セラミック治療について

こんにちは。
深井駅前 Miho歯科医院です。

今回はセラミック治療について簡単にお話しします。

▼最近よく聞くセラミック治療とは?
皆さんは「セラミック治療」をご存知ですか?近年、多くの歯科医院でも取り扱われるセラミック治療ですが、その治療方法を知らない方も多いと思います。
今回は、セラミック治療とはどのようなものなのか、簡単に説明し、少しでも皆さんに知って頂けたらと思います。

▼歯のセラミック治療の特徴
セラミック治療とは、亀裂のある歯や、欠けた歯などの被せ物、詰め物に「丈夫で美しく歯との親和性の高い」セラミックという素材を使用した歯科治療のことです。 透明感があるセラミックには、特徴として歯の色を調節しやすい点があります。精巧なものであれば本物の歯と見間違えてしまうほど。なので、口を開けたときに目立つ部分の前歯の治療にはセラミック治療がおすすめです。

▼セラミックの素材とは?
そもそも、セラミックって何?聞いたことあるけどー?って方も多いかと思います。実は、セラミックとは“陶器”なんです!なぜセラミックを使うかというと天然歯と近い色合いを再現できるからなんです。セラミック治療をした歯は、人工歯と見分けがつかない仕上がりになります。まだあまりイメージできてない方多いとも追いますので皆さんの身近なものでセラミックを使っているものですとセラミック包丁も同じ素材です。セラミックはとても劣化しにくい素材で、できてます。スペースシャトルの外壁、更には人工関節などにも使われている親和性に優れた素材なんです。
また、歯の治療に使う利点として変色や着色が起こりにくいため将来的に再治療のリスクが大幅に抑えることもできます!

▼従来の治療方法と何が違のか?
従来の治療で使われていたのが“銀歯”と呼ばれる金属で形成された補綴物が主流でした。銀歯ですと口元から銀歯が見えてしまったり、銀歯がもつ金属イオンが口の中に流失、金属アレルギーを引き起こす可能性も否定できず、補綴歯科においても課題となっていました。
しかし、セラミックは天然歯に近く天然歯と見分けがつかないので「口元から銀歯が見えるのが嫌!」などといったコンプレックスとなる“銀歯”のデメリットをカバーできます。

▼セラミック治療のメリットとデメリット
次に、セラミック治療のメリットとデメリットについて簡単にご紹介します。

((メリット))

1.経年劣化しにくい
汚れが付着しにくいので年数が経っても変色しにくい

2.審美性に優れてる
見た目が美しく透明感がある
より自分の歯に近い仕上がりに

3.金属アレルギーの心配が少ない
金属を使用してないため、金属アレルギーの方でも使用可能に!

((デメリット))

1.他の歯への負担が多い
セラミックは天然歯よりも、硬く丈夫なため噛み合わせる歯が場合によっては割れたりすることがあります。

2.高度な技術が必要
セラミック治療を行なう場合には、豊富な経験や、スキルを持った歯科医院を選ぶようにしましょう。

3.保険適用外
セラミック治療は保険適用外の為、全額自己負担になします。治療の前に必ず金額の確認をしましょう。

↓↓↓セラミック治療をおすすめな方はこちら↓↓↓

◎金属アレルギーが気になる方
メリットでもあげましたが、金属を使わないので金属アレルギーの方でも安心です。

◎長く維持したい方
今まで銀歯の場合には、目に見えない銀歯と歯の間にミクロ単位の隙間ができ、二次虫歯リスクが上がってました。一方、セラミックは天然の歯と隙間をつくることなく装着できるので二次虫歯を防ぐことが可能となり、銀歯より長く維持することが可能!

◎審美性を優先する方
セラミックは茶渋やタバコ、食品の色素などが沈着することが少なく変色(黄ばみ)しにくく審美性を保つことができ、また、従来の銀歯のようにお口を開けた時口元から銀歯が見えることもありません。

ここ最近では、セラミックは矯正やホワイトニングと併用される方も増えています!

今回は、ざっくりとセラミック治療についてお話しさせて頂きましたが、治療までの流れや、料金、その他気になることございましたらお気軽にお尋ねください! 

高強度ガラスセラミック e.maxとは

こんばんは。

堺市中区 深井駅前のMiho歯科医院 院長の前原です。

現在、審美歯科治療で人気の「e.max」について、解説したいと思います。

どうぞ最後までお付き合い下さい。

前歯6本をe-max で治療した症例です。

古くなった被せものを外して作り変える際にかみ合わせも整えました。

前歯の印象がガラリと変わりました。

セラミックは自分の歯のような透明感や艶があるので、

特にこのようにパッと見て目が行く部分に使用することで

その良さを実感できると思います。

e-maxはエンプレスマックスの意味を持つシステムで、

ニケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分にしたセラミックの種類です。

ガラスで出来ているので非常に透明感があり、色調がとても綺麗です。

強度も日常生活には十分あります。

デメリットは自費治療であること、

歯を削る量が金属を使った治療よりも多くなること

歯ぎしり・噛み締めで割れるリスクがあること

などです。

自然な色調は多くの方に喜ばれています。

<症例の解説>

上の前歯6本をセラミックで被せました。

治療期間:約1ヶ月

リスク、副作用:しみる事がある、痛みが出ることがある。人によっては削ることにより歯の神経を取る必要がある、麻酔をした部分のむくみや内出血を生じることがある

費用:総額858,000円 プラス処置費用(保険負担分)

セラミックは周りに発生する虫歯(二次う蝕)が少なく、

汚れ(プラーク)がつきにくいので歯茎が腫れたりしにくいのが長所です。

入れたあとで10年、20年と良好に保っている方も多いです。

保険適用の被せもので金属の「銀歯」と呼ばれるものは4−5年で虫歯が再度発生してくると言われます。

何度も削るとそのうち抜歯になってしまいます。

将来の抜歯を避けるためにセラミック治療を選択することはご自身の歯を保つためにもおすすめできる治療です。

マイクロスコープのおかげで…

1?2月のキャンペーンですが…

限定20名様のこの企画が、あと12名となりました。
笑った時に治療した銀歯が見えると思うと、ついつい口元を隠してしまうとか、
大きくお口を開けて笑えない
そう言うお悩みをよく聞きます。
写真を撮る時に銀歯が写るのが気になるという方も。
保険の金属(金銀パラジウム合金)は、お口の中で酸化して錆びていき、
身体に入って金属アレルギーの原因となります。

お口に入れるものだからこそ、安全なものがいいですよね
今後、ここまでお値引きができる企画が行えるかどうかはわかりませんので、最初で最後のキャンペーンかも知れません。
例えば、このような金属の詰め物。
セラミックに変えると、治療したと気付かれにくい自然な仕上がりです
少し違う角度のお写真です。
溝の部分も立体的に仕上がっていますねo(^_^)o
このようにリアルな仕上がりができるのは、
この拡大鏡と、
こちらのマイクロスコープのおかげです
肉眼では見えないレベルまで拡大して治療をすることで、より精密な治療が行えます。
例えば、セラミックを接着させているセメントの取り残しが歯茎を圧迫すると、
人工歯石を付けたようなものですから、歯周病を引き起こしてしまったりします
セラミック治療をご検討されている方は、この機会にマイクロスコープを備えた堺市 深井のMiho歯科医院でぜひどうぞ。

歯のくすみ、気になりませんか?

今日は、歯のクリーニングについてお話しします。
 歯科医院で行う歯のクリーニングを「PMTC」と言います。
機械を使って歯の表面をツルツルに磨き上げ、
虫歯や歯周病の治療と予防に効果があります。 
普通に歯磨きを毎日していても、
歯と歯茎の境目や、歯と歯も間には磨き残しができてきます。
また、 コーヒー、紅茶、赤ワインなどのステインが付着して、
歯の色がくすんできたりします。
これらを徹底的にお掃除するのが「PMTC」なのです。

pmtc03
 










お口の病気の代表的なものは虫歯と歯周病。
どちらも細菌による感染症です。
歯にベタベタくっつくプラーク(歯垢)はまさにこの細菌の塊。
これを破壊して取り除くことは、歯科の治療と予防には欠かせない大事な処置です。

どんなに綺麗にかぶせり詰めたり治療をしても、
歯垢が残って細菌がウヨウヨしている状態では、
しばらくするとまた治療した周りが悪くなって再治療!(><)
これではいつまで経っても虫歯や歯周病が治りません。

自分の歯を大切にしていこうと思うなら、
痛くなったとき、悪くなったときのみ治療するのではなく、
お口の細菌を減らして悪くなりにくい環境に整えることが必要です。

プロが徹底的に磨き上げることで、
歯がツルツルして 本来の爽快感を味わうことができます。
着色汚れも除去するので、歯のくすみを除去することができます。

また、お掃除してからフッ素を塗りますので、
フッ素がより浸透して虫歯予防効果を発揮します。
初期虫歯のある方には「MIペースト」の塗布も行っています。
また、エナメル質のケアが必要な方には「リナメル」という、
「ハイドロキシアパタイト」の結晶入りの仕上げペーストを使用しますので、
歯のミクロの傷を埋めて白さがアップしたり汚れがつきにくくなります。

お口の細菌を減らして、白くすっきりした歯で過ごしませんか?

審美歯科症例をご紹介します。

今日は、私が過去に治療をした治療症例をご紹介いたします。

CIMG0965 前歯を綺麗にしたいという患者様です。
過去に受けた虫歯治療のプラスチックの材料が変色しているのと、「テトラサイクリン」という抗生物質の薬剤による歯自体の変色の両方が問題となっていました。

また、右上の前から2番目の歯(側切歯といいます)の大きさが小さく(矮小歯)、バランスがよくありませんでした。

CIMG0967右側はこのような感じで、前から2番目の歯が小さいですね。
矮小歯(わいしょうし)と言います。

CIMG0968左の歯は右ほどではありませんが、
若干幅が細いです。

 
この患者様には、デュアルホワイトニング
(歯科医院でのホワイトニングと家でのホワイトニング)を行って、
元々の歯の色を明るくした後、
変色・劣化を起こさないセラミックのクラウン
(E-MAXクラウン)にて被せる方法で全体を治療いたしました。

術後のお写真です。

CIMG1111このように、前歯の色調・形態の不揃いが解消され、見た目も美しくなり、凸凹がないため歯磨きもしやすくなりました。

CIMG1116右側面はこのように見えます。
あまり削りたくないとのご希望でしたので、
右上2番目の歯だけは「ラミネートベニア」という方法でほとんど歯を削らずに治療しています。
セラミックの薄い板状のものを貼るようなイメージ、付け爪の感じ・・・といえば想像しやすいでしょうか?!

CIMG1117 左上の2番目の歯は、ホワイトニングで色調の改善のみ行い、削らずにバランスをとるようにしました。

また、ホワイトニングは前から5番目の歯まで行って、見える範囲を白くしています。 

ホワイトニングを約1ヵ月行ったことで、
治療期間がその分だけ長くなりましたが、
結果としてはより白くて綺麗に治療を終えることができました!Miho歯科医院公式サイト