インプラント周囲炎への対応

こんばんは。

深井駅前 Miho歯科医院 院長の前原です。

昨日、インプラント周囲炎の治療のセミナーを受けてきました。

講師の先生は、イエテボリ大学歯周病科出身の大月基弘先生。

現在、サンスターの歯磨き粉「gum」のCMにもご出演されています。

東京や熊本など遠方からも参加者の先生がお越しになられていました。

インプラント周囲炎は、わかりやすくいうとインプラントの周囲が歯周病になった状態で、

インプラントを支える骨が吸収して溶けてしまい、歯茎から血や膿が出たり、インプラントがグラグラして噛むと痛みが出たりします。

炎症がインプラント周囲の歯茎だけにとどまっているインプラント周囲粘膜炎とは異なり、

外科処置を行って歯茎を切開してインプラント周囲を綺麗にしてあげないと治癒しません。

一旦インプラント周囲炎になってしまうと4〜6割しか治らないと言われ、

しかも治療法は確立されていません。

インプラント周囲炎は進行するとインプラントが抜け落ちてしまいます。

今回のセミナーではインプラント周囲炎の歯を模型で再現してあり、マイクロスコープを用いて外科治療を行う実習もありました。

インプラントに異常を感じる場合には手遅れになる前に歯科医師の診察を受けましょう。

Miho歯科医院 歯科医師 前原美保

義歯治療について

堺市中区 深井駅前の女医によるクリニックMiho歯科医院、院長 歯科医師 前原美保です。

今日は当院の<義歯治療>について解説します。

当院では義歯(入れ歯)を希望の方に、

・保険義歯

・精密義歯:精密入れ歯治療

・審美義歯

を行っています。

その中でも精密義歯の流れを紹介します。

<<精密入れ歯治療の流れ>>

入れ歯といってもいくつかのパターンに別れます

A)残っている歯の抜歯を伴う上下総入れ歯

B)総入れ歯難症例

C)部分入れ歯

A)残っている歯の抜歯を伴う上下総入れ歯

お口の中に残っている歯が虫歯で悪くなっていたり、歯周病でグラグラしている場合は、歯を抜かなければいけないことがあります。

すぐに入れ歯を装着することができませんので、いくつかの段階を経て、最終入れ歯を作ります。

合計2つ〜3つの入れ歯を作ります。

<ステップ1:治療用義歯の作成と装着>

歯がある状態で型取りを行い、即時義歯と言われる入れ歯を作っていきます。歯がある状態で作った入れ歯は、歯を抜いた後の歯茎の形と厳密にはあいませんが、最終入れ歯をイメージした形や噛み合わせを設定して制作します。

即時義歯が完成してから、歯を抜くと同時に即時義歯を装着します。歯がない期間ができないようにしていきます。通院する間隔にもよりますが、通常1〜2ヶ月程度かかります。

<ステップ2:治療用技師で噛み合わせのリハビリ、歯茎の治癒待ち>

歯茎が型取りできる程度に落ち着いてきたら治療用義歯を作成していきます。治療用義歯とは最終入れ歯の原型になる入れ歯で、実際にお使いいただきながら噛むためのリハビリを行っていきます。

歯を失うことによって噛み合わせが狂っていることがよくあります。作った入れ歯が合わないことの原因の多くは噛み合わせが狂っている状態で入れ歯を作ることによるもので、噛み合わせが狂っているとよく噛める入れ歯にならず、何度調整しても痛みが出る入れ歯となってしまうのです。この治療用義歯でしっかり噛めるようにしておくことが最終の入れ歯を成功させる秘訣となります。

また、最終の入れ歯を作る前に、どのような歯の大きさにするか、歯並びはどうか、色や形はどうかなど見た目の美しさに関しても十分に検討していただくことができます

歯を抜いてから歯茎の傷が治るまで最低でも3ヶ月程度かかりますので、その間はこの入れ歯を使って傷が治るのを待ちます。

このリハビリ期間は通常は3-6ヶ月程度です

<ステップ3:最終入れ歯の制作と装着>

即時義歯のリハビリが終わり、歯茎が落ち着いてきたら最終入れ歯を製作します。製作には通常1〜2ヶ月程度かかります。

<ステップ4:最終入れ歯の調整>

新しい入れ歯は精密に作ったとしても最初から完全にフィットさせることは難しいです。新しい靴が靴擦れするように、柔らかい歯茎の上に硬い入れ歯が乗ると痛みや違和感が出ます。微調整を行って合わせていきます。噛み合わせや内面の調整を行います。歯を抜いて入れ歯を作った場合は数ヶ月から1年程度で歯茎が穏やかに下がってくることがありますので、その場合は内面の状態を修正する処置を行います。

<ステップ5:定期チェック>

入れ歯は作って終わりではなく、良い状態を保つために定期的にチェックをして行きます。お口の変化とともに微調整を行います。

以上が義歯の治療の流れです。

お口の状況によって進行具合は変わりますので、

義歯をご希望の方はまずはお気軽にご相談ください。

精密義歯の場合はその方のお口に合わせたオーダーメイドな対応ができますので、

自費治療で高額ではありますが、クオリティの高いものが作成ができます。

Miho歯科医院 歯科医師 院長 前原美保

歯周病の意識調査

11月8日は「いい歯の日」でした。「歯周病の意識調査」が行われましたので、

その調査結果を解説します。

今回の調査の対象者は、

20代から60代までの男女500名(本人、または同居の家族が医療・製薬業種、または専門家ではない全国 20~60 代の男女 500名).

調査期間は2021年9月24日(金)〜 9月27日(月)の期間で、インターネットにて実施されています。

本調査結果では、コロナ禍以降、歯科医院への受診をためらう人は半数以上にのぼり、“受診控え”が見受けられる中、口の状態が悪化したと 5 人に 1 人が回答しています。

歯の神経を保存するMTAセメントとは?

MTAセメントは「Mineral Trioxide Aggregate」の略で、歯科用のセメントです。ケイ酸三カルシウム、ケイ酸二カルシウム、酸化ビスマス、石膏などが主な成分です。

MTAセメントは強アルカリ性(PH12)で、強い殺菌作用をもちます。
お口の中のように唾液があって水分の多い状態でも硬くなる性質を持っています。

歯の中の神経にまで達した深い虫歯の場合、神経を取る治療を行わないといけなくなります。しかし歯の神経を取ると、

①歯がもろくなる、

②虫歯の再発に気づきにくいため結果的に抜歯が必要になってしまう、

③大きく削るため歯の強度が弱くなる、

などの理由により、歯の寿命が短くなる可能性が高くなります。

MTAセメントを使用した治療は、このような根管治療を回避し、できるだけご自身の歯を長持ちさせるとして、最近注目されている治療方法です。

具体的には露出した神経や血管をMTAセメントで覆うことによって歯の神経を残します。

【MTAセメントのメリット】

●水、組織液などで濡れている状態でも硬化する
口の中は水分、組織液、血液などで湿った状態です。ほかのセメントは、通常湿った状態だと固くならなかったり、接着力が低下したりしますが、MTAセメントは濡れている状態でも硬化します。

●強い殺菌作用
MTAセメントは強アルカリ性(PH12)で、強い殺菌作用をもっています。 通常ほとんどの細菌は、PH9.5で破壊されます。

●生体親和性が高い
MTAセメントは体の中に入れても悪い影響の少ない、体にやさしい素材です。

●セメントが硬化するときに膨張する
MTAセメントは硬化するときに膨張します。細かな隙間がうまることにより緊密に患部を封鎖することが可能になります。

●良質なデンチンブリッジ(保護層)が形成される
MTAセメントを使用すると良質なデンチンブリッジ(保護層)が形成されます。それによって患部に細菌が入り込むのを食い止める効果も期待できます。

【MTAセメントのデメリット】

・変色する場合があります。(前歯の治療では要注意)
・非常に高価です。1グラムあたりが金よりも高価になります。
・ほとんどのケースで保険適用外となります。(クリニックにより治療費は異なります)
・根管内に入れた場合、固いので除去が困難になります。(今後の再治療が困難)
・扱い方が少しむずかしく、操作性が悪くなります。(治療テクニックが難しい)


歯を抜かず自分の歯で過ごすために、MTAセメントは有効な症例があります。

高強度ガラスセラミック e.maxとは

こんばんは。

堺市中区 深井駅前のMiho歯科医院 院長の前原です。

現在、審美歯科治療で人気の「e.max」について、解説したいと思います。

どうぞ最後までお付き合い下さい。

前歯6本をe-max で治療した症例です。

古くなった被せものを外して作り変える際にかみ合わせも整えました。

前歯の印象がガラリと変わりました。

セラミックは自分の歯のような透明感や艶があるので、

特にこのようにパッと見て目が行く部分に使用することで

その良さを実感できると思います。

e-maxはエンプレスマックスの意味を持つシステムで、

ニケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分にしたセラミックの種類です。

ガラスで出来ているので非常に透明感があり、色調がとても綺麗です。

強度も日常生活には十分あります。

デメリットは自費治療であること、

歯を削る量が金属を使った治療よりも多くなること

歯ぎしり・噛み締めで割れるリスクがあること

などです。

自然な色調は多くの方に喜ばれています。

<症例の解説>

上の前歯6本をセラミックで被せました。

治療期間:約1ヶ月

リスク、副作用:しみる事がある、痛みが出ることがある。人によっては削ることにより歯の神経を取る必要がある、麻酔をした部分のむくみや内出血を生じることがある

費用:総額858,000円 プラス処置費用(保険負担分)

セラミックは周りに発生する虫歯(二次う蝕)が少なく、

汚れ(プラーク)がつきにくいので歯茎が腫れたりしにくいのが長所です。

入れたあとで10年、20年と良好に保っている方も多いです。

保険適用の被せもので金属の「銀歯」と呼ばれるものは4−5年で虫歯が再度発生してくると言われます。

何度も削るとそのうち抜歯になってしまいます。

将来の抜歯を避けるためにセラミック治療を選択することはご自身の歯を保つためにもおすすめできる治療です。