、歯周病検査では歯と歯茎の間の歯周ポケットの溝の深さを測定します。

■プラークチェックとは

歯垢(プラーク)とは、歯の表面に見られる付着物のことです。この歯垢は、虫歯や歯周病の原因となる細菌の固まりなのです。

プラークチェックでは、歯垢が溜まっていないかお口全体を細かくチェックします。

また、歯を染め出して、歯垢が付着している部分を確認します。この作業によって、普段の歯磨きで清掃が不足している部分がはっきりわかります。

■TBIとは

TBIは、歯科医院での歯磨き指導のことを指します。毎日しっかり歯磨きを行っているつもりでも、虫歯や歯周病になってしまうのは、実は磨き残しがある可能性が高いです。

そのため、歯科医院で適切な歯磨き指導を行います。

歯磨きのブラッシングは、歯垢の減少に有効です。ブラッシングによって、細菌の固まりである歯垢の付着を防ぐことができるのです。

歯垢の毒素は、歯茎の腫れの原因となるので、歯垢の量を減らせば、歯茎の腫れも治まります。

また、歯に付着した歯垢を放置していると、歯周ポケットがどんどん深くなります。歯周ポケットが深くなると、歯垢が溜まりやすくなり、さらに歯周ポケットが深くなっていくのです。

この悪循環を止めるためには、歯磨きでのブラッシングなどのプラークコントロールが必須です。

虫歯や歯周病予防の基本は、毎日の歯磨きです。それも、正しいブラッシング方法を身につけ、毎日必ず実践することが求められます。

毎日朝晩歯磨きしても、それが自己流のものだと磨き残しも多くなるでしょう。

その結果、歯垢や歯石などがどんどん蓄積し、やがては虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。

こうならないためにも、歯科医院でのTBIを受けることが大切です。

■スケーリングとは

スケーリングは、歯に付着している歯垢や歯石を専用の器具で取り除くことです。一度歯石をスケーリングで除去しても、3ヶ月程度経過すると、また細菌が住みつくと研究で言われているので、定期的に歯のクリーニングを行うことが大切です。

歯石は、唾液によって作られるわけではありません。歯垢の中にいる細菌によって歯石が作られます。つまり、歯垢がなければ歯石は形成されないのです。

歯石は、歯垢の中の細菌が歯とくっつき、その細菌が2週間程度で死んで石灰化します。石灰化した細菌同士がくっつき、歯石の芯になります。

その芯に再び別の細菌が付着し、歯石は徐々に大きくなっていきます。

歯垢だけでなく、歯石を作らせないためには、歯のクリーニングに合わせて、ブラッシングなどによるプラークコントロールが必要です。

■PMTCとは

PMTCとは、「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略でお口全体のクリーニングを指します。

柔らかいゴムでできたカップなどを歯に当てて、回転させることによって歯の汚れを隅々まで取り除きます。クリーニングの最中に痛みを伴うことはありません。

PMTCの器具は歯のクリーニング専用に作られた特殊な道具なので、クリーニング後は、歯がツルツルになり、爽快感や快適さを感じていただけるでしょう。

PMTCは、虫歯予防効果があり、新しい虫歯の発生を抑えることができます。また、PMTCを受け続けた人とそうでない人では、6年間で1.4㎜の歯肉の変化が見られます。

さらに、PMTCを受けると歯肉炎の予防にもつながるのです。

口の中には虫歯菌や歯周病菌など、目に見えないようなさまざまな細菌が潜んでいます。特に、歯の表面にはバイオフィルムと呼ばれる細菌の膜があります。このバイオフィルムをPMTCで取り除くことで、虫歯や歯周病を防ぐのです。

■フッ素塗布とは

日本の虫歯予防では、これまで歯磨きと定期検診、甘味制限の3つが強調されていました。しかし、これらは科学的根拠に乏しいと指摘されています。それに対して、フッ素の適正な応用は、虫歯予防に有益であることが科学的にも、統計的にも実証されているのです。

フッ素塗布では、家庭用の歯磨き粉に配合されているフッ素よりも高濃度のフッ素を塗布していきます。フッ素によって歯質が強くなると共に、虫歯菌の活動を抑える効果があるのです。

フッ素は「一度塗ったら数ヶ月は虫歯にならない」というものではありませんが、継続的に塗布することで虫歯の予防効果があります。

気を付けることは、フッ素を塗った後30分間は食べたり飲んだりしないということです。フッ素塗布は無料で出来ますので安心してください。

また、自宅でもフッ素が配合された洗口液などでうがいをすることも効果的です。

■動揺度チェックとは

健康的な歯は動きませんが、歯周病などの進行に伴い、歯は動揺が生じます。その動揺度を調べることによって、歯周病などの進行具合がわかるのです。

この動揺度チェックは、前歯の場合ピンセットで歯を挟んで動かします。臼歯の場合は、ピンセットを閉じて咬合面において動かしていきます。この際の力の強さと歯の動き具合によって、動揺度を測定するのです。

■クリーニングに通う頻度とは?

歯のクリーニングは定期的に通う必要があります。

通院の頻度は、3ヶ月~6ヶ月に一度を目安にしましょう。

歯科医院で歯のクリーニングを行うと、虫歯菌や歯周病菌が少なくなりますが、ゼロになるわけではありません。再び虫歯菌や歯周病菌などが増殖してしまう場合もあるので注意が必要です。

普段の歯磨きでは落としきれない歯垢や歯石を落とすためには、そのまま放置せずに、定期的に歯科医院でクリーニングを受けましょう。

■クリーニング後の注意点とは?

では、歯のクリーニングをした後の注意点は何かあるのでしょうか。

最後に、歯のクリーニング後の注意点を見ていきましょう。

・色のついた飲食物を避ける必要がある

歯のクリーニング後は、歯の表面のペリクルというたんぱく質の膜が失われています。このペリクルは、外部の刺激から歯を守る役割を持っているので、歯のクリーニング後は着色しやすい状態となります。

そのため、クリーニング後は色のついた飲食物を避けましょう。特に、カレーやコーヒー、お茶などは色が付きやすいので注意が必要です。

・食事はクリーニング後1時間経ってから

歯のクリーニング後は、1時間経ってから食事をするようにしましょう。

歯に色がつきやすいだけでなく、ペリクルが剥がれていることから、歯が敏感になっているので、刺激を受ける可能性があるのです。

・セルフケアを続けよう

定期的に歯のクリーニングを受けているからと言って、普段のケアを怠って良いわけではありません。歯科医院での歯のクリーニングは、毎日のセルフケアでは落としきれない汚れを落とすことが目的です。

そのため、虫歯や歯周病を防ぐには、普段の歯磨きに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシなどによる丁寧なケアが必要です。

■まとめ

歯科医院での歯のクリーニングは、虫歯や歯周病のリスクを抑えます。

クリーニングを行うことによって、口内が清潔になり、口腔内の虫歯菌や歯周病菌を減らすことができるのです。

当院では、こちらの記事でご紹介したように歯周病検査、プラークチェック、TBI、スケーリング、PMTC、フッ素塗布、口腔内写真、動揺度チェックを行っております。

当院の歯のクリーニングは、1回30分~45分程度で、料金は3,000円前後です。虫歯治療をした場合は、内容に応じて料金がかかります。

定期的に歯科医院でのクリーニングを行うことが、虫歯や歯周病予防につながります。

しっかり歯磨きしているつもりでも白い歯にならない方や、きちんと磨いていても虫歯になってしまうという方は、歯のクリーニングがおすすめです。

健康的でキレイな歯をいつまでも保ちたいという方は、ぜひ、定期的にクリーニングを受けてくださいね!

セラミック治療について

こんにちは。
深井駅前 Miho歯科医院です。

今回はセラミック治療について簡単にお話しします。

▼最近よく聞くセラミック治療とは?
皆さんは「セラミック治療」をご存知ですか?近年、多くの歯科医院でも取り扱われるセラミック治療ですが、その治療方法を知らない方も多いと思います。
今回は、セラミック治療とはどのようなものなのか、簡単に説明し、少しでも皆さんに知って頂けたらと思います。

▼歯のセラミック治療の特徴
セラミック治療とは、亀裂のある歯や、欠けた歯などの被せ物、詰め物に「丈夫で美しく歯との親和性の高い」セラミックという素材を使用した歯科治療のことです。 透明感があるセラミックには、特徴として歯の色を調節しやすい点があります。精巧なものであれば本物の歯と見間違えてしまうほど。なので、口を開けたときに目立つ部分の前歯の治療にはセラミック治療がおすすめです。

▼セラミックの素材とは?
そもそも、セラミックって何?聞いたことあるけどー?って方も多いかと思います。実は、セラミックとは“陶器”なんです!なぜセラミックを使うかというと天然歯と近い色合いを再現できるからなんです。セラミック治療をした歯は、人工歯と見分けがつかない仕上がりになります。まだあまりイメージできてない方多いとも追いますので皆さんの身近なものでセラミックを使っているものですとセラミック包丁も同じ素材です。セラミックはとても劣化しにくい素材で、できてます。スペースシャトルの外壁、更には人工関節などにも使われている親和性に優れた素材なんです。
また、歯の治療に使う利点として変色や着色が起こりにくいため将来的に再治療のリスクが大幅に抑えることもできます!

▼従来の治療方法と何が違のか?
従来の治療で使われていたのが“銀歯”と呼ばれる金属で形成された補綴物が主流でした。銀歯ですと口元から銀歯が見えてしまったり、銀歯がもつ金属イオンが口の中に流失、金属アレルギーを引き起こす可能性も否定できず、補綴歯科においても課題となっていました。
しかし、セラミックは天然歯に近く天然歯と見分けがつかないので「口元から銀歯が見えるのが嫌!」などといったコンプレックスとなる“銀歯”のデメリットをカバーできます。

▼セラミック治療のメリットとデメリット
次に、セラミック治療のメリットとデメリットについて簡単にご紹介します。

((メリット))

1.経年劣化しにくい
汚れが付着しにくいので年数が経っても変色しにくい

2.審美性に優れてる
見た目が美しく透明感がある
より自分の歯に近い仕上がりに

3.金属アレルギーの心配が少ない
金属を使用してないため、金属アレルギーの方でも使用可能に!

((デメリット))

1.他の歯への負担が多い
セラミックは天然歯よりも、硬く丈夫なため噛み合わせる歯が場合によっては割れたりすることがあります。

2.高度な技術が必要
セラミック治療を行なう場合には、豊富な経験や、スキルを持った歯科医院を選ぶようにしましょう。

3.保険適用外
セラミック治療は保険適用外の為、全額自己負担になします。治療の前に必ず金額の確認をしましょう。

↓↓↓セラミック治療をおすすめな方はこちら↓↓↓

◎金属アレルギーが気になる方
メリットでもあげましたが、金属を使わないので金属アレルギーの方でも安心です。

◎長く維持したい方
今まで銀歯の場合には、目に見えない銀歯と歯の間にミクロ単位の隙間ができ、二次虫歯リスクが上がってました。一方、セラミックは天然の歯と隙間をつくることなく装着できるので二次虫歯を防ぐことが可能となり、銀歯より長く維持することが可能!

◎審美性を優先する方
セラミックは茶渋やタバコ、食品の色素などが沈着することが少なく変色(黄ばみ)しにくく審美性を保つことができ、また、従来の銀歯のようにお口を開けた時口元から銀歯が見えることもありません。

ここ最近では、セラミックは矯正やホワイトニングと併用される方も増えています!

今回は、ざっくりとセラミック治療についてお話しさせて頂きましたが、治療までの流れや、料金、その他気になることございましたらお気軽にお尋ねください! 

インプラント周囲炎への対応

こんばんは。

深井駅前 Miho歯科医院 院長の前原です。

昨日、インプラント周囲炎の治療のセミナーを受けてきました。

講師の先生は、イエテボリ大学歯周病科出身の大月基弘先生。

現在、サンスターの歯磨き粉「gum」のCMにもご出演されています。

東京や熊本など遠方からも参加者の先生がお越しになられていました。

インプラント周囲炎は、わかりやすくいうとインプラントの周囲が歯周病になった状態で、

インプラントを支える骨が吸収して溶けてしまい、歯茎から血や膿が出たり、インプラントがグラグラして噛むと痛みが出たりします。

炎症がインプラント周囲の歯茎だけにとどまっているインプラント周囲粘膜炎とは異なり、

外科処置を行って歯茎を切開してインプラント周囲を綺麗にしてあげないと治癒しません。

一旦インプラント周囲炎になってしまうと4〜6割しか治らないと言われ、

しかも治療法は確立されていません。

インプラント周囲炎は進行するとインプラントが抜け落ちてしまいます。

今回のセミナーではインプラント周囲炎の歯を模型で再現してあり、マイクロスコープを用いて外科治療を行う実習もありました。

インプラントに異常を感じる場合には手遅れになる前に歯科医師の診察を受けましょう。

Miho歯科医院 歯科医師 前原美保

義歯治療について

堺市中区 深井駅前の女医によるクリニックMiho歯科医院、院長 歯科医師 前原美保です。

今日は当院の<義歯治療>について解説します。

当院では義歯(入れ歯)を希望の方に、

・保険義歯

・精密義歯:精密入れ歯治療

・審美義歯

を行っています。

その中でも精密義歯の流れを紹介します。

<<精密入れ歯治療の流れ>>

入れ歯といってもいくつかのパターンに別れます

A)残っている歯の抜歯を伴う上下総入れ歯

B)総入れ歯難症例

C)部分入れ歯

A)残っている歯の抜歯を伴う上下総入れ歯

お口の中に残っている歯が虫歯で悪くなっていたり、歯周病でグラグラしている場合は、歯を抜かなければいけないことがあります。

すぐに入れ歯を装着することができませんので、いくつかの段階を経て、最終入れ歯を作ります。

合計2つ〜3つの入れ歯を作ります。

<ステップ1:治療用義歯の作成と装着>

歯がある状態で型取りを行い、即時義歯と言われる入れ歯を作っていきます。歯がある状態で作った入れ歯は、歯を抜いた後の歯茎の形と厳密にはあいませんが、最終入れ歯をイメージした形や噛み合わせを設定して制作します。

即時義歯が完成してから、歯を抜くと同時に即時義歯を装着します。歯がない期間ができないようにしていきます。通院する間隔にもよりますが、通常1〜2ヶ月程度かかります。

<ステップ2:治療用技師で噛み合わせのリハビリ、歯茎の治癒待ち>

歯茎が型取りできる程度に落ち着いてきたら治療用義歯を作成していきます。治療用義歯とは最終入れ歯の原型になる入れ歯で、実際にお使いいただきながら噛むためのリハビリを行っていきます。

歯を失うことによって噛み合わせが狂っていることがよくあります。作った入れ歯が合わないことの原因の多くは噛み合わせが狂っている状態で入れ歯を作ることによるもので、噛み合わせが狂っているとよく噛める入れ歯にならず、何度調整しても痛みが出る入れ歯となってしまうのです。この治療用義歯でしっかり噛めるようにしておくことが最終の入れ歯を成功させる秘訣となります。

また、最終の入れ歯を作る前に、どのような歯の大きさにするか、歯並びはどうか、色や形はどうかなど見た目の美しさに関しても十分に検討していただくことができます

歯を抜いてから歯茎の傷が治るまで最低でも3ヶ月程度かかりますので、その間はこの入れ歯を使って傷が治るのを待ちます。

このリハビリ期間は通常は3-6ヶ月程度です

<ステップ3:最終入れ歯の制作と装着>

即時義歯のリハビリが終わり、歯茎が落ち着いてきたら最終入れ歯を製作します。製作には通常1〜2ヶ月程度かかります。

<ステップ4:最終入れ歯の調整>

新しい入れ歯は精密に作ったとしても最初から完全にフィットさせることは難しいです。新しい靴が靴擦れするように、柔らかい歯茎の上に硬い入れ歯が乗ると痛みや違和感が出ます。微調整を行って合わせていきます。噛み合わせや内面の調整を行います。歯を抜いて入れ歯を作った場合は数ヶ月から1年程度で歯茎が穏やかに下がってくることがありますので、その場合は内面の状態を修正する処置を行います。

<ステップ5:定期チェック>

入れ歯は作って終わりではなく、良い状態を保つために定期的にチェックをして行きます。お口の変化とともに微調整を行います。

以上が義歯の治療の流れです。

お口の状況によって進行具合は変わりますので、

義歯をご希望の方はまずはお気軽にご相談ください。

精密義歯の場合はその方のお口に合わせたオーダーメイドな対応ができますので、

自費治療で高額ではありますが、クオリティの高いものが作成ができます。

Miho歯科医院 歯科医師 院長 前原美保

歯周病の意識調査

11月8日は「いい歯の日」でした。「歯周病の意識調査」が行われましたので、

その調査結果を解説します。

今回の調査の対象者は、

20代から60代までの男女500名(本人、または同居の家族が医療・製薬業種、または専門家ではない全国 20~60 代の男女 500名).

調査期間は2021年9月24日(金)〜 9月27日(月)の期間で、インターネットにて実施されています。

本調査結果では、コロナ禍以降、歯科医院への受診をためらう人は半数以上にのぼり、“受診控え”が見受けられる中、口の状態が悪化したと 5 人に 1 人が回答しています。