歯科精密治療について

Miho歯科医院での治療方針の一つに、精密な治療を行えるように治療環境の整備をしているということがあります。

1枚目の写真、こちらは治療で使用している「拡大鏡(ルーペ)」です。

拡大鏡

これを装着することで、とても明るいライトがついていますので、暗いお口の中が非常に明るくなり、お口の変化、詰め物の隙間や歯垢の付着状況、歯石など非常に細かい部分まで観察できます。

こちらの拡大鏡は、拡大倍率が2.5 倍、4.5倍です。これらを使用して行う治療は、細かい作業が正確にできるため、治療後の良い状態を長く維持させることができます。余計な傷をつけたりすることもなく治療中の痛みを軽減することもできます。

デメリットとしては、ライトの電源ケーブルがやや邪魔になること、ルーペの種類によっては重さがあるので、鼻のあたりが圧迫されることがあります。これらは術者側のことですので、患者様には無関係な部分です。患者様へのデメリットとすれば、細かい作業で治療時間が長引きやすいといったところでしょうか?

特定の部分しか視界に入らないため、患者様のお顔の表情などは見えません。診療補助についているスタッフが治療中の患者様の体調などの変化には気を配る必要があります。

裸眼よりも精密に治せるツールの力を借りて、皆様の歯をより長持ちさせられる治療を行なっています。

さて、1月23日、当院で勤務している歯科衛生士の田河が東京でマイクロスコープ(顕微鏡)を使用した歯科治療のベーシックコースを受講してきました。

マイクロスコープは使いこなすのが非常に難しいため専門的なトレーニングが必要です。

こちらのセミナーでは、日本顕微鏡歯科学会の認定歯科衛生士の林先生が講師で、このようにしっかりと指導をしてくださいました。右上のモニターに模擬患者さんのお口が大きく写っていますね。マイクロスコープの場合は、このモニター画面を録画して患者様に見ていただくことも可能です。

当院の田河も日常は拡大鏡を使用しております。今回のセミナーを通し、マイクロスコープの活用に向けて、模型やデモ患者さんのお口で実際に使用するトレーニングを行いました。講師の林先生から実際のミラーの角度の指導を受けています。

顕微鏡歯科治療は、ほとんどの作業が左手のミラーごしとなるため、ミラーの選定や扱い方がとても重要となります。



こちらは顕微鏡を用いて「スケーラー」という歯石除去のための器具を研いでいる場面です。器具のお手入れにも利用できます。

マイクロスコープでは対物レンズと接眼レンズの組み合わせで、ルーペよりも一層大きく拡大して観察することができます。非常に明るい LEDのライトを備えておりますので、歯の細かい亀裂なども観察できます。

お口の中は暗くて見えにくいので、ルーペ、マイクロスコープを適宜使用することで、MI治療(最小限の侵襲で最大限の効果を引き出す治療)を実現できます。

前歯のセラミックによる審美治療症例

セラミックの被せ物による治療のお問い合わせを多数いただいております。

本日は症例の解説をしますね。

前歯4本、オールセラミック。

治療前、治療後の写真です。

仮歯を用いて前歯のシミュレーションを行い、

歯肉整形をして歯茎のラインを整えました。

しばらく歯茎の治癒を待ちます。

歯茎の整形というと怖いイメージがあるかも知れませんね、

極細の細いナイロン糸で縫合しております。

傷跡が目立たず、ナイロン糸は歯垢が付着しにくいため、

このように炎症を起こすこともなくきれいに治癒させることができます。

治療後の口元です。

自然な仕上がりになりました。

治療内容

オールセラミックスーパーファイン4本168300円×4=673600円、歯肉整形1回55000円、総額728600円(こちらは、特別に技術の優れた美しいセラミックを仕上げる技工士が担当しているため、価格も通常のセラミックよりもすこし高めの金額設定となっております)

セラミック治療におけるリスク、副作用について、

・治療後、痛みや違和感、出血、腫れ、麻痺などが出る事があります。

・強い衝撃を与えると、被せ物が欠けたり割れたり、外れたりする事があります。

・必ずしもご希望通りの見た目にならない事があります。

・治療に際して、根の治療が必要になる場合があります。

・根の治療を行った場合、腫脹や出血、痛みなどを生じる事があります。

・被せ物をかぶせた後に根の病気が再発した場合、被せ物を外さなければならない事があります。(外した被せ物の再利用は多くの場合、出来ません)

・麻酔を行った場合、腫れやむくみを生じる事があります。

治療には当然ながらリスクや副作用もあります。

自分に合った治療法なのか、担当医と慎重に話し合って決める必要があります。

セラミック治療で使われる素材

歯科治療では、虫歯で穴が開いてしまったら、

残念ながら虫歯菌が感染している部分を削り取って代わりの物で補う、

という「外科」的な概念に基づいた治療が一般的です。

その際に治療で埋める材料として「セラミック」はとてもメリットのある材料です。

いくつか種類がありますので、今日はセラミック治療の材質について、少し詳しく解説したいと思います。

大きく分けて、プラスチック系の「ハイブリッドセラミック」とガラス系の「セラミック」があります。

ハイブリッドセラミックは、プラスチックにセラミックの粉末が入った複合材料とも言える素材です。

「セラミック」の呼び名ではありますがプラスチックなので、強度が弱くて使用に伴い欠けるリスクがあります。
ですが、硬すぎないので、噛み合う向かいの相手の歯を傷めないというのは一つのメリットでもあります。
プラスチックは経年劣化しますので、ハイブリッドセラミックも装着したその日が一番良い状態で、2-3年で変色したり表面がざらついてきたりします。
プラスチックのコップやお弁当箱などが使っていくうちに艶がなくなって傷ができていくように、口の中で歯ブラシをしたり硬いものを噛むことでだんだん劣化するのは避けられません。
しかしリーズナブルでお財布に優しいので、たくさんの本数の銀歯を白くしたいという方から選ばれているという実績はあります。

e.max セラミックは、ガラス系オールセラミックで、透明感や艶が天然の歯と見分けがつかないほど綺麗に仕上がります。

セラミックは歯垢が溜まりにくいので衛生的に保てます。詰めた周りが再度むし歯になる「二次うしょく」(うしょくとはむし歯の専門的な呼び方です)になりにくく、また周辺の歯茎の健康も保てます。

十分な強度もあるため、前歯でしたらブリッジを作ることも可能なくらいです。

透明感があることで周囲の歯や歯茎の色を拾って馴染みますので、仕上がりはとても綺麗です。

デメリットとしては、噛み締めや歯軋りで割れたり欠けたりするリスクがあるということです。

ただ、セラミックが欠けるくらい強い力がかかっているということは、セラミック以外の銀歯でもし治していたら、銀歯を留めているセメントが剥がれて銀歯の隙間にむし歯ができるかもしれません。セラミックなどの人工物は作り替えれば済みますが、自分の歯は取り替えることができないので、そういう意味では自分の歯を守る素材であると言えます。

セラミック治療は身体に安全で仕上がりも自然なものです。

気になる方はお気軽にご相談下さい。

審美歯科のご相談、随時受け付けております。

歯周病の治療

お問い合わせの多い歯周病の治療について

今日はお話したいと思います。

歯周病の治療方法は様々あり、病気の進行程度や個人のご希望により、

何が自分に合った治療法なのかということは異なってきます。

基本的な治療法をご紹介しますので、

ご自身の治療を選択される際のご参考になさってください。

これらの治療法は単独で、または組み合わせて進められていきます。

ブラッシング指導

歯周病治療の最も基本的で重要な治療が、日々のご自身でのブラッシングです。

毎日歯磨きはしているけれど悪くなってきた、

というのは、「磨いて」いるけれども「磨けて」いない、

ということになります。

野球でもテニスでも、バットやラケットにボールが当たらなければ

球は飛んでいきません。

歯磨きも同じで、いくら磨いていても、

肝心な部分に歯ブラシが当たっていなければ歯垢は落ちませんし。

虫歯や歯周病といった病気になってしまいます。

当院でもブラッシング指導には十分お時間をいただいて、

ご自身の歯磨きでお口の健康を守れるようにご指導をしています。

スケーリング

歯に付着した歯垢や、それらが「石灰化」といってだ液中のカルシウムで硬く石になってしまった「歯石」を、「スケーラー」と呼ばれる器具で除去する治療法です。

歯石の表面はざらざらしているため、より多くの細菌が棲む棲みかとなります。

ハンドスケーラーといって手作業で少しずつ歯石を取るタイプのものと、

超音波スケーラー、エアースケーラーといって機械で歯石を取るタイプのものに大きく分けられます。

歯科医師や歯科衛生士が歯垢・歯石を取ることで、

歯茎に感染を起こす歯周病菌を取り除きます。

ルートプレーニング(SRP)

スケーリングと総称してスケーリング・ルートプレーニングの略称で

SRPと呼ばれます。

スケーリング終了後に歯根の表面に付着した汚染物質を取り除きます。

歯周病が進行して歯茎の奥深い場所に歯石がついている場合、

痛みが出るので麻酔をかけてから歯石を取ることも多いです。

痛みに敏感な方は事前に麻酔の希望を相談してみましょう。

この治療もスケーラーを用いて行われます。

フラップ手術

歯周病が進行している場合は、スケーリングやSRPだけで治癒を目指すことは難しくなり、外科治療のフラップ手術を行います。

切開をして歯茎の奥の歯石を取り、歯茎の形態も整えて歯磨きしやすい環境に整えます。

一連の処置の後は歯茎を縫い合わせます。

縫った糸は1週間程度で抜き、柔らかい歯ブラシでしばらくの間はお手入れをしていただきます。

術後にしみたり歯の揺れが出ることがあります。

歯周ポケットが深くなっているところは、外科手術ですっきりすることが多いですが、タバコを吸っている場合や歯ブラシに時間をかけられない方の場合は治りが悪いです。

歯周組織再生療法

上記のフラップ手術の処置に加えて、歯茎や骨の再生を促すたんぱく質を入れて治療する方法です。

エムドゲイン、リグロスといった材料が使われます。

再生療法は適用症が限られてくるため、誰でもどんな歯でも、

この処置を行えば歯を抜かずに歯周病を治せるというわけではありません。

歯科医師の診断の元、治る見込みがあると判断される場合のみ行います。

歯周組織再生療法は骨の再生を促し、処置後の歯茎の治りも促進されます。

フラップ手術同様に、喫煙している方や歯磨きが十分にできない場合はお勧めできません。

メインテナンス

歯周病治療の成功のカギとなるのは、基本治療の後の定期的なメインテナンスです。

歯周病菌はバイオフィルムという膜で歯の表面に繁殖します。

1~3か月ごとに歯科衛生士が器具・機械を用いて、歯のお掃除をします。

長い間治療に通ってせっかく治った歯周病もメインテナンスが途切れてしまうと、また再発していつの間にか進行してしまったということは珍しいものではありません。

歯周病は生活習慣病でもあり、痛みなどの症状が出ないものです。

何年もかかって徐々に進行していく病気ですので、

治療も何か月、場合によっては年単位で症状が落ち着くということもあります。

治った良い状態を維持するメインテナンスもお忘れなく。