インプラント治療について取材を受けました

この度、インプラント治療についての取材を受けました。

インプラントとはどのようなものか、インプラント治療の流れについて、歯科医院の選び方等についての話をしています。

ぜひお読みいただき、インプラント治療を受けられる際の参考になれば幸いです。

https://www.dentistexpertise-implant.com/uneasiness/interview.html

唾液による虫歯予防の作用について

唾液には、お口の中を湿らせる以外にもたくさんの作用があることをご存知でしょうか?

とくに虫歯や歯周病を予防する作用に関しては重要なので、十分に理解しておくことが大切です。

ここではそんな唾液が持つ力をわかりやすく解説します。

▼自浄作用

唾液には「自浄作用(じじょうさよう)」という、お口の中をきれいにする作用が期待できます。

食事をしたあと私たちのお口の中には、食べかすなどが残ってしまいます。

これが歯の表面で歯垢や歯石を形成して、虫歯や歯周病を引き起こすのです。

けれども、唾液が正常に分泌されていれば、自然と洗い流されていくので、歯垢の形成も抑えられるのです。

▼殺菌作用・抗菌作用

唾液には、殺菌作用や抗菌作用といった細菌の働きを抑える成分が含まれています。

これらの成分は文字通り細菌を殺したり、繁殖しにくくしたりするので、自ずと虫歯菌や歯周病菌も減少していきます。

▼再石灰化作用

歯は常に脱灰と再石灰化を繰り返しています。このバランスが崩れ、脱灰ばかり起こってしまうと、歯はいよいよ溶けていきます。

虫歯菌はそこを狙って歯をどんどん溶かしていきます。

ただ、唾液には歯の再石灰化作用があるので、食事や虫歯菌が産生した酸で脱灰されても、それを元に戻すことができます。

これもまた唾液による虫歯予防効果のひとつといえます。

▼緩衝作用

私たちのお口の中は、基本的に中性付近に保たれています。

これが酸性の方に傾いてしまうと歯が溶け始めます。

食事をしたときには口腔内が酸性に傾くので、唾液の分泌量が十分でないと虫歯になりやすくなります。

唾液が正常に分泌されていれば、唾液による緩衝作用が働くので、pHも中性付近に戻されます。

そうすることで歯が溶けにくい環境を整えることが可能となります。

▼粘膜の保護・修復作用

唾液には、口腔粘膜を保護したり、修復したりする作用も期待できます。

硬い食べ物なのによって歯茎が傷つくと、そこで細菌感染が起こって口内炎などを発症します。

唾液は、そうした傷が生じないようあらかじめ保護する作用があります。

また、傷ついた粘膜を治癒させる作用も期待できるのです。

▼まとめ

このように、唾液には虫歯や歯周病を予防するさまざまな作用が期待できます。

唾液の分泌は唾液腺マッサージを行ったり、食事の際によく噛んだりすることで、増やすことができますので日ごろから意識して生活しましょう。

成長と歯並び

日本人には、歯並びに悩まされている人が少なくありません。

歯並びの乱れが気になって、小さい頃に矯正治療を受ける人もいれば、成人してから歯列矯正を受ける人もいます。

ただ、歯並びの治療は、成長期に受ける方が有利であることは間違いありません。

これは歯並びが歯や顎の成長と密接に関係しているからです。

今回はそんな歯並びと成長に関係についてわかりやすく解説します。

▼歯並びが悪くなる原因とは

歯並びが乱れるのは、遺伝的な要因もある程度関係しています。

例えば、家系的に出っ歯や受け口になる人は、少なからず存在しているからです。

これは上下の顎の骨の形や大きさが遺伝によって決められている部分があるからです。

同時に、骨格的な異常というのは、成長期にコントロールすることも十分可能です。

▼顎の骨の成長をコントロールする治療

「小児矯正」と呼ばれる治療は、顎の骨の成長をコントロールすることが主な目的となっています。

上の顎が突出している「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」の場合は、ヘッドギアなどを用いてそれ以上、上の顎が成長しないようコントロールすることがあります。

逆であれば、チンキャップと呼ばれる装置を用いて、下の顎が成長したいよう抑制することがあります。

そうしたダイナミックな治療が行えるのが小児矯正の大きな特徴のひとつといえます。

▼小児矯正なら抜歯が必要なくなる?

マウスピース矯正やワイヤーというのは、「歯列矯正」に分類される治療法で、基本的に大人が受けるものです。

「成人矯正」と呼ばれることがあるのもそのためです。

そうした歯列矯正では、1本1本の歯をきれいに整えていくことはできるのですが、小児矯正のように骨格的な異常を改善することは不可能です。

そのためスペースが足りない時は、抜歯を行うこととなります。

一方、成長や発育に合わせて行う小児矯正なら、自然な形できれいな歯並びを確立することができるので、抜歯が不要となるケースも珍しくありません。

これもまた小児矯正を受けるメリットのひとつといえます。

▼まとめ

このように、歯並びと成長、発育には密接なつながりがあります。

それだけに、歯並びを美しくするのであれば、成長期に治療を実施するのが一番といえますよね。

ですから、お子さまの歯並びで何か異常や不安な点があれば、まず一度歯医者さんに相談してみましょう。

今後どのような治療が必要となるのか、あるいは様子を見た方が良いのかなど、有効なアドバイスがもらえるはずです。

子どもの歯の虫歯予防

子どもは大人よりも虫歯になりやすいです。

虫歯の進行も早いため、可能な限り予防することが大切です。

そこで今回は、お子さまの歯の虫歯予防法についてわかりやすく解説します。

▼正しい歯磨きの方法を身に付ける

子どもであれ大人であれ、虫歯をしっかりと予防するのなら歯磨きは欠かせません。

それも正しい方法で歯磨きをしなければ、虫歯予防効果も大きく下がってしまうこととなります。

ですから、自分の歯磨きに自信がある人も、そうでない人も、まずは歯科医院でブラッシング指導を受けることをおすすめします。

とくに、歯磨きの習慣自体がまだ身に付いていないお子さまに関しては、歯磨きの専門家である歯科医衛生士のアドバイスが不可欠です。

そこで学んだことを毎日のオーラルケアで実践することが何より重要です。

▼フッ素で歯を強くする

子どもの歯は大人の歯よりも虫歯になりやすいということは、このブログでもお伝えしてきました。

そのため、歯磨きだけを行っていては虫歯をしっかりと予防できないこともあります。

そこでおすすめなのが歯科医院で受ける「フッ素塗布」です。

当院でも行っているフッ素塗布では、高濃度のフッ素が配合されたジェルを使いますので、歯を強くする効果も格段に高くなっています。

そんなフッ素塗布を乳歯や生えて間もない歯に行うことで、子どもの歯を虫歯菌から守ることにつながります。

▼シーラントで歯の溝を埋める

子どもの奥歯は、永久歯よりも溝が深い傾向にあります。

歯の溝が深いと、そこに食べかすがたまつたり、歯垢が形成されやすかったりするため、虫歯の好発部位にもなっています。

そんな奥歯を溝をシーラントと呼ばれる歯科用プラスチックで埋めることで、汚れが溜まりにくい衛生的な歯をつくることができます。

生えたばかりの大人の歯である「幼若永久歯(ようじゃくえいきゅうし)」にもシーラントは有効ですよ。

▼食生活に気を配る

虫歯菌は、砂糖をはじめとした糖質をエサとして歯を溶かします。

ですから、日ごろから甘いものばかり食べていると、自ずと虫歯のリスクも上昇しますので、その点は親御さまがしっかり管理してあげるようにしましょう。

▼まとめ

このように、子どもの虫歯を予防する方法はいくつかありますが、すべてを並行して行っていくことが望ましいです。

そんなお子さまの虫歯予防についてさらに詳しく知りたい方は、いつでもお気軽に当院までご連絡ください。

妊婦歯科検診について

皆さんは「妊婦歯科検診」というものをご存知でしょうか?

その名の通り妊婦さんが受ける歯科の検診で、それぞれの住む地方自治体が実施しているケースがほとんどです。

今回は妊婦歯科検診についてわかりやすく解説します。

▼妊婦歯科検診とは

妊婦歯科検診とは、女性が妊娠期間中に受診する歯科検診で、基本的に無料で受けることができます。

検診の内容はそれぞれの地方自治体で少しずつ異なっていますが、基本的には一般的な歯科検診と同じです。

虫歯や歯周病の有無などを調べます。でもなぜわざわざ「妊婦」という名前がついているのか気になりますよね。

▼妊婦さんは虫歯や歯周病になりやすい

女性は妊娠する前よりも妊娠中の方が口腔疾患にかかりやすくなっています。

これは女性ホルモンのバランスが崩れ、口腔乾燥が起こりやすいことなどが原因といえます。

それだけに、妊婦さんにはしっかりとお口の健康を維持してもらうため、妊婦歯科検診が実施されるようになったのです。

▼口腔衛生管理まで手が回らない

女性ホルモンのバランスが乱れは、お口だけではなく、全身の健康状態にまで大きく影響します。

ですから、お口の衛生管理まで手が回らないという人が極めて多くなっています。

その結果、妊娠中に虫歯や歯周病にかかってしまうのです。

そこでひとつ注意していただきたいのが、歯周病によるお腹の赤ちゃんへの悪影響です。

▼歯周病が早産・低体重児出産を引き起こす

妊婦さんが重度の歯周病にかかると、早産・低体重児出産が誘発されることがあります。

これはお腹の赤ちゃんにとって深刻な悪影響が及ぶため、十分な注意が必要です。

そうしたシビアなトラブルを防ぐ上でも妊婦歯科検診は有益といえます。

検診によって歯周病などが見つかっても、適切な治療を施せば妊娠中でもきちんと治すことができますよ。

▼妊婦歯科検診を受ける方法

冒頭でも述べたように、妊婦歯科検診はそれぞれの自治体が実施しておりますので、まずは市役所などに問い合わせてみましょう。

実際に検診を行うのは、一般の歯科医院であることがほとんどなので、かかりつけの歯科医院で受けることができたらベストといえます。

▼まとめ

このように、妊娠期間中は虫歯や歯周病にかかりやすくなっていますので、妊婦歯科検診を積極的に受診しましょう。

その際、妊娠期間中のオーラルケア方法など、有益なアドバイスもしてもらえることかと思います。