東大阪のヨリタ歯科クリニックへ見学に行ってきました☆

こんばんは(*・ω・)ノ

GWは皆様どのように過ごされましたか?
私はと言いますと、母と二人で京都を観光・・・の予定でしたが、
5/3から風邪を引いてしまい、観光どころか母の看病を受けていました
微熱程度ではあったものの、喉の奥がパンパンに腫れ上がり、
喋るのも呼吸さえも辛い状態(´Д⊂)
食べ物もうまく飲み込めず、栄養ドリンクと水分に頼って数日を過ごしましたー!
とってもしんどかったです(´;ω;`)

さて!
今日は東大阪にある ヨリタ歯科クリニックを見学してきました(o^∇^o)ノ
寄田先生は、私が卒業した岡山大学歯学部の尊敬してやまない大先輩、
そして歯科界のカリスマドクターです 

チーム医療として歯科治療を行っていく上で、
「ワクワク楽しい歯科医院」を実践して多くの成果を出されているので、
歯科界のみならず他業界からも注目を受けている方です!すごい

以前からヨリタ先生の書籍などを読んでいたので、
実際に医院に見学に行くことができて感無量でした

今日もとても多くの患者様が来院しておられ、
スタッフも輝いて仕事をしている姿を目にすることができました

3c176a65.jpg←この写真の歯のキャラクターを院内でたくさん発見

カムカムボーイ君、ガール君
(合ってますか?名前が間違っていたらすみません

歯科医院というと「行くのが嫌になる」というイメージの方も多いかと思われますが、
楽しい気分を盛り上げてくれる愛らしいマスコットボーイ&マスコットガールですね

ヨリタ歯科はビルの2階、3階と2フロアなのですが、
3階の予防・ケアの部屋はオレンジを基調とした元気が出る色使いで、
そこに居るだけで楽しい気分になります

cffb4e4f.jpg痛くないときから定期的に歯科医院に通い、
予防処置を受けることで、虫歯・歯周病といった歯科二大疾患のほとんどは防ぐことができます。

むし歯・歯周病は細菌感染症ですので、
定期的にお口の中の細菌をプロの手によりお掃除してもらうのです。

また、噛み合せの力がアンバランスだったり、
くいしばりや歯ぎしりなどの悪習癖があると、
力に負けて歯が折れるなど、歯を喪失する原因にもなります。

こうした「クセ」も専門家があなたのお口を定期的に見ていれば
早期にその兆候を発見して改善することができます。

一生自分の歯で豊かな人生を送っていただけるよう、
患者様が気持ちよく通院していただける環境を整えていきたいと思います

今日はヨリタ歯科の皆様、本当にありがとうございました

PS:大先輩の先生とのツーショットなどもBlogに載せたいと思ったのですが、
ウッカリPhoto撮影を忘れてしまいましたヽ(TдT)ノ

PS2:ランチは花園駅の近くでうどんの定食をいただきました
とってもおいしかったです(^^)v
Blog的にはランチの写真でもあるとよかったかも知れません・・・(笑)。
花園は下町でとても親しみやすい街でした☆

患者様の声を紹介します(6)

今日は、堺市堺区在住の30代 女性 からのアンケートをご紹介します。

2年以上前から虫歯予防にご兄妹で通ってくださっているおうちのお母様から。

img019「子供が嫌がった時、無理に治療を進めず、待って頂けるのは、助かります。

みなさん、やさしい方ばかりでありがたいです。」

お子さんの歯科治療は、その子に合わせて無理をせずに行っています。

できてしまった歯の治療だけでなく、

これから虫歯ができそうな状況の部位にはどんなケアをしてあげるのがいいか、

考えながら毎日の予防処置を行っています♪

—————————–

患者様の声を紹介します(5)

堺市堺区の50代女性。
当医院にて歯周病の外科治療と、欠損部分の部分入れ歯の処置を行いました。
以前、毎月1回歯のお掃除に通われていたそうですが、
歯肉の膿や腫れが改善しないと悩まれていたそうです。
歯周病が進行して深い歯周ポケットが多数あり、
歯肉剥離掻爬術などを行いました。
その結果、現在は健康な歯肉を取戻し、
今は定期検診で再発を防いでいます。

img018「歯を治して頂き大変ありがたいです。
毎日、楽しく食事をしています。」

欠損部分には今回部分入れ歯をお作りしましたので、
以前よりもしっかり噛めるようになり、
お食事もおいしく召し上がっていただいているようです(^^)

左右のどちらかでしか噛めないと気分が滅入るという研究データも出ています。

毎日の健康は美味しい食事から、ですね(^^)

歯科での自由診療について

こんにちは、院長の前原です。
昨日、東京都文京区湯島にある「ネクストデンタルクリニック」にお邪魔してきました。

1bebe6ed.jpg
 ネクストデンタルのHPはこちら













院長の櫻井先生と歯科衛生士の林さんの診療を見学させていただきました。

ab4348f5.jpgこのように、マイクロスコープを使い、
拡大視野のもとで確実な歯科治療を行っている歯科医院です。

マイクロスコープの治療を見学しました

すごく丁寧に、確実に治療を行うことができます。


とても勉強になりました



こちらはCTも導入されていて、
保険医療機関を辞退した自由診療専門の歯科医院です。


私も、歯石除去をしてもらいました(^^)
衛生士さんも拡大鏡を装着されています!
f77f4df9.jpg
歯石除去、PMTCを受けている写真です

そして、最後に・・・

MIペーストの期間限定フレーバー「チョコレート」を塗ってもらいました!
ツルツル

濃厚なチョコの味ですが、歯にミネラル(カルシウムとリン)を補給し、
再石灰化を助けて歯を硬くしてくれるのです。
チョコの味とマスカット味が期間限定で販売されています。
MIペーストは当院でも大人気の商品なので、
ご希望の方は受付で注文してくださいね!
1本1600円です。

さて、歯科治療の自由診療とはそもそも何なんでしょうか?


それは、患者様に最善の治療を行うための診療です。


医科の場合、最新の治療でも保険適用が認められているものが多くあります。
カプセル内視鏡、内視鏡手術、腹腔鏡手術、生体肝移植、脳死臓器移植、
などなど、たくさんの最先端治療が保険でも認められています。

しかし、歯科の場合はインプラント、セラミックの治療など、
新しい治療がほとんど保険で認められていません。

それどころか、何十年もずっと古い治療法しか保険では認められていなかったりします。
たとえばいわゆる「銀歯」と一般的に言われているものは、
「金銀パラジウム合金」という材料からできていますが、
この材料は歯に対する適合性や
金属アレルギーに対する安全性が疑問視されるものです。
お口に入れた金属が原因で手の平や足の裏に膿がたまる「 掌蹟膿胞症 」になることも

自由診療では、保険では認められていないが体には安全な治療を提供することができます。
保険よりもじっくり時間をとって、より確実な治療を行うことができます。
つまり、自由診療は患者様にとって「最善の治療」を選択していただくことが可能です

糖尿病と歯周病の関係

先日、6月21日(日)に行われた講演、
糖尿病と歯周病の危険な関係」を聴いてきました!

大阪府歯科保険医協会などが主催した日常診療交流会の
記念講演として行われた講演で、
演者の先生は岡山大学の歯周病態学教授の高柴正悟先生と、
関西電力病院院長の清野裕先生です。
お二人とも、それぞれ歯周病・糖尿病の分野での最先端の研究を行っておられ、今後医科と歯科が連携した治療を行っていける方向性について熱くお話いただきました!

糖尿病は世界各国で増加の一歩を辿っており、
世界の糖尿病の人口は現在2.5億、
2025年には4億に達すると推定されています。

糖尿病は様々な合併症を引き起こし、
1.網膜症
2.腎症
3.神経障害
4.大血管障害
5.骨減少症
があります。
そして、歯周病は糖尿病の第6の合併症として注目されています。
つまり、糖尿病のある方は是非歯科検診を受診していただき、
歯周病になっていないかの診断とその治療を受けていただきたいと思います。

糖尿病と歯周病は相互に影響を及ぼしあっています。
糖尿病の方は歯周病を治すと糖尿病も良くなることが明らかにされています。

歯周病治療は、歯と口の健康のみに留まらず、
全身の健康に必要なのです

当歯科医院においても、内科の先生と連絡を取り合いながら歯周病治療を進めるようにしています。