新型コロナウイルス感染症対策について|堺市中区の歯医者|Miho歯科医院

新型コロナウイルス感染症が猛威を奮っています。

当院で実施しているコロナ対策について、ご紹介いたします。

・不特定多数が触る可能性がある待合室での雑誌・一部インテリアの撤去

・待合室にアルコール消毒薬を設置

・診察室への入室・退室時のアルコール消毒の実施

・患者様個別に滅菌処理された器具を使用

・可能なかぎり使い捨て(ディスポーザブル)な製品の使用:コップ、エプロン、グローブ等

・診察ユニット周辺を患者様が入れ替わるごとに消毒

・診察室入り口のドアの取手、トイレやカウンセリングルーム、待合室の椅子や受付カウンターの定期的なアルコール消毒

・入り口を開放しての換気

・キャッシュレス決済(PayPay)の導入:紙幣を触らなくて済む

・空気清浄機にて室内の空気を浄化

・タービン、超音波スケーラー、コントラアングルなど各種ハンドピースの使用後個別滅菌

・切削粉などの飛沫を吸い込む口腔外バキュームの積極的な使用

・スタッフのマスク・グローブ・防護ゴーグル着用

・診察前後での手洗い、うがい

・標準予防策(スタンダードプリコーション)の実施:全ての人が何かの感染源を有しているという仮定のもとで行動する

当院では「第二種滅菌技師」の資格を所有する歯科衛生士も勤務しており、コロナウイルスに対抗するのにも十分な消毒滅菌の感染対策システムを構築しております。

安心してお越しください。

入り口でアルコール消毒を実施

また、ご本人様や同居のご家族で以下のような場合は受診をお控えいただいております。

・37.5℃以上の発熱がある

・咳、鼻水、倦怠感など風邪症状がある

・味や匂いがわからない

・2週間以内に海外へ渡航した

・過去2週間以内に、海外に渡航歴のある方と濃厚接触歴がある

「帰国者・接触者相談センター」はすべての都道府県で設置しています。
詳しくは以下のURLからご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

オーラルフレイルの予防について

皆様、こんばんは。

先日、6/23に大阪市内にて、

当院勤務の歯科衛生士の田河が講師を務めるセミナーが開催され、

多くの歯科衛生士が受講に訪れて下さいました。

テーマは「オーラルフレイル」です。

最近はテレビ等メディアにて「フレイル」=虚弱 という言葉を耳にする事も増えてきたかと思います。

 

 

私達歯科医師の仕事の重要な役割として「オーラルフレイルを予防する」ということが挙げられると思います。

「噛む」機能の低下により食生活に偏りが生じ、栄養が十分に摂取できないことが、全身の健康状態を悪くしてしまいます。

日本老年医学会にてこの問題は取り上げられてきております。

 

「なんでも美味しく食べられる」ことは人生を豊かなものとし、食生活を楽しく充実した時間としてくれます。

 

今は食べるものが溢れかえる飽食の時代ですから、例えば歯を何本か失ったり大きく穴が開いてうまく噛まなような状況にあっても、「食べられる物」を「探して」食べれば、取り敢えずは空腹だけは避けられてしまいます。

しかしながら、日本においては特に「寝たきり」「要介護」が問題とされておりますが、「空腹を満たす」だけで「しっかりと咀嚼して栄養を食物から摂取しやすい状態」での食事が十分に行われないと、「健康寿命」の延伸は難しいでしょう。

平均寿命と健康寿命の差は、女性では特に12年程度は開きがあると言われております。

なんら制限されることなく、人生を謳歌する時間が長くなることこそが、真の健康と言えるのではないかと思います。

日曜にも関わらずこのように多くの歯科衛生士が受講され、医院でそれぞれオーラルフレイルの予防に取り組んでいただけたらと思います。

 

セミナーは大好評でして、追加講演の開催が決定しております。

 

この後、大阪でも8/18に再度開催される予定となっております。

 

当院でも「咀嚼機能検査」は実施しております。

お口の状況により、保険適用されるケースと、保険適用外で自由診療のメニューとして行っているものとあります。

検査内容は、保険のものと自由診療のものでは異なります。

詳しくはお問い合わせください。

Miho歯科医院の部分入れ歯について

 

こんばんは!

堺市中区、深井駅前のMiho歯科医院では、自由診療での部分入れ歯に力を入れています。

 

入れ歯は、歯を抜いた後に装着します。

歯を失った「欠損」は、2億6千8百万通りのパターンがあり、

その方その方でお口の環境も違うので、入れ歯治療は実は一筋縄ではいかないとても難しいものなのです。

保険治療で入れ歯を作ることもできますが、このように入れ歯治療が実は難しいことを考えると、

本当に心から満足いくものを作る事は非常に困難なのです。

 

歯を一本や二本失っても困らないし死ぬわけじゃないからこのままでいいやと安易に考えがちですが、

「欠損」は放置すると進行していく病気ですので、

抜いたら抜けたりした後をそのまますると、

ドミノ倒しのようにお口の中がどんどん崩壊していくと言う本当に恐ろしいものです。

 

入れ歯を装着することによって、失った歯を取り戻して、失われた咀嚼機能を回復するとともに、

お口の健康を維持して欠損がこれ以上拡大しないようにお口の環境を守り、今後さらなる病気が起こらないように予防することにつながります。

Miho歯科医院では、歯型を取らせていただいてお口の模型を作り、それを使ってどんな入れ歯が適しているのかをシミュレーションして治療法を決定していきます。

それには数々の工程があるため、治療費用や治療期間がかかりますが、保険治療でできる安易で簡単な入れ歯よりもより確実に咀嚼機能を取り戻すことができます。

 

気になる治療期間や治療費用ですが、最初に書きましたように歯の欠損には、2億6800万通りの種類があるためその方その方によって大きく異なってきます。

 

じっくりといれば治療に取り組むことで、美味しく食事をし、会話を楽しみ人生を豊かにしていくことができるため、最近では他府県からご紹介で患者様が来ていただくこともあります。

 

本日は、大阪市内で行われた入れ歯の勉強会に参加してきました。

より良い治療が出来るようにこれからも精進していきたいと思っております。

 

保険を使わない自由診療での入れ歯治療にご興味がある方は、ブログを見たとお問い合わせくださいね。

 

お電話をお待ちしております。

ホームページからネット予約もできますので、お気軽にご利用くださいね。

国際歯科大会とワールドデンタルショー

10/5,6,7と横浜にて「国際歯科大会」と「ワールドデンタルショー」が行われています。

4年に一度、海外からも演者の先生方が登壇し、国内の著名なDr.とも合わせて多くの講演が行われます。

そちらと合わせて「ワールドデンタルショー」という歯科の見本市というべき展示会が行われており、『プレミアムプラス』社さんのブースにて、当院でも月3日診療してくださっている歯科衛生士の田河が「PMTCプチセミナー」をしております(╹◡╹)

色とりどりの可愛らしいブースですね(o^^o)

 

ブースの位置が出口に近いようですので、少し奥のほうになるのでしょうか〜〜。

こちらがセミナーで紹介している商品です。

ゴムのカップで、こちらにペーストを付けて回転式の器具にて歯の表面を磨いていきます。

ゴムのカップを使うことで、歯に傷をつけずに汚れだけを除去していくんですよ。

PMTC:Professional Mechanical Tooth Cleaning とは、

専門家による器械的器具を用いた歯面清掃です。

スウェーデンの歯科医師ペール・アクセルソンが提唱した予防歯科医療の施術のことで、当院でも歯のメンテナンスにて行っております。

歯肉より奥の1 – 3mmまでに存在するプラークを機械的に操作するインスツルメントとフッ化物含有ペーストを用いて除去します。

深い歯肉縁下プラークバイオフィルムも除去する場合は、広義のPMTCと表現されますが、日常の歯磨きでは取り切れない歯石や外来着色物(ステイン)、バイオフィルムを除去します。

主に歯周病の予防・メンテナンスとして行われ、齲蝕予防法である高濃度フッ素塗布などの前処置としても行います。

田河によるプチセミナーは、連日の午前と午後の1回ずつ、計6回。とても好評のようです〜〜( ^ω^ )

実際のPMTCの施術を受けたい場合は、まずは当院に事前予約のお電話を下さいませ〜〜。

ワールドデンタルショーで人気のPMTCを是非体験してみて下さいね。

お電話は、

072-270-4618

ご予約の際は、歯のクリーニングをして欲しい、blogを読んだとお伝えの上、担当衛生士で田河をご指名下さい。毎日出勤しているわけではないので、お日にちを決めてご予約を取らせていただきますね!