歯科精密治療について

Miho歯科医院での治療方針の一つに、精密な治療を行えるように治療環境の整備をしているということがあります。

1枚目の写真、こちらは治療で使用している「拡大鏡(ルーペ)」です。

拡大鏡

これを装着することで、とても明るいライトがついていますので、暗いお口の中が非常に明るくなり、お口の変化、詰め物の隙間や歯垢の付着状況、歯石など非常に細かい部分まで観察できます。

こちらの拡大鏡は、拡大倍率が2.5 倍、4.5倍です。これらを使用して行う治療は、細かい作業が正確にできるため、治療後の良い状態を長く維持させることができます。余計な傷をつけたりすることもなく治療中の痛みを軽減することもできます。

デメリットとしては、ライトの電源ケーブルがやや邪魔になること、ルーペの種類によっては重さがあるので、鼻のあたりが圧迫されることがあります。これらは術者側のことですので、患者様には無関係な部分です。患者様へのデメリットとすれば、細かい作業で治療時間が長引きやすいといったところでしょうか?

特定の部分しか視界に入らないため、患者様のお顔の表情などは見えません。診療補助についているスタッフが治療中の患者様の体調などの変化には気を配る必要があります。

裸眼よりも精密に治せるツールの力を借りて、皆様の歯をより長持ちさせられる治療を行なっています。

さて、1月23日、当院で勤務している歯科衛生士の田河が東京でマイクロスコープ(顕微鏡)を使用した歯科治療のベーシックコースを受講してきました。

マイクロスコープは使いこなすのが非常に難しいため専門的なトレーニングが必要です。

こちらのセミナーでは、日本顕微鏡歯科学会の認定歯科衛生士の林先生が講師で、このようにしっかりと指導をしてくださいました。右上のモニターに模擬患者さんのお口が大きく写っていますね。マイクロスコープの場合は、このモニター画面を録画して患者様に見ていただくことも可能です。

当院の田河も日常は拡大鏡を使用しております。今回のセミナーを通し、マイクロスコープの活用に向けて、模型やデモ患者さんのお口で実際に使用するトレーニングを行いました。講師の林先生から実際のミラーの角度の指導を受けています。

顕微鏡歯科治療は、ほとんどの作業が左手のミラーごしとなるため、ミラーの選定や扱い方がとても重要となります。



こちらは顕微鏡を用いて「スケーラー」という歯石除去のための器具を研いでいる場面です。器具のお手入れにも利用できます。

マイクロスコープでは対物レンズと接眼レンズの組み合わせで、ルーペよりも一層大きく拡大して観察することができます。非常に明るい LEDのライトを備えておりますので、歯の細かい亀裂なども観察できます。

お口の中は暗くて見えにくいので、ルーペ、マイクロスコープを適宜使用することで、MI治療(最小限の侵襲で最大限の効果を引き出す治療)を実現できます。

オーラルフレイルの予防について

皆様、こんばんは。

先日、6/23に大阪市内にて、

当院勤務の歯科衛生士の田河が講師を務めるセミナーが開催され、

多くの歯科衛生士が受講に訪れて下さいました。

テーマは「オーラルフレイル」です。

最近はテレビ等メディアにて「フレイル」=虚弱 という言葉を耳にする事も増えてきたかと思います。

 

 

私達歯科医師の仕事の重要な役割として「オーラルフレイルを予防する」ということが挙げられると思います。

「噛む」機能の低下により食生活に偏りが生じ、栄養が十分に摂取できないことが、全身の健康状態を悪くしてしまいます。

日本老年医学会にてこの問題は取り上げられてきております。

 

「なんでも美味しく食べられる」ことは人生を豊かなものとし、食生活を楽しく充実した時間としてくれます。

 

今は食べるものが溢れかえる飽食の時代ですから、例えば歯を何本か失ったり大きく穴が開いてうまく噛まなような状況にあっても、「食べられる物」を「探して」食べれば、取り敢えずは空腹だけは避けられてしまいます。

しかしながら、日本においては特に「寝たきり」「要介護」が問題とされておりますが、「空腹を満たす」だけで「しっかりと咀嚼して栄養を食物から摂取しやすい状態」での食事が十分に行われないと、「健康寿命」の延伸は難しいでしょう。

平均寿命と健康寿命の差は、女性では特に12年程度は開きがあると言われております。

なんら制限されることなく、人生を謳歌する時間が長くなることこそが、真の健康と言えるのではないかと思います。

日曜にも関わらずこのように多くの歯科衛生士が受講され、医院でそれぞれオーラルフレイルの予防に取り組んでいただけたらと思います。

 

セミナーは大好評でして、追加講演の開催が決定しております。

 

この後、大阪でも8/18に再度開催される予定となっております。

 

当院でも「咀嚼機能検査」は実施しております。

お口の状況により、保険適用されるケースと、保険適用外で自由診療のメニューとして行っているものとあります。

検査内容は、保険のものと自由診療のものでは異なります。

詳しくはお問い合わせください。

Miho歯科医院の部分入れ歯について

 

こんばんは!

堺市中区、深井駅前のMiho歯科医院では、自由診療での部分入れ歯に力を入れています。

 

入れ歯は、歯を抜いた後に装着します。

歯を失った「欠損」は、2億6千8百万通りのパターンがあり、

その方その方でお口の環境も違うので、入れ歯治療は実は一筋縄ではいかないとても難しいものなのです。

保険治療で入れ歯を作ることもできますが、このように入れ歯治療が実は難しいことを考えると、

本当に心から満足いくものを作る事は非常に困難なのです。

 

歯を一本や二本失っても困らないし死ぬわけじゃないからこのままでいいやと安易に考えがちですが、

「欠損」は放置すると進行していく病気ですので、

抜いたら抜けたりした後をそのまますると、

ドミノ倒しのようにお口の中がどんどん崩壊していくと言う本当に恐ろしいものです。

 

入れ歯を装着することによって、失った歯を取り戻して、失われた咀嚼機能を回復するとともに、

お口の健康を維持して欠損がこれ以上拡大しないようにお口の環境を守り、今後さらなる病気が起こらないように予防することにつながります。

Miho歯科医院では、歯型を取らせていただいてお口の模型を作り、それを使ってどんな入れ歯が適しているのかをシミュレーションして治療法を決定していきます。

それには数々の工程があるため、治療費用や治療期間がかかりますが、保険治療でできる安易で簡単な入れ歯よりもより確実に咀嚼機能を取り戻すことができます。

 

気になる治療期間や治療費用ですが、最初に書きましたように歯の欠損には、2億6800万通りの種類があるためその方その方によって大きく異なってきます。

 

じっくりといれば治療に取り組むことで、美味しく食事をし、会話を楽しみ人生を豊かにしていくことができるため、最近では他府県からご紹介で患者様が来ていただくこともあります。

 

本日は、大阪市内で行われた入れ歯の勉強会に参加してきました。

より良い治療が出来るようにこれからも精進していきたいと思っております。

 

保険を使わない自由診療での入れ歯治療にご興味がある方は、ブログを見たとお問い合わせくださいね。

 

お電話をお待ちしております。

ホームページからネット予約もできますので、お気軽にご利用くださいね。

日本補綴歯科学会の学術大会に参加しました!

皆さん、こんにちは。

6/15の夜に大阪を出て、
16日、17日と岡山コンベンションセンターにて開催された「日本補綴歯科学会 第127回 学術大会」に参加してきました。
FullSizeRender
岡山は私の出身地です。
岡山大学は私の母校です。
日本補綴歯科学会は毎年参加しておりまして、
過去には金沢や大宮などにも足を運んできました。
今年はたまたま私の母校が主体となって岡山で開催される事となり、
ずっと楽しみにしてこの日を待っていました(^^)
IMG_2729
沢山の参加者で賑わっています。

IMG_2725
こちらはポスター発表の会場。
IMG_2728
私は補綴学の勉強会として「Shurenkai」というグループに所属して毎月勉強しています。
そちらに、岡山大学時代の同級生も所属しており、
今年はポスター発表をしておりましたので、
一緒に記念写真も撮らせてもらいました。
私はポスター発表ではなかったのですが、
一般口演発表の方で共同演者として参加しております。
見えにくいですが、私の名前も入っています。
IMG_2763

論文の発表は修練会を主宰されている中村健太郎先生が行われ、
あとに質疑応答がありました。
IMG_2772

セミナーとしては、
睡眠時無呼吸症候群への対応などについて聴講しました。
医科ときちんと連携を取りながら対応を進めていきたいと思います。
こちらはShurenkai近畿のメンバーです。
IMG_2774
毎月集まって勉強会をしています!
IMG_2780

Shurenkaiとしての今回の学会参加者は50名を超えており、開業医としてのグループでは最大となると思います。
日本補綴歯科学会は主に大学の補綴科がメインで参加しています。
大学の医局に相当するほどの規模で補綴学の勉強ができる環境に感謝です。
日々の臨床治療においても学んだことを活かして患者様に喜んでいただけるようにしたいです。