オーラルフレイルの予防について

皆様、こんばんは。

先日、6/23に大阪市内にて、

当院勤務の歯科衛生士の田河が講師を務めるセミナーが開催され、

多くの歯科衛生士が受講に訪れて下さいました。

テーマは「オーラルフレイル」です。

最近はテレビ等メディアにて「フレイル」=虚弱 という言葉を耳にする事も増えてきたかと思います。

 

 

私達歯科医師の仕事の重要な役割として「オーラルフレイルを予防する」ということが挙げられると思います。

「噛む」機能の低下により食生活に偏りが生じ、栄養が十分に摂取できないことが、全身の健康状態を悪くしてしまいます。

日本老年医学会にてこの問題は取り上げられてきております。

 

「なんでも美味しく食べられる」ことは人生を豊かなものとし、食生活を楽しく充実した時間としてくれます。

 

今は食べるものが溢れかえる飽食の時代ですから、例えば歯を何本か失ったり大きく穴が開いてうまく噛まなような状況にあっても、「食べられる物」を「探して」食べれば、取り敢えずは空腹だけは避けられてしまいます。

しかしながら、日本においては特に「寝たきり」「要介護」が問題とされておりますが、「空腹を満たす」だけで「しっかりと咀嚼して栄養を食物から摂取しやすい状態」での食事が十分に行われないと、「健康寿命」の延伸は難しいでしょう。

平均寿命と健康寿命の差は、女性では特に12年程度は開きがあると言われております。

なんら制限されることなく、人生を謳歌する時間が長くなることこそが、真の健康と言えるのではないかと思います。

日曜にも関わらずこのように多くの歯科衛生士が受講され、医院でそれぞれオーラルフレイルの予防に取り組んでいただけたらと思います。

 

セミナーは大好評でして、追加講演の開催が決定しております。

 

この後、大阪でも8/18に再度開催される予定となっております。

 

当院でも「咀嚼機能検査」は実施しております。

お口の状況により、保険適用されるケースと、保険適用外で自由診療のメニューとして行っているものとあります。

検査内容は、保険のものと自由診療のものでは異なります。

詳しくはお問い合わせください。

コラム:キシリトールについて

今回の豆知識は、♪キシリトール100%ガムについて♪

:+*゜ みんなでガムを噛んで虫歯予防しよう! ゜:+*
○●キシリトールとは?●○
多くの野菜や果実に含まれている天然の甘味料で、砂糖と同じくらいの甘さがあります。
カロリーは砂糖の4分の3なので、血糖値に影響を与えません!
キシリトールは世界中の国々で虫歯予防効果と安全性が認められていて、
日本でもキシリトールガムやタブレットが普及しています。

では、キシリトール100%のガムとはどんなものでしょうか?

キシリトール100%ガムは一般のキシリトールガムとは違い、
100%キシリトールを使用した虫歯の予防に良いと言われているガムです。
キシリトールは虫歯の原因となる酸を作りません!
さらに、キシリトールは虫歯菌の発育を抑えたり、エナメル質の再石灰化にも効果があります!
矯正装置や義歯につきにくいガムベースを使っているので現在矯正中の方や義歯をお使いの方でも安心です!

●食べる回数●
毎食後と間食後、おやすみ前に1粒を摂ることをおすすめします。
1度にたくさん摂るより、1日に何度かに分けて摂るほうが効果的です。 
●食べるタイミング●
歯垢を落としやすくするには歯磨き前が、歯質を強化するなら歯磨き後が効果的。
歯磨きの後に甘いものを摂ることに抵抗がある場合は、歯磨き前に摂っても大丈夫です。
また、唾液の分泌が減るおやすみ前に噛むことも、むし歯予防には効果的です。
●噛む時間●
キシリトールの成分はおよそ数分で流出しますが、よく噛んで、唾液をたくさん出すことも、むし歯予防に大切なこと。
ですから、ガムを噛む場合は、味がなくなってもそのまま5分~10分噛むことをおすすめします。 
●摂る時間●
キシリトールを食べると、2週間で歯垢が減りはじめ、3ヶ月ほど経つとむし歯になりにくくなるといわれています。
むし歯予防のためには、まずは毎日、続けて摂ることが大切です。
 

:+*゜ キシリトールガムを噛んで虫歯のない健康なお口を保ちましょう゜:+*

2015年もよろしくおねがいします!

1週間が早く過ぎていくなぁーと感じるこの頃・・・。

昨年はたくさんの患者様に来ていただき、ありがとうございました
 

ご家族単位でリピートして定期検診にきて下さる方が増え、

また、その方々から口コミ紹介でご来院される方も多くいらっしゃいます

定期的に診ていくからこそ、以前と比べてこの部分が良くなった・悪くなりそう・・・

など、かかりつけ歯科だからこそわかることを患者様にお伝えし、

ご家庭でのホームケアに生かしていただけるアドバイスができるように、

来年もスタッフ一同力を合わせて頑張っていきたいと思います。

今年も、皆様のお口の健康を守り、

より良質の歯科治療を提供できるよう 

院長スタッフ一同頑張ります

患者の皆様には3か月ごとの定期検診をおすすめしています。

「痛くなってから」「悪くなってから」の受診ですと、

どうしても治療自体が痛かったり長引いたり・・・

できるだけ「削らない」「抜かない」ためには、

悪くなる前の予防が第一です( -д-)ノ

Miho歯科医院では、定期的に通っていただいて、

皆様に虫歯・歯周病予防を行っていきますv( ̄∇ ̄)v

今年も皆様のご来院をお待ちしています


コラム:フッ素について

今回のコラムは、★フッ素について★です。

いまや一般的となった、フッ素を塗ることによるむし歯予防ですが、どのような効果があって、むし歯予防につながるのでしょうか?
もう一度おさらいしたい思います。

なぜフッ素を塗ると、むし歯予防になるのかを皆様に分かりやすくご説明します。

《1》
フッ素は歯を強くします。
文字通り歯のエナメル質を強化するのです。
(※特に生えたばかりの歯はフッ素を取り込みやすく、フッ素塗布は効果的です。)

《2》
フッ素は歯の再石灰化を促します。
歯が溶けはじめることによりむし歯になるというサイクルの溶けはじめの部分で溶けかけた歯を再石灰化させることで、むし歯を予防します。 

《3》
むし歯菌は糖分を取り込み、それを分解してエネルギーにします。
しかし、フッ素は糖分を分解する酵素の働きを抑制する効果を持っています。
そのため、むし歯菌は糖分を分解できずエネルギーを作り出すことができなくなります。
よって、むし歯菌の活動が弱まりむし歯を予防できます。

フッ素の恩恵を一番受けられるのは生えて2~3年までの永久歯ですが、フッ素は子供だけではなく大人にも効果があります。
虫歯予防のために、3ヵ月に一度を目安として歯科医院で塗布すると効果があります。
歯科医院のフッ素は歯磨き粉のフッ素より約10倍くらい濃い濃度です。
毎日の歯磨きで低濃度のフッ素を使うことと併用することで、
虫歯予防にとても効果があります。

乳歯の歯並びについて

永久歯が生える時期は、乳歯の場合と同様にかなり個人差があります。

1年ぐらいはバラツキがありますが心配はありません。

乳歯に重度の虫歯や外傷などがあった場合には、

永久歯が生えてくるのがしばしば遅れます。

乳歯から永久歯に生え替わる時期(5歳6か月~11,12歳ごろまで)を

「混合歯列期」といいます。

下の前歯4本が生え変わり、続いて上の前歯が生え替わる「交換期」では、

4本の永久歯が扇状に開いて並ぶ特徴的な歯列を呈することが多く、

「みにくいアヒルの子時代」とも呼ばれています。

その後、顎の骨の成長や永久犬歯の萌出などに伴い、

徐々にそれが解消されていくため、

この時期の扇状の歯並びはそれほど心配はいりません。

また、臼歯部(奥歯)は乳歯よりも永久歯の方が小さく、

交換に伴い余剰なスペースが生じるため、

このころにはかなり歯列が整ってきます。

しかし、将来問題となる歯並びや噛み合せの異常の前兆であることもあります。


永久歯に交換してからの矯正治療は、

多くは前から4番目の歯を抜歯して歯並びを改善していきますが、

前歯4本のみの時期から治療を開始すると、

取り外せる矯正装置(床矯正装置)で非抜歯で治療を行うこともできます。

すべての歯並びの異常に対応できるわけではありませんので、

歯科医と相談して治療の適応かどうかを判断してもらう必要があります。

Miho歯科医院では、同じビルの4階の「もちだ矯正歯科クリニック」と連携して矯正治療をお願いするようなシステムになっています。

ご興味のある方はお気軽にお尋ねください。