歯のクリーニングは何をしているのか?

こんにちは。堺市中区の歯医者 Miho歯科医院です。

大きな口を開けて笑ったり食事をしたりするときに、歯が汚れているとコンプレックスになり、思わず口を手で隠してしまうことがあるでしょう。

キレイな口元は、顔全体の印象をグッと明るくします。

歯のクリーニングは、キレイな口元を目指すだけでなく、虫歯や歯周病予防につながります!

歯科医院でできる歯のクリーニングですが、具体的にどんなことをしているのかわからないという方は少なくないでしょう。そこでこの記事では、当院が大切に考えている予防歯科のことや、歯のクリーニングの内容について詳しくご紹介します。

■当院が大切にしている予防歯科とは?

「虫歯を頑張って治したのに、しばらくするとまた虫歯ができてしまう…」こんなお悩みを抱えている方も少なくありません。

虫歯の治療で最も大切なのは、治療が終わった健康的な状態を維持するために、定期的にケアを受けることです。

虫歯だけではなく歯周病も再発しやすい病気なので、治療後の定期的なケアが欠かせません。

当院では、虫歯や歯周病を予防するための予防歯科や定期検診に力を入れています。患者様個人の状態に合わせて、3ヶ月~6ヶ月ごとに定期検診を行っております。

■当院のクリーニングの内容について

当院では、患者様の口腔内の状態に合わせて、歯周病検査、プラークチェック、TBI、スケーリング、PMTC、フッ素塗布、口腔内写真、動揺度チェックを行っております。

ちなみに、クリーニングの基本的な時間は45分です。

■歯周病検査とは

当院のクリーニングでは、歯周病検査を行います。

歯周病は、歯垢(プラーク)という歯に付着する細菌の固まりによって引き起こされます。歯垢によって歯茎に炎症が起こると、歯と歯茎の境目の溝が深くなり、歯周ポケットができてしまいます。

このポケットの中にまで歯垢の細菌が入り込むと、歯茎の深い部分にまで炎症が広がります。

やがて炎症は歯を支えている歯槽骨などの組織に近づき、骨が吸収されます。そして、症状の進行と共に歯がぐらつき、最終的には抜けてしまうのです。

そんな歯周病を防ぐために、歯周病検査では歯と歯茎の間の歯周ポケットの溝の深さを測定します。

■プラークチェックとは

歯垢(プラーク)とは、歯の表面に見られる付着物のことです。この歯垢は、虫歯や歯周病の原因となる細菌の固まりなのです。

プラークチェックでは、歯垢が溜まっていないかお口全体を細かくチェックします。

また、歯を染め出して、歯垢が付着している部分を確認します。この作業によって、普段の歯磨きで清掃が不足している部分がはっきりわかります。

■TBIとは

TBIは、歯科医院での歯磨き指導のことを指します。毎日しっかり歯磨きを行っているつもりでも、虫歯や歯周病になってしまうのは、実は磨き残しがある可能性が高いです。

そのため、歯科医院で適切な歯磨き指導を行います。

歯磨きのブラッシングは、歯垢の減少に有効です。ブラッシングによって、細菌の固まりである歯垢の付着を防ぐことができるのです。

歯垢の毒素は、歯茎の腫れの原因となるので、歯垢の量を減らせば、歯茎の腫れも治まります。

また、歯に付着した歯垢を放置していると、歯周ポケットがどんどん深くなります。歯周ポケットが深くなると、歯垢が溜まりやすくなり、さらに歯周ポケットが深くなっていくのです。

この悪循環を止めるためには、歯磨きでのブラッシングなどのプラークコントロールが必須です。

虫歯や歯周病予防の基本は、毎日の歯磨きです。それも、正しいブラッシング方法を身につけ、毎日必ず実践することが求められます。

毎日朝晩歯磨きしても、それが自己流のものだと磨き残しも多くなるでしょう。

その結果、歯垢や歯石などがどんどん蓄積し、やがては虫歯や歯周病を引き起こしてしまいます。

こうならないためにも、歯科医院でのTBIを受けることが大切です。

■スケーリングとは

スケーリングは、歯に付着している歯垢や歯石を専用の器具で取り除くことです。一度歯石をスケーリングで除去しても、3ヶ月程度経過すると、また細菌が住みつくと研究で言われているので、定期的に歯のクリーニングを行うことが大切です。

歯石は、唾液によって作られるわけではありません。歯垢の中にいる細菌によって歯石が作られます。つまり、歯垢がなければ歯石は形成されないのです。

歯石は、歯垢の中の細菌が歯とくっつき、その細菌が2週間程度で死んで石灰化します。石灰化した細菌同士がくっつき、歯石の芯になります。

その芯に再び別の細菌が付着し、歯石は徐々に大きくなっていきます。

歯垢だけでなく、歯石を作らせないためには、歯のクリーニングに合わせて、ブラッシングなどによるプラークコントロールが必要です。

■PMTCとは

PMTCとは、「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略でお口全体のクリーニングを指します。

柔らかいゴムでできたカップなどを歯に当てて、回転させることによって歯の汚れを隅々まで取り除きます。クリーニングの最中に痛みを伴うことはありません。

PMTCの器具は歯のクリーニング専用に作られた特殊な道具なので、クリーニング後は、歯がツルツルになり、爽快感や快適さを感じていただけるでしょう。

PMTCは、虫歯予防効果があり、新しい虫歯の発生を抑えることができます。また、PMTCを受け続けた人とそうでない人では、6年間で1.4㎜の歯肉の変化が見られます。

さらに、PMTCを受けると歯肉炎の予防にもつながるのです。

口の中には虫歯菌や歯周病菌など、目に見えないようなさまざまな細菌が潜んでいます。特に、歯の表面にはバイオフィルムと呼ばれる細菌の膜があります。このバイオフィルムをPMTCで取り除くことで、虫歯や歯周病を防ぐのです。

■フッ素塗布とは

日本の虫歯予防では、これまで歯磨きと定期検診、甘味制限の3つが強調されていました。しかし、これらは科学的根拠に乏しいと指摘されています。それに対して、フッ素の適正な応用は、虫歯予防に有益であることが科学的にも、統計的にも実証されているのです。

フッ素塗布では、家庭用の歯磨き粉に配合されているフッ素よりも高濃度のフッ素を塗布していきます。フッ素によって歯質が強くなると共に、虫歯菌の活動を抑える効果があるのです。

フッ素は「一度塗ったら数ヶ月は虫歯にならない」というものではありませんが、継続的に塗布することで虫歯の予防効果があります。

気を付けることは、フッ素を塗った後30分間は食べたり飲んだりしないということです。フッ素塗布は無料で出来ますので安心してください。

また、自宅でもフッ素が配合された洗口液などでうがいをすることも効果的です。

■動揺度チェックとは

健康的な歯は動きませんが、歯周病などの進行に伴い、歯は動揺が生じます。その動揺度を調べることによって、歯周病などの進行具合がわかるのです。

この動揺度チェックは、前歯の場合ピンセットで歯を挟んで動かします。臼歯の場合は、ピンセットを閉じて咬合面において動かしていきます。この際の力の強さと歯の動き具合によって、動揺度を測定するのです。

■クリーニングに通う頻度とは?

歯のクリーニングは定期的に通う必要があります。

通院の頻度は、3ヶ月~6ヶ月に一度を目安にしましょう。

歯科医院で歯のクリーニングを行うと、虫歯菌や歯周病菌が少なくなりますが、ゼロになるわけではありません。再び虫歯菌や歯周病菌などが増殖してしまう場合もあるので注意が必要です。

普段の歯磨きでは落としきれない歯垢や歯石を落とすためには、そのまま放置せずに、定期的に歯科医院でクリーニングを受けましょう。

■クリーニング後の注意点とは?

では、歯のクリーニングをした後の注意点は何かあるのでしょうか。

最後に、歯のクリーニング後の注意点を見ていきましょう。

・色のついた飲食物を避ける必要がある

歯のクリーニング後は、歯の表面のペリクルというたんぱく質の膜が失われています。このペリクルは、外部の刺激から歯を守る役割を持っているので、歯のクリーニング後は着色しやすい状態となります。

そのため、クリーニング後は色のついた飲食物を避けましょう。特に、カレーやコーヒー、お茶などは色が付きやすいので注意が必要です。

・食事はクリーニング後1時間経ってから

歯のクリーニング後は、1時間経ってから食事をするようにしましょう。

歯に色がつきやすいだけでなく、ペリクルが剥がれていることから、歯が敏感になっているので、刺激を受ける可能性があるのです。

・セルフケアを続けよう

定期的に歯のクリーニングを受けているからと言って、普段のケアを怠って良いわけではありません。歯科医院での歯のクリーニングは、毎日のセルフケアでは落としきれない汚れを落とすことが目的です。

そのため、虫歯や歯周病を防ぐには、普段の歯磨きに加えて、デンタルフロスや歯間ブラシなどによる丁寧なケアが必要です。

■まとめ

歯科医院での歯のクリーニングは、虫歯や歯周病のリスクを抑えます。

クリーニングを行うことによって、口内が清潔になり、口腔内の虫歯菌や歯周病菌を減らすことができるのです。

当院では、こちらの記事でご紹介したように歯周病検査、プラークチェック、TBI、スケーリング、PMTC、フッ素塗布、口腔内写真、動揺度チェックを行っております。

当院の歯のクリーニングは、1回30分~45分程度で、料金は3,000円前後です。虫歯治療をした場合は、内容に応じて料金がかかります。

定期的に歯科医院でのクリーニングを行うことが、虫歯や歯周病予防につながります。

しっかり歯磨きしているつもりでも白い歯にならない方や、きちんと磨いていても虫歯になってしまうという方は、歯のクリーニングがおすすめです。

健康的でキレイな歯をいつまでも保ちたいという方は、ぜひ、定期的にクリーニングを受けてくださいね!

高強度ガラスセラミック e.maxとは

こんばんは。

堺市中区 深井駅前のMiho歯科医院 院長の前原です。

現在、審美歯科治療で人気の「e.max」について、解説したいと思います。

どうぞ最後までお付き合い下さい。

前歯6本をe-max で治療した症例です。

古くなった被せものを外して作り変える際にかみ合わせも整えました。

前歯の印象がガラリと変わりました。

セラミックは自分の歯のような透明感や艶があるので、

特にこのようにパッと見て目が行く部分に使用することで

その良さを実感できると思います。

e-maxはエンプレスマックスの意味を持つシステムで、

ニケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分にしたセラミックの種類です。

ガラスで出来ているので非常に透明感があり、色調がとても綺麗です。

強度も日常生活には十分あります。

デメリットは自費治療であること、

歯を削る量が金属を使った治療よりも多くなること

歯ぎしり・噛み締めで割れるリスクがあること

などです。

自然な色調は多くの方に喜ばれています。

<症例の解説>

上の前歯6本をセラミックで被せました。

治療期間:約1ヶ月

リスク、副作用:しみる事がある、痛みが出ることがある。人によっては削ることにより歯の神経を取る必要がある、麻酔をした部分のむくみや内出血を生じることがある

費用:総額858,000円 プラス処置費用(保険負担分)

セラミックは周りに発生する虫歯(二次う蝕)が少なく、

汚れ(プラーク)がつきにくいので歯茎が腫れたりしにくいのが長所です。

入れたあとで10年、20年と良好に保っている方も多いです。

保険適用の被せもので金属の「銀歯」と呼ばれるものは4−5年で虫歯が再度発生してくると言われます。

何度も削るとそのうち抜歯になってしまいます。

将来の抜歯を避けるためにセラミック治療を選択することはご自身の歯を保つためにもおすすめできる治療です。

唾液による虫歯予防の作用について

唾液には、お口の中を湿らせる以外にもたくさんの作用があることをご存知でしょうか?

とくに虫歯や歯周病を予防する作用に関しては重要なので、十分に理解しておくことが大切です。

ここではそんな唾液が持つ力をわかりやすく解説します。

▼自浄作用

唾液には「自浄作用(じじょうさよう)」という、お口の中をきれいにする作用が期待できます。

食事をしたあと私たちのお口の中には、食べかすなどが残ってしまいます。

これが歯の表面で歯垢や歯石を形成して、虫歯や歯周病を引き起こすのです。

けれども、唾液が正常に分泌されていれば、自然と洗い流されていくので、歯垢の形成も抑えられるのです。

▼殺菌作用・抗菌作用

唾液には、殺菌作用や抗菌作用といった細菌の働きを抑える成分が含まれています。

これらの成分は文字通り細菌を殺したり、繁殖しにくくしたりするので、自ずと虫歯菌や歯周病菌も減少していきます。

▼再石灰化作用

歯は常に脱灰と再石灰化を繰り返しています。このバランスが崩れ、脱灰ばかり起こってしまうと、歯はいよいよ溶けていきます。

虫歯菌はそこを狙って歯をどんどん溶かしていきます。

ただ、唾液には歯の再石灰化作用があるので、食事や虫歯菌が産生した酸で脱灰されても、それを元に戻すことができます。

これもまた唾液による虫歯予防効果のひとつといえます。

▼緩衝作用

私たちのお口の中は、基本的に中性付近に保たれています。

これが酸性の方に傾いてしまうと歯が溶け始めます。

食事をしたときには口腔内が酸性に傾くので、唾液の分泌量が十分でないと虫歯になりやすくなります。

唾液が正常に分泌されていれば、唾液による緩衝作用が働くので、pHも中性付近に戻されます。

そうすることで歯が溶けにくい環境を整えることが可能となります。

▼粘膜の保護・修復作用

唾液には、口腔粘膜を保護したり、修復したりする作用も期待できます。

硬い食べ物なのによって歯茎が傷つくと、そこで細菌感染が起こって口内炎などを発症します。

唾液は、そうした傷が生じないようあらかじめ保護する作用があります。

また、傷ついた粘膜を治癒させる作用も期待できるのです。

▼まとめ

このように、唾液には虫歯や歯周病を予防するさまざまな作用が期待できます。

唾液の分泌は唾液腺マッサージを行ったり、食事の際によく噛んだりすることで、増やすことができますので日ごろから意識して生活しましょう。

虫歯の治療法

虫歯は自然に治ることのない病気ですので、「歯を削る」という処置が必要になります。

ただ、虫歯の治療法というのは、そうした歯の切削だけではありません。

年齢や症状に応じてさまざまな治療法が選択肢として挙げられます。

今回はそんな虫歯の治療法についてわかりやすく解説します。

▼初期の虫歯の治療法

発生して間もない虫歯は、削る必要がありません。

歯の表面が白く濁っているだけなので、再石灰化を促すことでその進行を止めることができます。

具体的には歯科医院で「フッ素塗布」を行うことで、歯の再石灰化が促進されます。

初期の虫歯は「表層下脱灰(ひょうそうかだっかい)」という現象が起こることで、白く濁っています。

それをフッ素で修復できれば、虫歯も進行も止まります。

もちろん、虫歯になりかけるということは、普段の歯磨きが十分ではないので、正しい歯磨きの方法を身に付けることも必要です。

▼一般的な虫歯治療

一般的な虫歯は、もうすでに歯が溶けてしまっているので、フッ素を塗布するだけでは治すことができません。

虫歯菌に侵されている部分を削り、コンポジットレジンなどを詰めます。

失った歯質の量が多ければ多いほど、修復物も大きなものとなります。インレーやクラウンなどが代表的な修復物です。

▼薬剤を用いた虫歯治療

最近では、「歯を削らない虫歯治療」を行う歯医者さんが増えてきました。

これは虫歯菌を薬剤によって殺す治療法です。

適応できる範囲がとても狭く、結果的に歯の切削も行わなければならないケースが多いですが、治療法の選択肢として知っておいても良いかもしれません。

ただし、薬剤を用いた虫歯治療を行っている歯科医院はほんの一部に限られています。

当然、保険も適用されません。

▼虫歯の進行を止める治療法

小さなお子さまは、虫歯治療に非協力的なことがあります。

歯医者さんが怖くて、どうしても歯を削らせてくれないケースは意外に多いものです。

そういった場合は「サホライド」と呼ばれる薬剤を用いて、虫歯の進行を止めることがあります。

サホライドを用いると、歯が黒く着色されるだけではなく、虫歯を完治させることは不可能なので、いずれ抜け落ちる乳歯のみが対象となります。

▼まとめ

このように、虫歯治療にはいろいろな方法がありますので、ケースに応じて最適なものを選ぶことが大切です。

虫歯治療だからといって必ず削らなければならないわけではないので、施術に伴う痛みや不快感が不安な方は、お気軽に当院までご相談ください。

虫歯を予防するには

虫歯は、一度かかると自然には治らない病気です。

しかも、失った歯質は元に戻りません。それだけに、虫歯は予防するのが一番といえます。

今回はそんな虫歯を予防する方法についてわかりやすく解説します。

▼正しい歯磨きを身に付ける

虫歯予防の基本は「歯磨き」です。それも正しいブラッシング法を身に付け、毎日実践することが求められます。

いくら毎日朝晩しっかり歯磨きしていても、それが自己流だと磨き残しも多くなります。すると、歯垢や歯石などが徐々に蓄積し、やがては虫歯を引き起こしてしまうのです。

そこで有用なのが歯科医院で受ける「ブラッシング指導」です。

歯磨きの専門家である歯科医衛生士から自分にとって最適といえる歯磨きの方法を学びましょう。

▼フッ素を活用する

虫歯予防にフッ素が効果的であるのは科学的にも証明されています。

フッ素入りの歯磨き粉を使用し、歯を強くしていきましょう。

定期的に歯医者さんでの「フッ素塗布」を受けることで、虫歯予防効果はさらに高まります。

その他、フッ素が配合された洗口液を用いてうがいをすることも効果的です。

▼甘いものを控える

基本的に甘いものは、虫歯菌のエサになるとお考えください。

お菓子やスイーツに含まれる砂糖(スクロース)はその代表ですね。

また、ご飯やパン、パスタなども甘みを感じるかと思いますが、これらも糖質の一種であるグルコースなどで構成されていますので、虫歯菌の活動が活発化します。

とはいえ、主食であるご飯やパンを全く摂らないのは、健康上よくありませんので、摂取量をコントロールすることが大切です。

砂糖が多く含まれるおやつは、代用糖で作られたものを選ぶことで、虫歯のリスクを抑えることができます。

▼唾液の分泌を促す

唾液には、抗菌作用や殺菌作用、自浄作用などが期待できます。

これらはいずれも虫歯菌の活動を抑える方向に働くことから、虫歯予防に貢献します。

そんな唾液は、加齢や病気によって低下することがありますので、お口が渇きがちな人は、積極的に唾液の分泌を促すよう努力しましょう。

具体的には、唾液腺のマッサージを行ったり、日ごろからガムを噛んだりすることで、唾液の分泌が促進されます。

▼まとめ

このように、虫歯を予防するためには、生活習慣から改善する必要があります。

上述したような方法を実践することで、虫歯のリスクを大きく減らすことができますよ。