歯周病を治そう!

こんにちは、堺市 深井駅前のMiho歯科医院です。

痛みがないまま進行する歯周病。

歯茎から歯磨きの時に血が出る、疲れたら腫れる、口臭が気になる

こういった症状を放置していませんか?

日本では成人の80%が歯周病だというデータがあります。

しかしながら、自覚症状に乏しく日常生活に困ることも少ないため、

そのままにしておいて手遅れになって歯を失う方が今でも多いのです。

 

・歯周病ってどんな病気?

歯周病は、お口の中の細菌が起こす感染症です。

歯茎の溝や歯石に隠れたプラークの細菌が引き起こします。

軽いうちは歯茎だけが腫れる「歯肉炎」です。

歯肉炎の段階はブラッシングの徹底で治せます。

治さずに放置すると、歯を支える「歯槽骨 しそうこつ」が解けていき、

歯を支える靭帯も失われて歯がグラグラする「歯周炎」になります。

歯周炎で溶かされた顎の骨はもう戻りません。

歯槽骨が大きく失われてしまうと治療が手遅れになり、

抜歯せざるを得ないことも多いのです。

歯周病になった歯を救うには、早期発見・早期治療が重要です。

 

・歯周病の進行は?

健康な歯茎は歯ブラシでは出血しません。

歯肉炎:歯を歯茎の間を「歯肉溝」(しにくこう)と言います。

ここに歯垢が溜まると歯茎が腫れて出血するようになります。

この時期は、歯周初期治療としてブラッシング指導とスケーリングという歯石取りで治すことができます。

軽度歯周炎:歯槽骨が溶かされ歯茎が下がり始めます。

歯肉溝は深くなり「歯周ポケット」と呼ばれます。

歯周ポケットは深さ4mm程度。プラークや歯石がこびりついて歯磨きだけでは取れません。歯科医院での歯周初期治療が必要です。ブラッシング指導とスケーリングを行います。

中等度歯周炎:歯槽骨がさらに溶けて、歯周ポケットは5~6mmに。

歯が浮くような違和感、歯茎から膿が出ることも。

歯茎が下がって歯が長くなったり、隙間が空いて歯並びが悪くなったりします。

歯周初期治療で、ブラッシング指導、スケーリング、SRPという歯石取りを行います。場合によっては、歯周外科処置や歯周組織再生療法など、さらに高度な治療も必要です。

重度歯周炎;歯槽骨が大きく溶けてしまい、歯がグラグラしてうまく噛めなくなります。

口臭も伴います。

専門的な歯周組織再生療法も限界があるので、手遅れになると抜歯をするしかありません。

・歯周病の治療は?~なるべく早期に治療しよう!

「歯肉炎」のうちに治療すれば簡単な治療で治り、健康だったころの状態に戻すことができます。

しかし、「歯周炎」にまで進行してしまってから治療をすると、治療に時間もお金もかかる上に、治った後も「元の健康だった頃のお口」までは戻りません。

歯を残せたとしても、失われた形を完全に回復することはできないのです。

それは歯を支えている骨が解ける病気だからです。

<歯周病治療の流れ>

問診・診察および検査(レントゲン検査、口腔内写真検査、歯周組織検査、動揺度検査、プラーク指数など)

↓ 診断、治療説明カウンセリング

ブラッシング指導+スケーリング

再評価検査:ここで治っていれば、メインテナンス(維持療法)へ

SRP:スケーリング、ルートプレーニング:保険治療もしくは自費治療

歯周外科治療;保険治療もしくは自費治療

再評価検査

メインテナンスへ

 

 

<歯肉炎の治療>

ブラッシング、スケーリング、メインテナンス

<進行した歯周炎の治療>

中等度以上に歯周炎が進行すると、歯石を取る治療だけではメインテナンスまでたどり着けません。

その方の症状により、抜歯、矯正治療、ブリッジ、インプラント治療などを組み合わせて、総合的に治療をしていきます。

当院では矯正治療は行っておりませんが、当ビル4Fに「もちだ矯正歯科クリニック」がありますので、総合的に治療を成功させるために必要な場合はご紹介をさせていただきます。

 

<歯周外科治療>

・フラップ手術(切除療法):保険適用

歯茎を切開し、歯周ポケットの奥深くまで徹底的に歯石・プラークといった感染源を除去する治療法です。終了後は歯茎を縫合します。手術翌日の消毒、約1週間後の抜糸、その後の経過観察が必要です。糸を抜いた直後は、手術後専用の柔らかい歯ブラシ、殺菌力のある洗口剤を使ってお手入れをします。手術前とは歯茎の形態が変わりますので、歯科衛生士が定期的に口腔ケアをして、治っていくのを待ちます。手術直後は固いものが噛めないこと、手術部位に知覚過敏の症状が出る場合があること、人によっては多少の腫れや痛みがあります。お仕事や家事などの日常生活制限はありません。術後に歯の動きが一時的に悪化することもありますので、それが予想される場合はワイヤーや樹脂を用いて近くの歯と繋いで止めます。術後の腫れなどがある場合は、しばらくはマスクなどで隠して生活される方もおられます。深い歯周ポケットを放置して徐々に悪化してしまうよりは、ご自身の歯を残すことに役立ちます。ただし、喫煙者の場合は治療の結果が良くないため、禁煙をしていただく必要があります。また、術後の治癒の形態によっては、歯と歯の間の隙間が大きくなることもあり、食べ物が詰まりやすくなったり見た目が悪くなるため、その場合は歯を削ってかぶせ物をすることもあります。

<歯周組織再生療法>GTR法、エムドゲイン、リグロス

失った歯槽骨を増やす方法です。歯を支える「歯周支持組織」を特殊な材料を用いて再生させます。

ただし、万能とは言えず、部分的な骨の喪失には有効ですが、大きく広い範囲で歯槽骨を失ってしまった場合の治療には限界があります。

どのような形で骨を失ってしまったのか事前に調べて、適応症であるとわかった場合のみ、効果が期待できる治療です。

フラップ手術と共に行います。

歯槽骨が再生するので、歯を支える組織がしっかりして歯が長持ちします。

<最後に>

歯周病がすでに進んでしまった場合は、何度も手術をしながら数年係で治療をすることになり、お仕事や家事などと共に治療を続けていくことに忍耐力も必要です。

歯周外科処置はいきなり行うものではなく、「歯周初期治療」を必ず行います。

歯周初期治療は、歯磨き指導と歯石除去です。お口の中から歯周病の原因菌の除去をします。通常は、歯周初期治療で5-10回程度かかります。ここで治る程度の歯周病であれば比較的治療期間も短くて済みます。

「歯周初期治療」で治らない進行した歯周病はやっかいです。外科治療の他に、かぶせ物やインプラントなど総合的な複雑な治療になります、期間も費用も掛かります。ある程度痛みや腫れなどの不快感が楽になった時点で治療を中断してしまう方が多いのが残念です。治療を中断すると歯周病は再発します。きちんと最後まで治し、その後のメインテナンスも継続してこそ、快適なお口の状態を維持できます。

日本口腔インプラント学会

こんにちは。

堺市 深井 のMiho歯科医院です。

秋との2019年9月20,21,22の3日間、福岡国際会議場にて行われた「日本口腔インプラント学会」の第49回学術大会に参加してきました。

台風が九州地方に迫っており、ハラハラしながらの参加でした。

インプラント治療のメリットは、「自分の歯のようによく噛める」ことです。

よく噛めることは全身の健康につながり、「健康寿命」をさらに「伸ばす」ことができます。

また、見た目を気にせず生活できます。会話を楽しむことができます。

「生活の豊かさ」につながる治療です。

会場では多くの先輩方、知人の先生、また業者さんにもお会いしました。

展示ブースでいろいろな材料を実際に手に取って見ながら新しい情報を知ったり、

ポスター発表で最新の研究についての知識を得たりしました。

 

シンポジウムでは、超高齢社会でのインプラント治療の役割といったことや、

口腔機能低下症を招かないためにその診断に必要な検査についてなどが取り上げられていました。

インプラント上部構造としての「ジルコニア(人工ダイヤの材料です)」の変遷の歴史と、現在のトレンドなども学びました。

 

当院では、インプラント学会のガイドラインに沿って、

患者様によりメリットの高いインプラント治療を提供していきたいと思っております。

 

体内に入れて使うものですから、安全性が第一です。

長期間にわたって良好な機能を果たすようなデザイン・設計が大切です。

自らの知識と技術向上のための努力を惜しまず、

患者様により良い医療を提供していきたいと思います。

帰りは台風が迫ってきたため、

予定より早めの新幹線で帰ってきました!!

 

 

博多では美味しいラーメンを食べてきました!!

どのお店も美味しかったです〜

 

 

 

お口のケアグッズ、6月の人気ランキング

こんばんは!

堺市中区、深井駅前の歯医者「Miho歯科医院」です。

6月も終わりまして、2019年の上半期が過ぎましたね。

医院で販売しているお口のケアグッズで6月に人気があったものを発表します!

 

第1位 MI paste

水溶性カルシウムCPP-ACPとミネラルの「リン」を含み、初期虫歯を埋めてくれるペーストです。

女性はお顔にパックをして水分や栄養を補給しますよね。

こちらは歯のパックで、失われたミネラルを補給してくれます。

効果的な使い方は、フッ素入り歯磨き粉で磨いた後、少なめのお水でお口をゆすぎ、MI ペーストを塗ってうがいや飲食を30分控えます。

お口の中がツルツルしますよ!

ガムの「リカルデント」にも配合されている成分です。

 

期間限定フレーバーのクリームソーダ味も人気です。

完売間近なのでお早めにお求め下さいね。

 

第2位

メディカルロイテリ菌タブレット

こちらはお口の善玉菌を増やして虫歯や歯周病を予防する乳酸菌のタブレットです。

夜寝る前に歯磨きをして、30分ほどしてからお口に含んで噛まないようにゆっくりと溶かします。

歯磨きした直後ですと、歯磨き粉に殺菌成分が含まれているタイプのものだった場合にロイテリ菌が死んでしまうので、少し間をあけた方が良いのです。

 

一箱で1ヶ月分となっております。

ご愛顧いただいている患者様からは、

「朝起きた時のお口のネバつきがなくなった」

「口の中がスッキリした」

という感想を頂いており、殆どの方がリピートしておられます。

一時期当院内にて完売してしまい欠品しており、お買い求めの方にはご迷惑をおかけしました。

虫歯、歯周病は細菌が原因で起こる病気ですので、もうすでにできてしまった穴を塞ぐことや、グラグラし始めた歯の対応に追われるのではなく、そもそものお口の細菌のバランス(口内フローラ)を改善してあげることが、本当の意味での治療です。

 

第3位 歯ブラシ「グッペリ」

歯周病ケアに特化した歯ブラシが6月は一番人気がありました。

こちらのブラシは特殊加工された毛が歯垢を効率よく掻き取り、優しく歯茎をケアしてくれます。

歯磨きの時に血が出るという方にはこちらがイチオシです。

歯科専売品は専門家が吟味したものばかり。

流通ルートが限られていますので

歯科医院でしか販売できません。

 

通院はされなくともケアグッズだけ定期的に買いに来られる方もおられます。

歯ブラシ、歯磨き粉、歯間ブラシ、デンタルフロスなど、スーパーやドラッグストアで販売されているものよりも品質が高いですので、一度その使い心地を味わうと市販のものは使えなくなりますね。

 

お口のトラブルで悩む前に、歯科医院の専売ケアグッズでお口の健康を是非見直してみて下さいね。

 

 

 

オーラルフレイルの予防について

皆様、こんばんは。

先日、6/23に大阪市内にて、

当院勤務の歯科衛生士の田河が講師を務めるセミナーが開催され、

多くの歯科衛生士が受講に訪れて下さいました。

テーマは「オーラルフレイル」です。

最近はテレビ等メディアにて「フレイル」=虚弱 という言葉を耳にする事も増えてきたかと思います。

 

 

私達歯科医師の仕事の重要な役割として「オーラルフレイルを予防する」ということが挙げられると思います。

「噛む」機能の低下により食生活に偏りが生じ、栄養が十分に摂取できないことが、全身の健康状態を悪くしてしまいます。

日本老年医学会にてこの問題は取り上げられてきております。

 

「なんでも美味しく食べられる」ことは人生を豊かなものとし、食生活を楽しく充実した時間としてくれます。

 

今は食べるものが溢れかえる飽食の時代ですから、例えば歯を何本か失ったり大きく穴が開いてうまく噛まなような状況にあっても、「食べられる物」を「探して」食べれば、取り敢えずは空腹だけは避けられてしまいます。

しかしながら、日本においては特に「寝たきり」「要介護」が問題とされておりますが、「空腹を満たす」だけで「しっかりと咀嚼して栄養を食物から摂取しやすい状態」での食事が十分に行われないと、「健康寿命」の延伸は難しいでしょう。

平均寿命と健康寿命の差は、女性では特に12年程度は開きがあると言われております。

なんら制限されることなく、人生を謳歌する時間が長くなることこそが、真の健康と言えるのではないかと思います。

日曜にも関わらずこのように多くの歯科衛生士が受講され、医院でそれぞれオーラルフレイルの予防に取り組んでいただけたらと思います。

 

セミナーは大好評でして、追加講演の開催が決定しております。

 

この後、大阪でも8/18に再度開催される予定となっております。

 

当院でも「咀嚼機能検査」は実施しております。

お口の状況により、保険適用されるケースと、保険適用外で自由診療のメニューとして行っているものとあります。

検査内容は、保険のものと自由診療のものでは異なります。

詳しくはお問い合わせください。

口腔ガンの診断

メディアで、タレントの堀ちえみさんの口腔ガンのニュースが流れました。

堀さんが現在闘病中の「舌癌」は、お口にできるガンのうちもっとも割合が多いものです。

私自身もこれまで、「口内炎が治らないので診て欲しい」と受診された患者様で何名か舌癌を疑う方がおられて、大学病院をご紹介した経験もあります。

今回、堀ちえみさんがご自身のブログに綴っておられるのは、ガン切除とともにご自身の皮膚を用いた再建治療と、頸部リンパ節郭清術と思われます。

私がこれまでにガンの疑いで大学病院をご紹介させていただいた方も、同様の手術ののちに元気になられ、

その後は定期的に歯のクリーニングにお越しになられています。

堀ちえみさんも、手術が無事に成功してお元気になられるといいですね。

 

私たち歯科医師は、虫歯や歯周病といったありふれた病気だけでなく、

口腔ガンのようなそう頻度が高くない病気についても、その鑑別方法を学んでおります。

 

舌ガンの他に、例えば「入れ歯を作りたい」と言われた女性の方で、

歯茎を診察すると「歯肉ガン」を疑う所見があり、総合病院をご紹介させていただいたケースもあります。

 

紹介先の総合病院にて、やはり、歯肉ガンであることが確定診断され、しっかりとした手術を受けられたそうです。

その方は、歯肉ガンの治療ののちにまた当院を受診され、改めて義歯を作らせていただきました。

ガンの場合は転移を起こしますので悪性腫瘍の分類に入りますが、

転移を起こさない良性腫瘍もお口に発生することがあります。

 

お口の中にも良性腫瘍、悪性腫瘍が発生する可能性はありますので、

何か気になることがありましたら、

どうぞ勇気を出して早めに歯科を受診されることをお勧めいたします。

 

一般の歯科診療所では腫瘍に対する直接の処置は難しい場合でも、

きちんと専門の医療機関をご紹介する事ができますので、

進行してしまう前に受診していただくことが大切かなと思います。