唾液の役割と唾液減少の原因について

こんにちは。
深井駅前 Miho歯科医院 院長の前原です。 
口が乾いていると悩みを抱えた患者さんが数多く来院されます。
今回はなぜ口が乾くのか、唾液の役割と唾液減少の原因について説明していきます。

①唾液の役割
唾液は、1日に1〜1.5L分泌されると言われています。
唾液の役割には、以下のようなものがあります。
・口の粘膜の保護
・潤滑作用
・消化作用
・歯の保護
・粘膜修復作用
・洗浄作用
・緩衝作用
・抗菌作用

よく知られているのは、消化作用と抗菌作用です。
中学校などでも習う通り、唾液にはアミラーゼという消化酵素が含まれており、食べ物に含まれるデンプンを糖に変化させます。
お米を噛んでいると、甘く感じてくるのは、唾液の消化作用によるものです。
「ケガをしたらつばをつけておきなさい」と言われたことのある人もいるかもしれません。
それは、唾液に抗菌作用があるからです。

②唾液が減るとどうなる?
唾液が減ってくると、口が乾いていると感じるようになります。
唾液が減るということは、先ほど紹介した効果も薄れるということです。
むし歯や歯周病のリスクが高まったり、口臭が強くなったり、口腔カンジダ症が起こる事もあります。

③唾液が減る原因は?
唾液が減る原因には、以下のようなものがあります。
・唾液腺の損傷
唾液腺から唾液が分泌されるため、ここに損傷があると唾液が減少します。
・自律神経の乱れ
唾液を作るよう指令を出すのは自律神経なので、自律神経が乱れると唾液が減少します。
・自律神経から唾液腺への指令の障害
薬の副作用によって、起こることがあります。
唾液を作るための指令が届かなくなるため、唾液が作られなくなってしまいます。
・血液や体液の減少
唾液は血液から作られるため、血液自体が減ってしまうと、唾液も減ってしまいます。

④唾液量を増やすためにはどうすればいい?
口腔乾燥症の治療として、歯科医院でできることがいくつかあります。
・唾液の分泌を増やす薬を歯科医師から処方すること
・薬の減量、変更の依頼を歯科医師が作成すること
薬の副作用が原因の場合は、この方法を使うことができます。

患者さん自身にもできることがあります。
それは、唾液腺のマッサージです。
耳下腺、舌下腺、顎下腺を優しく押してあげることで、唾液の分泌量が増える効果が見られます。
あくまでも、優しく押すことが大切です。
強く押してしまうと、顎関節などを痛める可能性もあるので、注意してください。

⑤まとめ
唾液が減ると、病気の可能性が高くなります。
そのリスクを減らすため、日頃からケアをしてみてください。 

フッ化物の安全性について

こんにちは。
深井駅前 Miho歯科医院 院長の前原です。
今回は、フッ化物の安全性についてお話していきます。

最近では、虫歯予防としてフッ素配合の歯磨き粉が販売されたり、フッ化物洗口が行われていたりします。
これから、その安全性について説明していきます。

①フッ素とは
まず、フッ素のことについて説明します。
フッ化物には、その名の通りフッ素が含まれています。
フッ素とは、元素の名前です。中学校、高校で聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。
原子番号9番、元素記号はFです。
フッ素は、海水や土壌の中だけでなく、私たちが普段口にする食べ物の中にも含まれています。
日頃普通に飲んだり食べたりしているのです。

②フッ素の効果
フッ素は、私たちの体に良い影響を及ぼします。
主な効果を、3つ紹介します。
・エナメル質を強化する
歯の表面にあるエナメル質を強化し、酸に対する抵抗性を増加させます。
・歯の再石灰化を促進する
エナメル質に、酸による少しのカルシウムの損失が起きても、フッ素が歯質の再石灰化を促進します。
再石灰化とは、失われたカルシウムが再び戻る現象のことです。
・細菌の活動を抑制する
フッ化物の水溶液に生じるフッ化イオンには、抗菌作用があります。
その作用が、プラーク中に潜むう蝕の原因菌が産生する酵素の働きを阻害したり、酸を産生する能力を抑制してう蝕を予防します。

このように、むし歯に対して大きな効果があり、日本の小学校でもフッ化物洗口が行われています。
実際、フッ化物洗口が行われている都道府県ではむし歯になる子供が激減しているというデータもあります。
さらに、世界ではフッ化物を水道水に含ませている国もあります。
一定量以上のフッ化物を含んだ水道水を使っている地域の住人には、むし歯が少ないということが研究によって分かりました。
そのことから、適正なフッ化物濃度の水を利用した「水道水フロリデーション」が生まれました。
54カ国以上、4億4000万人ほどがこれの恩恵を受けています。

③フッ化物の利用方法
フッ化物を効果的に利用するためには、「低濃度」「高頻度」の2つが非常に重要です。
歯科医院では、定期健診で高濃度のフッ化物を使用することがありますが、それだけでは不十分です。
フッ化物は、歯だけでなく、血液や唾液を通して全身に作用します。
その効果を十分に発揮させるためには、家でのケアも大切になります。

フッ素やフッ化物が心配だという方は、安心してください。
フッ化物の安全性は、科学的に証明されています。
上記のように、日本国内だけでなく、世界でもフッ化物は歯の健康のために利用されているのです。
むし歯など、歯の病気に対して大きな効果を発揮するので、積極的に利用してみてください!

妊娠による口腔内の変化

こんにちは。
深井駅前 Miho歯科医院 院長の前原です。
今回は、妊娠による口腔内の変化についての関わりについてお話していきます。

妊娠による母体への変化と言われると、みなさんは何を思い浮かべますか?

つわり、お腹の張り、体のむくみなどが代表的な変化として認識されていることが多いと思います。実は妊娠による変化は口腔内にもあるのです。

その変化とは、「唾液の分泌量が減って口の中がネバネバする」といった症状や、「唾液の分泌が多すぎて気持ちが悪い」といった症状まで様々です。それだけではなく、口腔内の環境を整えていた唾液の働きが低下するため、口の中にプラークという細菌が溜まり、虫歯が発症、進行しやすくなります。また、嗜好の変化やつわりの影響により、唾液が酸性に傾き、歯のエナメル質を弱くしてしまいます。その他にも、「何か食べてないと気持ちが悪くなる」といった食べづわりで食事回数が増えたり、不規則になったりすることで、口腔内の環境が悪化します。加えて、歯磨きそのものが気持ち悪くなってしまうという妊婦さんも多くいらっしゃいます。

「妊娠と歯周病」

妊娠すると女性ホルモンのエストロゲンや黄体ホルモンが増えるため、唾液や歯ぐきの溝からでてくる組織液の中の女性ホルモン濃度も上昇します。それは妊娠していないときの10〜1000倍とも言われています。

歯周病菌は女性ホルモンを栄養素とするので、女性ホルモンが増加すると歯周病菌も同時に増えます。そのため、妊娠関連性歯肉炎が起こりやすいと言われています。

加えて、歯周病にかかると低体重児出産のリスクが5〜7倍に膨らむといわれています。歯周病の炎症があると、子宮を収縮させる作用がある物質の血中濃度が高まるとされているからです。その物質の中には陣痛促進剤として使われるほど子宮収縮作用が強いものもあるため、歯周病が悪化すると早産や低体重児出産の可能性が高まるのです。

「妊娠中のお口ケア」

妊娠すると口腔内に様々な変化が生じ、それは胎児にも影響を及ぼすかもしれません。では、妊娠中のお口ケアはどのように行えばよいのでしょうか。

妊娠中はつわりや食の好み変化、体調の変化などによって、食事回数の増減があり、それに伴って歯磨きも不十分になりがちです。

しかし、そのようなときは無理のない範囲内で歯磨きを心がけましょう。気分がよいときにささっとブラッシングを行えるように、洗面所だけでなく、キッチンやリビングといった目につく場所に歯ブラシを置いておき、できるときにブラッシングをする方法がオススメです。

また、虫歯予防に効果があるキシリトール成分が含まれているガムやタブレットを摂取することも効果的です。プラークの粘着性を低めたり、唾液の分泌が増えて歯の再石灰化を促進する効果が期待されるためです。また、食後に水で強めにブクブクとうがいをするだけでも、食べかすを洗い流す効果があります。 できる範囲でお口の中を清潔に保つことを心がけましょう。

喫煙と口内環境の関係性について

こんにちは。
深井駅前 Miho歯科医院 院長の前原です。
今回は、喫煙と口内環境の関係性についてお話していきます。

喫煙は、肺や気管支を傷つけたり、生活習慣病のリスクを高めたりします。

さらに、口内環境にも悪影響を及ぼします。

主にあげられるのは、以下のようなものです。

・口腔がん、歯周病のリスクが高まる

・歯の表面にヤニがつく

・歯、歯ぐきの色が変わってしまう

・口臭がする

中でも歯周病は、進行すると歯が抜けてしまうこともある病気です。

しかも、喫煙者の歯周病は非喫煙者に比べて気づきにくく、治りにくいという特徴を持っていて、見つけた時には重症化していたというケースも珍しくありません。

歯周病に影響を与えてしまう物質にはどのようなものがあるのでしょうか。

それを知るために、たばこに含まれる物質を見てみましょう。

たばこには化学物質が4000種類以上含まれていて、40種類は発がん性物質だと言われています。そして、三大有害物質として「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」が挙げられます。この3種類は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

それでは、3つの物質の特徴と影響について紹介していきます。

・ニコチン

依存性が強く、たばこをやめられない原因となる。

・タール

ヤニと呼ばれる物質で、強い発がん性がある。

歯が黄ばみ、ベタベタしてしまうのはこの物質のせい。

・一酸化炭素

血液中に存在する、ヘモグロビンと結びつきやすい。

体に酸素が行き渡らなくなる。

その結果、血液がどす黒くなり、肌の老化が起きる。

いかがでしょうか?とても恐ろしい物質なのがよくわかりますね。

先ほど紹介した通り、たばこには4000種類以上もの化学物質が含まれています。たばこを吸うと、それらの物質の影響を受けて歯周病が発生したり、進行したりするのです。

喫煙をしている方の中には、「一度なってしまったら治らないのでしょ?」と思う方もいるかもしれません。

ですが、禁煙すると改善していきます。

禁煙したばかりの頃は以下の症状が出ますが、成果が出ている証拠です。

・歯ぐきの出血が増える

・痛みや腫れが出てくる

ニコチンには血管を狭くする作用があるため、禁煙によってニコチンがなくなるとこのような症状が出ます。

禁煙をそのまま続けていれば、歯周病が改善し、歯ぐきの色もピンク色になっていきます。

最後に・・・喫煙はしないことが一番良いです!

吸ってからやめるより、吸わない方がよっぽど簡単なのは、想像できると思います。今回紹介した歯周病以外にも、多くのリスクや悪影響があるので自分のお口や身体の健康を維持するためにも知識として持ちましょう!

歯周病と全身疾患について

こんにちは。
深井駅前 Miho歯科医院 院長の前原です。

今回は、歯周病と全身疾患についての関わりについてお話していきます。

まず大前提として、歯周病と全身疾患は関係していることが医学的にはっきりとわかっています。
しかし、全てが関係している訳ではなく、詳しく検査してみないと分かりません。

それでは、具体的に関係する例を見てみましょう。

【骨粗鬆症】

骨粗鬆症は、骨密度が低くなり、骨が脆くなる病気です。女性に多く、主な原因は加齢です。
実は、骨密度が低いことで歯槽骨の吸収も進みやすいのです。歯槽骨の吸収とは、歯周病が原因で歯茎に炎症を起こして歯槽骨を溶かしてしまうことをさします。
実際、同じ歯周病を持つ人でも、骨粗鬆症の人とそうでない人を比べると、前者の方が歯槽骨の吸収が早かったというデータもでています。

【糖尿病】

糖尿病とはインスリンの作用不足により血圧が上昇した状態が続く病気です。
血糖値の高い状態が長く続いてしまうと、糖とタンパク質が結合します。それを白血球が攻撃してしまうことで、全身への炎症が起きやすくなっています。
また、免疫力が下がっている時は様々な疾患が悪化しやすく、危険です。1度治っても再発する場合も少なくありません。

【腎疾患】
腎疾患になると、老廃物の除去が難しくなり最終的には透析や移植が必要となります。
そんな腎疾患は歯周病が原因と言われるようになりました。
歯周病の人は体内が常に軽い炎症を起こしている状態です。その軽い炎症が長く続くと腎臓に影響を及ぼすと言われています。

【関節リウマチ】

関節リウマチは免疫の異常により関節が変形してしまう病気です。
関節リウマチの患者さんは歯周病にかかりやすく、さらに重症化しやすいとも言われています。
関節リウマチと歯周病の共通点は炎症性の病気であること。
喫煙や飲酒、体質などによる原因もあるかもしれません。
その他にも、関節リウマチよ患者さんは手の関節の変形により歯磨きがしにくいということも、原因だと言われています。
研究では、歯周病を改善すると関節リウマチも改善したという結果が出ています。
逆に、関節リウマチを改善することで歯周病も改善したという事例も多々あることから、このふたつの病気は深く関係していることが分かります。

上記4つの他にも、
動脈硬化、早産、妊娠高血圧症候群などが挙げられます。

論文でも歯周病が悪影響を及ぼしていることが記載されており、歯周病の改善が全身疾患へ良い影響を与えることは確かです。

加齢による疾患こそ、今から対策できると思います。

普段からの歯周病予防を心がけて、健康を目指しましょう。