歯科金属アレルギー

先日のテレビで歯科金属アレルギーのことを放送していました。

頭髪が抜け落ちた女性のお話です。
3ヶ月でほとんどの頭髪を失ってしまったとのこと。
原因は金属アレルギー。
でも、装飾品の金属ではかぶれたりしないのに…なぜ??
お口の中に歯科治療で30年前に詰めた保険の金属。
長い年月をかけ徐々に金属イオンが溶出してアレルギーを引き起こしていました。
この方の場合は金属を除去してメタルフリーの治療で改善されたようですね。
中には、金属を除去する過程でアレルギーが悪化して亡くなったケースもあると聞きます。
そうですよね、歯の金属を除去しようとすると削り取ります。
その際にさらに体内に金属を取り込んでしまうからです。
お口の金属がなぜ頭髪と関係があるの?と思われる方もおられるでしょう。
毎日少しずつ溶け出した金属は口から体内に取り込まれ、頭皮の毛根細胞に影響が出ます。
他にも、掌蹠膿疱症といって手足に膿の袋を作ってしまったり、アトピーやニキビなどの原因となる場合もあります。
残念ながら日本の歯科治療では金属アレルギーを起こしやすい種類の金属が使われています。
「保険の治療でお願いします」と言う前に、一度本当にその治療でいいのか考えてみてくださいね。
国民の皆様への情報発信が不足している面もあるかとは思います。
当院では、保険治療をご希望される場合は金属アレルギーを起こす可能性について事前にご説明しております。
いったん歯に銀歯を装着したら、そう簡単に外したりしませんよね。
着替えられない洋服のようなものです。
慎重に選んでいただきたいと思います。
メタルフリーをご希望の場合は、ジルコニアセラミックやE-maxなど、金属を使用しない歯科治療も行っております。

歯周病とリウマチの関係

http://www.qlifepro.com/news/20150423/periodontal-disease-and-rheumatoid-arthritis-onset-shown-correlation.html

このような記事が出ました。
以前から言われていることですが、歯周病が関節リウマチの発症に関わっている可能性が示唆されています。
京大の研究です。
糖尿病などのメタボリックシンドローム、脳梗塞、心筋梗塞、早産、低体重児など、多くの疾患と歯周病は密接に関連しています。
より多くの人に、お口の健康は全身の健康に繋がると知ってもらいたいです。

スポーツドリンクにご注意を!

暖かくなってきました。

動いた後などの冷たい飲み物、美味しいですね。
突然ですが運動した時、何を飲みますか?
スポーツドリンクって

実はこんなにお砂糖が入っています。
ぬるくなると甘いですよね。
角砂糖ならこんなに沢山バリバリ食べられませんが、
キーーンと冷やしてある飲み物に溶けていると、
ゴクゴク飲めてしまいます。
お砂糖は虫歯の細菌の栄養となりますので、
こういったスポーツドリンクは歯を悪くするんです。
これから段々と暑い日が増えてきますが、
日常的に口にする飲み物には注意をしたいですね。
最近は、透明なヨーグルト味のドリンクが新発売で話題となっていますけど、
ラベルを見ると…お砂糖が入っていますよ。
私も1本買って飲んでみましたが、
あーー、これは虫歯になるから気を付けないとって思いました。
では、今日も素敵な1日になりますように(o^^o)

日本顕微鏡歯科学会の学術大会でした。

春の学会シーズンです。

土日と日本顕微鏡歯科学会の第12回学術大会に参加して来ました。
と言っても、土曜は診療でしたので、
夕方の懇親会から参加しました。
途中、ダンスタイム
終わったあとははナイトセッションでL.Aから来日されているドクターの根管治療などの講演を聴きました。
講演は夜9時45分まで…熱い質問も多く飛び交います!
翌日は朝9時から。
一般口演、テーブルクリニック、ランチョンセミナー、シンポジウム、
と次々発表がありました。
テーブルクリニックやランチョンセミナーではデモンストレーションもあります。
顕微鏡を使うことでよく見え、より確実な治療を行うことができます。
学びの多い1日半でした!
歯科材料業者さんの展示も多くあり、
マイクロエンドなどで使用する器具等を色々手に取ってチェックしてきました!
シンポジウムの最後、L.Aの清水藤太先生のご講演はとても素晴らしく、
学会に参加して良かったと心から思いました!
アメリカで専門医として活躍されている方のお話はすごく勉強になります。
アメリカの歯科治療では、マイクロエンドとして歯の根の治療(根管治療と言います)において、顕微鏡=マイクロスコープを使用するのは必須です。
まだまだ日本ではマイクロスコープの普及率が低く、また、実際に治療で十分に活用されているとは言えません。
当院でのマイクロスコープ治療はまだまだ導入したばかりではありますが、この学びを活かして少しでも明日からの治療をより良いものにしていきたいです
顕微鏡歯科が日本でもどんどん広がっているのを感じる二日間でしたo(^_^)o