子供の虫歯予防:健康な笑顔を守るために

こんにちは。堺市中区深井駅前のMiho歯科医院の院長の前原です。

今日は子供の虫歯予防についてのブログを書きます

私たちの最大の願いの一つは、子供たちが健康で幸せな生活を送ることです。その中でも、子供の口腔健康は特に重要です。特に、子供の虫歯予防は、幼少期からの健康な習慣を育む上で欠かせません。

虫歯の原因と予防策

虫歯は、口内の細菌が糖分を分解し、酸を生成することで歯を徐々に溶かす病気です。子供の虫歯予防の鍵は、このプロセスを阻止することにあります。

  1. 正しい歯磨き習慣:子供が小さいうちから正しい歯磨きの方法を教え、毎日の習慣にすることが重要です。フッ素入りの歯磨き粉を使用し、少なくとも一日二回、朝と夜に歯を磨くようにしましょう。
  2. バランスの取れた食事:砂糖や炭水化物が多い食事は虫歯のリスクを高めます。野菜や果物、タンパク質を豊富に含むバランスの良い食事を心がけましょう。
  3. 定期的な歯科検診:子供の歯の健康を維持するためには、定期的な歯科検診が不可欠です。歯科医師は初期の虫歯を発見し、適切な治療を行うことができます。

虫歯予防のための日常生活の工夫

子供の虫歯予防は、日常生活の中での小さな工夫から始まります。

  • 水分補給は水で:ジュースや炭酸飲料は糖分が多く、虫歯の原因になります。水分補給は清潔な水を使いましょう。
  • おやつの選び方:おやつは、糖分が少なく、歯にくっつきにくいものを選びましょう。例えば、チーズやナッツは良い選択肢です。
  • 歯磨きゲームを利用する:子供が歯磨きを楽しむように、歯磨きタイマーやアプリを利用してみましょう。

子供の虫歯予防は、健康な成長のために非常に重要です。正しい歯磨き習慣の確立、バランスの取れた食事、定期的な歯科検診を心がけることで、子供の口腔健康を守りましょう。親としてできる最善のケアを提供し、子供たちが一生涯にわたって健康な笑顔を保つ手助けをしましょう。



子供の虫歯予防における賢いおやつの選び方

子供たちにとっておやつの時間は、日々の小さな楽しみの一つです。しかし、虫歯予防の観点からは、おやつの選び方に特に注意が必要です。以下に、子供の健康を守りつつ、彼らが楽しめるおやつの選び方をご紹介します。

1. 糖分の少ないおやつを選ぶ

糖分が多いおやつは、虫歯のリスクを高めます。特に、粘着性のあるお菓子や長時間口の中に残るスナックは避けるべきです。代わりに、自然な甘みを持つフルーツや、糖分が少ないヨーグルト、全粒粉のクラッカーなどが良い選択肢です。

2. 歯にくっつきにくいスナックを選ぶ

歯にくっつきやすいスナックは虫歯の原因になります。チーズやナッツのように、歯にくっつきにくい食品を選びましょう。これらは唾液の分泌を促し、口内環境を改善する効果もあります。

3. 健康的な手作りスナックを試す

市販のスナックには保存料や添加物が含まれていることが多いです。可能であれば、自宅で健康的なスナックを手作りするのが最善です。例えば、フルーツを使った自家製ポップシクルや、野菜スティック、全粒粉を使ったミニマフィンなどがおすすめです。

4. 食後のおやつを心がける

食事の後におやつを与えることで、食事中に分泌された唾液が口内を洗浄し、虫歯のリスクを減らすことができます。また、食後におやつを食べる習慣をつけることで、一日の食事のリズムも整えることができます。

5. 飲み物にも注意を

おやつと一緒に提供される飲み物にも注意が必要です。砂糖が多いジュースやソーダは避け、清潔な水や無糖のお茶を選びましょう。

まとめ

子供の虫歯予防には、おやつの選び方が大きく影響します。糖分の少ない、歯にくっつきにくい、自然な食材を使ったスナックを選ぶことで、子供たちの口腔健康を守りながら、彼らのおやつ時間を楽しいものにすることができます。親として、子供たちの健康な食生活をサポートすることが、虫歯予防の第一歩です。

顎が痛い時はどうするの?

こんにちは。堺市中区、深井駅前のMiho歯科医院、院長の前原です。

顎関節症についてのコラムです。

・「音がする」

口を開けた時に「ジャリジャリ」「ゴリッ」など、「音がする」というのは顎関節症の典型的な症状です。一番軽度なタイプなので、あまり心配し過ぎる必要はありません。特別な治療が必要でないことも多いです。治療が必要かどうかは、歯科医院で診察を受けると良いでしょう。「音がする」というときは、顎をリラックスさせ、悪い姿勢など生活習慣を見直しましょう。最近はスマホがすっかり普及して、お子さんからご高齢に方まで空いた時間はスマホでちょっと息抜きや情報収集ということが増えています。長時間のスマホ操作は顎関節症に繋がりますのでご注意を。

・「痛みがある」

「口を開けたり噛みしめると痛みがある」または、「今までは音がするだけだったのが痛むようになってきた」という時は、早めに歯科を受診して歯科医師の診断を受けましょう。歯科で痛みの原因が顎関節内部にあるのか、関節を覆う筋肉にあるのか診断を受け、必要な指導や治療を受けます。重要なことは、痛みが出るような顎の動きはしないということです。硬いものを食べたり、大きな口を開けてカラオケを歌うなどは、顎関節に負担がかかります。まずは安静にして様子をみます。必要に応じて鎮痛剤を処方したり、顎の負担を減らすマウスピースを作成することもあります。

・「口が開かない」

「大きく口を開けられない」「今までは音がするだけだったのが口が開かなくなった」という時は、できるだけ早めに歯科を受診してください。顎関節の内部に問題が起きています。顎関節では、上顎骨と下顎骨の間に「関節円板」という組織があります。この組織がクッションのように働くお陰でスムーズに顎の開閉が可能になります。ここがうまく機能せず顎の動きが妨げられると口が開かなくなります。歯科においては関節円板の動きを改善するマニピュレーションをおこなったり、それが難しい場合は開口訓練を行ったりします。

以上のように、顎関節症は患者さんご自身で生活習慣を改善していくことと、歯医者さんと相談して治療を進めていくことがあります。

顎関節症は他因子疾患と言われ、様々な要因が絡み合って発症するものです。生活習慣で猫背や悪い姿勢で巻き肩になっているなど、日常生活の関与も大きく、その症状の改善には時間がかかるものでもあります。夕食に糖質が多いものを食べて寝ると、夜間に血糖値が下がり、下がった血糖値をあげようとアドレナリンが出て交感神経優位となり、夜間の歯ぎしりが起きると言われています。夜間の歯ぎしりで筋肉に負担がかかると顎の痛みに繋がります。糖質過多の生活も顎関節症の観点からは良くないのです。

お口も老化する?

「口腔機能低下症」という言葉を聞かれたことはありますか?
お口の機能が低下すると・・・

・むせる

・食べ物をこぼす

・飲む込みにくい

・滑舌が悪くなる

・噛めない食品が増えてくる

こういった自覚症状が現れてきます。

年齢とともに衰えていくお顔の筋肉。

筋力の衰えは機能低下を招き、お口の機能低下は身体の機能低下へと繋がります。

噛めなくなってしまうと食事が偏ってしまい、身体の健康に必要な栄養素がとれなくなってしまいます。

身体が元気でなくなると活動が減り、引きこもりがちになって社会的に孤立してしまうこともあります。

身体が弱ることで転倒リスクが上がり、転んだ方をきっかけに寝たきりになってしまうケースもあります。

寝たきり予防にお口の機能を健康に保つことが有効です。

では、口の機能が健康かどうかはどうやって判定するのでしょうか?

「口腔機能低下症」の判定には以下の7つの項目あります。

1.舌苔付着度:舌についている白い苔状のものは、皮膚では垢にあたるようなものです。細菌や食べカス、口の粘膜の剥がれたもののかたまりで、口の機能が低下すると分厚くなります。9分割してどのくらい溜まっているか評価します。

2.口腔乾燥度:ムーカスという機器で測定する方法と、ガーゼを口に入れて出てくる唾液を吸わせ、ガーゼの重量がいくら増えたかを計測する方法とあります。

3.咬合力:バイトフォースアナライザーという機器を使ってデンタルプレスケールⅡで測定する方法と、残っている歯の本数を評価する方法があります。

4.舌口唇運動機能評価:パ タ カ の各音を5秒間で何回発音できるか計測します。

5.舌圧:舌圧計で舌の筋力を計測します。

6.咀嚼機能評価:専用のグミゼリーを咀嚼してその状態を評価します。どのくらい細かくなったか大きさを評価する方法と、グミゼリーから溶け出した糖分を機器で測定する方法があります。

7.嚥下機能評価:嚥下機能をアンケートにより評価します。

これらの項目で3項目以上に低下が見られる場合が口腔機能低下症と言われます。

もし、口腔機能低下が見られた場合には、機能を改善するトレーニングがあり、

それらに積極的に取り組んでいくことで改善することができます。

口から美味しく食事を食べられることは、身体を維持するための栄養摂取にとても大切なことです。

普段から食事ではよく噛んで食べることと、噛み応えのあるものも避けずに食べるようにして、口の筋肉が衰えないようにしていきましょう。

一口で30回咀嚼すると、食物も細かく粉砕されて胃腸にも優しくなります。

また咀嚼するときに唾液と混ぜ合わせることで唾液中の消化酵素が混ざり、消化がよくなります。

お米は噛むほど甘くなるといいますよね。

唾液中に消化酵素のアミラーゼが含まれるためです。

むせたりこぼしたりなど気になる症状がある場合は早めに歯医者さんにご相談にくださいね。

セレックによるワンデートリートメント

こんにちは。

Miho歯科医院の院長の前原です。

当院に「セレック」システムを導入して約半年ほど経ちました。

今日はセレック治療について、そのメリットなどとともにまとめていますので、

どうぞ最後までお読みくださいね。

こちらはセレックシステムでセラミックインレーを設計しているところです。

セレックは約40年ほどの歴史があり、

虫歯の治療としては長持ちする予後の良い治療システムです。

口腔内スキャナーと呼ばれるコンパクトなカメラでお口の中をカラーで撮影し、

最先端の3D画像を用いてコンピューターで詰め物の設計をデザインして、

ミリングマシーンと呼ばれる加工機によりその場でセラミックのブロックから詰め物を短時間で削ります。

詰め物は大きさにより5〜10分程度で削り終わります。

ワンデートリートメント

セレックの最大のメリットは、最短で虫歯治療の当日にセラミックの詰め物がお口の中に装着できる、ということです。

それにより、

通院、麻酔をする回数が1回で済みます。

次回装着の場合は仮歯を装着しますが、

仮歯の間に歯が汚染されたり割れたりするリスクがありません。

また、大抵は型取りから1〜2週間の間は仮歯で過ごさねばなりませんが、

当日に詰め物や被せ物が入るということは大幅に治療の期間も短縮でき、

仮歯の不便な生活をしなくて済みます。

仮歯は最終の歯と違って取れたりしみたりする可能性がありますから、どうしても食事の内容に制限ができたりと気を遣って過ごさねばなりませんよね。

人と会うのに仮歯では会いにくいので約束を先延ばしにしたということもあるでしょう。

歯科的に最も重要なことは、

削ってその日につけることで、削った歯が汚染されないので

接着剤がしっかりとその性能を発揮してくれ、強固にしっかりと装着することができるということです。

研究論文によるとワンデートリートメントのセラミックは9割が30年の耐久性があるとのことです。

一般には保険治療での虫歯治療のサイクルは約5年スパンである、と言われています。

初発で虫歯が発生した場合には、小さい虫歯のうちでしたら大抵はコンポジットレジンと呼ばれる樹脂(プラスチック)の詰め物をします。

レジンは平均使用年数が5.2年です。

レジンは特殊な光を当てて口の中で固めますが、その際に重合収縮といって95〜97%くらいに小さく縮んでしまいます。

そのため、レジンの詰め物は詰めた後でヒビ割れたら剥がれたらして、しばらくすると虫歯になります。

体積が関係するので大きな詰め物ほど危険性が高いでしょう。

また再度虫歯になると次はインレーと呼ばれる金属の詰め物になります。

銀歯ですね。

銀歯にするためには便宜的に歯を削る必要があります。

詰め物の厚みを確保したり、外れにくい形に整えたり、型取りしやすい形にするなどで、

だいたい1回で2〜3mmの歯質を失います。

銀歯は平均使用年数が5.4年です。

保険で使用するセメントは接着力が弱くて経年的に劣化して溶け出していったり、

銀歯が噛む力で少しずつ変形して隙間ができたり、

また口の中にはアイスクリームのような冷たいものやスープやお味噌汁、ラーメンなどの熱いものが入り、温度変化が5℃〜50℃と言われますから、それにより変形が起こります。

こうして、噛む力と温度変化により詰め物と自分の歯に隙間ができ、

そこに細菌が繁殖して虫歯になっていきます。

詰め物を作り替えて、もう一度少し大きな銀歯になり、また再度虫歯になって…と5年サイクルで再治療を繰り返していると、そのうち歯の神経に達してしまって「抜髄」という神経を抜く治療が必要になります。

神経を抜くためにはさらにら大きく歯を削ることになります。

神経の管が見えるように整えて、消毒の器具が届くように神経の入り口を広げたりと、さらに歯は小さく弱くなっていきます。

そして神経を抜いたあとはクラウンと呼ばれる被せ物になります。

被せ物にした場合の平均使用年数は7.1年です。

被せた縁に虫歯ができたり、根っこが折れたりして抜歯になってしまいます。

つまり、

初発の虫歯→レジン治療→5.2年後インレー→5.4年後クラウン→7.1年後抜歯

最初の虫歯から約18年後には抜歯になっていきます。

20歳の時に虫歯治療をしたら38歳でその歯は抜歯になる計算ですね。

抜歯をしてブリッジにした場合どうでしょうか?

3ユニットブリッジ(3本の連続したブリッジ)の10年生存率は3割です。

つまり7割ダメになります。

38歳でブリッジにした場合は48歳でダメになって、次は部分入れ歯となります。

このように5年サイクルで再発して歯を削る治療をしていたら、

徐々に自分の歯は失われて入れ歯に近づいてしまっています。

そこで、セレックワンデートリートメントを考えてみましょう。

20歳でできた虫歯をレジン治療をしていて、

25歳でまた虫歯になってインレーにするとします。

この時に銀歯ではなくセラミックの治療をしていれば、セレックで30年もたせることができれば55歳までセレックインレーのまま過ごせますね。

55歳で再治療をした場合には、次は30年また使ったとして85歳でやりかえになります。

セラミックの場合は噛み癖などにより欠けるリスクもありますが、銀歯を5年サイクルでやりかえていくよりも、セレックなら20年、30年サイクルでやり方を考えることができ、

身体にとっては非常に優しい治療と言えると思います。

セレックのメリット

・隙間から新しい虫歯にならない

・歯の亀裂防止になる

・保険治療より健康な歯を削らずに済む場合もある

・神経への刺激が少ない

・その日のうちに接着すると歯の感染を防止できるので、虫歯が非常に再発しにくい

・その日のうちに接着すると接着剤のつきが良いため長持ちする

・通院回数や麻酔の回数が減る

セレック治療後の写真

ここには、元はプラスチックの詰め物が入っていました。

一度削って外して(古いプラスチックの詰め物はその下に虫歯があることが多いのです)、綺麗にした上で、深い部分は再度プラスチックで整えます。

その後に歯の形を整えてセラミックの詰め物を作るのに適した形にします。

神経がある歯ですと、麻酔をして痛くないようにして削ります。

その後に3Dのスキャナーでお口の中のカラー写真を撮影します。

撮影したデータから詰め物をデザインします。

デザインができると、そのデータを元にセラミックのブロックを機械で削ります。

セラミックには色合いが色々とありますので、

それぞれの方の歯の色に合わせたブロックを選んで使用します。

ブロックの硬さも種類がありますので、歯ぎしりがある人や噛み合わせがきついと判断されるケースでは、より硬いブロックを使用します。

通常はご自身の天然歯の硬さと近い硬さの物を使用しますので、人工的に自分の歯のエナメル質をセラミックで作るようなイメージですね。

機械でセラミックの詰め物や被せ物を削る所要時間は、5〜10分程度です。

削り終わったものを磨いて仕上げをしたらお口に装着していきます。

専用のセメントを用います。

接着処理もしっかり行って装着しますので、

基本的にはそうそう外れることはありません。

噛み合わせは微調整して合わせます。

セレックのセミナーに行って来ました

先日、4月23日(日)はセレック治療のクオリティを高めるため、

大阪市内にて行われたセミナーに参加して来ました。

講師の先生は東京銀座のカザマデンタルクリニックの風間龍之輔先生です。

様々な症例を学んだり、

実際に模型を使ったデモンストレーションを見ることができました。

歯科のセミナーの参加者は男性の先生が多いですが、今回のセレックのセミナーは2/3くらいが女性のドクターでしたね。

最後に、こちらはセレックのブロックの見本です。

様々なブロックがありますね。

メーカーさんのショールームが会場でしたので、

展示されているものも色々と見ることができ、

セレック以外にも治療用のチェアやCT、

またセレックミリングマシーンの別の機種なども見ることができて良かったです。

Miho歯科医院

院長

前原美保

歯周病の治療方法について

こんにちは。

深井駅前 Miho歯科医院 院長の前原です。

歯を失う原因で最も多いものは歯周病です。成人の80%以上が歯周病にかかっていると言われております。生活習慣病の1つでもある歯周病ですが、全身に悪影響を引き起こす恐ろしい病気です。

歯周病は進行を食い止め、炎症をおさえ、健康な状態に戻すことが可能な病気です。
健康な状態に戻すためには、歯科医院での歯周基本治療とセルフケアを行う必要があります。
今回は歯周病の治し方について解説します。

●歯周病治療では何をする?

歯周病治療の方法は進行度によって変わってきますが、お口の中から歯周病菌を減らすことが重要になります。

ブラッシング指導のほか、専門機器を使って歯垢(プラーク)を除去する「デブライドメント」や、歯石を除去するスケーリングなどの治療をおこないます。

●歯周基本治療について

・ブラッシング指導

歯周病を治すには、口腔内のプラークを取り除くことが最重要です。

そのための基本になるのがブラッシングです。患者様ご自身が、毎日のブラッシングでプラークをしっかり取り除けるようにならないと歯周病は改善しません。

毎日のブラッシングをより効果的なものにするため、正しいブラッシングを習得できるまで指導します。

・歯石除去(デブライドメント・スケーリング)

歯周病になると歯茎の周囲や歯茎の中に歯垢や歯石が沈着しています。これらを綺麗に除去するのは自分では出来ませんので、歯科医院で徹底的に綺麗にしましょう。

歯科医院では専用の機器を用いて、歯根面からプラークを除去するデブライドメント、歯根面に付着した歯石を取り除くスケーリングを行います。

歯周病の炎症が無くなり、歯茎がきれいになったらそれで終わりではありません。定期的に歯科医院を受診し、正しい歯磨きができているかをチェックしてもらい、歯石除去や歯面清掃もしてもらいましょう。

●歯周病治療は回数が必要

一度進行してしまった歯周病は、歯の表面だけでなく、歯周ポケットの中まで汚れ(細菌)が溜まっています。
ある程度進行している歯周病であれば、全体の歯周ポケットの中の汚れを除去する必要があり、麻酔が必要になる場合があります。

一度で全ての歯を麻酔し、歯科医院での治療を行うことは身体的負担や長い治療時間の確保を考えると難しいため、何回か通院する必要があるのです。

●大事なのはプラークコントロール

歯科医院でいくら綺麗に汚れを除去しても、ご自宅でのセルフケアがうまくいっていなければ、歯科医院に通院している時間とお金が無駄になってしまいます!
歯石はプラークが付着して2日ほどで完成すると言われているので、2日経てば元に戻ってしまいます。そのためご自宅での正しいセルフケアによる”プラークコントロール”が重要になってきます。

歯周病治療で最も大切な正しいプラークコントロール方法を身につけ、いつまでも自分の歯で食事ができるようにケアをしていきましょう!

歯周病でお悩みの方は、お気軽にMiho歯科医院へご相談下さい。