歯周病の症状と診断、治療について

歯周病は、虫歯とは異なる特徴的な症状が現れる病気です。

今回はそんな歯周病の症状と診断方法、治療方法などをわかりやすく解説します。

▼歯周病の症状

歯周病の症状は、進行度に応じて大きく変わります。

まず歯周病というのは、歯肉炎と歯周炎の2つに分けることができます。

歯肉炎は歯茎である「歯肉(しにく)」に炎症が生じる段階で、比較的軽度の歯周病に分類されます。

歯茎が赤く腫れ、ブラッシング後に出血するのが主な症状です。

「歯周炎(ししゅうえん)」は、歯茎だけではなく、歯根膜や歯槽骨といった歯周組織全体に炎症が広がった段階です。

重症度としては、歯肉炎よりも高くなっています。

歯茎から膿が出たり、歯がグラグラと揺れ動いたりするのは、歯周炎に見られる症状です。

最終的には歯を支えきれなくなり、歯の脱落が生じるのも歯周病の特徴的な症状といえます。

▼歯周病の診断方法

歯周病が疑われる場合は、「歯周組織検査」が行われます。

歯茎の状態を目で確認したり、歯周ポケットの深さを測ったりする検査です。

それに加えて、レントゲン撮影を行うことで、歯根膜や歯槽骨といった肉眼では確認することが難しい部分も診査することができます。

そうして得られた情報をもとに、歯周病の診断をくだします。

▼歯周病の治療方法

歯周病の治療は、「歯周基本治療」から始まります。

これは歯肉炎でも歯周炎でも同じです。歯周病の原因となっている歯垢や歯石を取り除き、お口の中の歯周病菌の数を減らします。

これは患者さまご自身のブラッシングが基本となりますが、歯科医院で受けるクリーニングやスケーリングも並行して行います。

ブラッシング指導することで、正しいオーラルケアを実践できるようにも導いていきます。

軽度の歯周病であれば、そうした基本的な治療で症状も改善されるのですが、重症度の高いケースでは、歯周外科治療などが必要となります。

具体的には、歯茎をメスで切開して、歯根面の歯石を落とすなどの処置です。

いずれにせよ、歯周病の治療というのは比較的長い期間を要するものだとお考えください。

▼まとめ

このように、歯周病は独特な症状が現れる病気ですが、自覚しにくいのもひとつの特徴です。

そんな歯周病を重症化させないためには、定期検診を受けることが最善といえます。

当院まで定期的にご来院いただければ、歯周病の早期発見・早期治療はもちろんのこと、歯周病予防のために歯のクリーニングやスケーリングも実施いたします。

新型コロナウイルス感染症対策について|堺市中区の歯医者|Miho歯科医院

新型コロナウイルス感染症が猛威を奮っています。

当院で実施しているコロナ対策について、ご紹介いたします。

・不特定多数が触る可能性がある待合室での雑誌・一部インテリアの撤去

・待合室にアルコール消毒薬を設置

・診察室への入室・退室時のアルコール消毒の実施

・患者様個別に滅菌処理された器具を使用

・可能なかぎり使い捨て(ディスポーザブル)な製品の使用:コップ、エプロン、グローブ等

・診察ユニット周辺を患者様が入れ替わるごとに消毒

・診察室入り口のドアの取手、トイレやカウンセリングルーム、待合室の椅子や受付カウンターの定期的なアルコール消毒

・入り口を開放しての換気

・キャッシュレス決済(PayPay)の導入:紙幣を触らなくて済む

・空気清浄機にて室内の空気を浄化

・タービン、超音波スケーラー、コントラアングルなど各種ハンドピースの使用後個別滅菌

・切削粉などの飛沫を吸い込む口腔外バキュームの積極的な使用

・スタッフのマスク・グローブ・防護ゴーグル着用

・診察前後での手洗い、うがい

・標準予防策(スタンダードプリコーション)の実施:全ての人が何かの感染源を有しているという仮定のもとで行動する

当院では「第二種滅菌技師」の資格を所有する歯科衛生士も勤務しており、コロナウイルスに対抗するのにも十分な消毒滅菌の感染対策システムを構築しております。

安心してお越しください。

入り口でアルコール消毒を実施

また、ご本人様や同居のご家族で以下のような場合は受診をお控えいただいております。

・37.5℃以上の発熱がある

・咳、鼻水、倦怠感など風邪症状がある

・味や匂いがわからない

・2週間以内に海外へ渡航した

・過去2週間以内に、海外に渡航歴のある方と濃厚接触歴がある

「帰国者・接触者相談センター」はすべての都道府県で設置しています。
詳しくは以下のURLからご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

唾液検査「シルハ」を導入しました。

虫歯や歯周病のリスクを調べる検査を4月から開始します。

こちらの機械を用いて、唾液をサンプルに行う検査です。

約5分ほどで結果がわかります。

患者様は、専用のお水を口に含んで10秒ゆすぐだけ。

簡単にできて様々な情報がわかります。

歯の健康

 むし歯菌、酸性度(酸性だとむし歯になりやすいです)、緩衝能(低いとむし歯になりやすいです)

歯ぐきの健康

  白血球、タンパク質:歯ぐきに炎症があると増えます

口腔清潔度

  アンモニア:口臭の原因

これらを調べてわかりやすいレーダーチャートを作成します。

これらのリスクに合わせて、

おうちで使う歯磨き粉などご提案させていただきます。

検査料金は1500円+税 を予定しています。

虫歯の治療法

虫歯は自然に治ることのない病気ですので、「歯を削る」という処置が必要になります。

ただ、虫歯の治療法というのは、そうした歯の切削だけではありません。

年齢や症状に応じてさまざまな治療法が選択肢として挙げられます。

今回はそんな虫歯の治療法についてわかりやすく解説します。

▼初期の虫歯の治療法

発生して間もない虫歯は、削る必要がありません。

歯の表面が白く濁っているだけなので、再石灰化を促すことでその進行を止めることができます。

具体的には歯科医院で「フッ素塗布」を行うことで、歯の再石灰化が促進されます。

初期の虫歯は「表層下脱灰(ひょうそうかだっかい)」という現象が起こることで、白く濁っています。

それをフッ素で修復できれば、虫歯も進行も止まります。

もちろん、虫歯になりかけるということは、普段の歯磨きが十分ではないので、正しい歯磨きの方法を身に付けることも必要です。

▼一般的な虫歯治療

一般的な虫歯は、もうすでに歯が溶けてしまっているので、フッ素を塗布するだけでは治すことができません。

虫歯菌に侵されている部分を削り、コンポジットレジンなどを詰めます。

失った歯質の量が多ければ多いほど、修復物も大きなものとなります。インレーやクラウンなどが代表的な修復物です。

▼薬剤を用いた虫歯治療

最近では、「歯を削らない虫歯治療」を行う歯医者さんが増えてきました。

これは虫歯菌を薬剤によって殺す治療法です。

適応できる範囲がとても狭く、結果的に歯の切削も行わなければならないケースが多いですが、治療法の選択肢として知っておいても良いかもしれません。

ただし、薬剤を用いた虫歯治療を行っている歯科医院はほんの一部に限られています。

当然、保険も適用されません。

▼虫歯の進行を止める治療法

小さなお子さまは、虫歯治療に非協力的なことがあります。

歯医者さんが怖くて、どうしても歯を削らせてくれないケースは意外に多いものです。

そういった場合は「サホライド」と呼ばれる薬剤を用いて、虫歯の進行を止めることがあります。

サホライドを用いると、歯が黒く着色されるだけではなく、虫歯を完治させることは不可能なので、いずれ抜け落ちる乳歯のみが対象となります。

▼まとめ

このように、虫歯治療にはいろいろな方法がありますので、ケースに応じて最適なものを選ぶことが大切です。

虫歯治療だからといって必ず削らなければならないわけではないので、施術に伴う痛みや不快感が不安な方は、お気軽に当院までご相談ください。