ラミネートベニアとは

ラミネートベニアとは

堺市中区 Miho歯科医院 

 歯科医師 前原美保

https://mihoshika.com

女性はいつまでも美しくありたいものですよね!

口元を美しくするための審美治療には、「ラミネートベニア」と呼ばれる方法があります。あまり一般的ではないため、詳しく知らない方も多いことでしょう。今回はそんなラミネートベニアについてわかりやすく解説します。

▼セラミック製のチップを貼り付ける治療

ラミネートベニアは、歯の色や形を改善するために行う治療法で、セラミック製の薄いチップを貼り付けるのが特徴です。歯を削る量は極めて少ないため、比較的気軽に受けられる審美治療のひとつといえます。ご自身の健康な歯にあまりダメージを与えないでキレイにすることができます。

▼ホワイトニングで白くならない歯に有効

歯の黄ばみや黒ずみを改善したいけれど、ホワイトニングではどうにもならない、というケースは少なからず存在します。そういった場合の選択肢としては、セラミック製の被せ物を装着する治療法が挙げられますが、いかんせん歯を削る量が多くなってしまいます。

そこで次に選択肢として挙げられるのがラミネートベニアです。ラミネートベニアなら、歯の表面を一層削るだけで、歯の黄ばみや黒ずみを根本から改善することが可能なのです。

削る量が少ないので施術後にしみるなどの副作用は起こりにくいですし、身体にも優しい治療ですね。

▼歯の形や大きさの修正も行える

歯の形や大きさに問題がある場合も、比較的軽度であればラミネートベニアで対応することができます。また、ちょっとした歯並びの乱れも上手に治療すれば、改善することが可能です。また、ラミネートベニアはセラミック製のチップなので、天然歯に近い色や質感、光沢なども再現できます。

矯正治療で歯並びを治そうとするとどうしても2,3年かかってしまいます。

ラミネートベニアなら、まずは歯科医師の診断を受け、歯科技工士にデザインをお願いして施術。削って型を採れば約2週間程度でセラミックの美しい歯が装着できます。

最初の診断から3週間〜1ヶ月程度もあれば、すべての施術が完了することがほとんどです。

ただし、治療を受ける歯に重度のむし歯が出来ていたり、歯茎が歯周病になっている場合は、それらの治療も必要となるので、トータルでみて治療期間はさらに1−2ヶ月程度は余裕をみておくほうが良いでしょう・

▼前歯に適応される治療法

ラミネートベニアは、基本的に前歯に適応される治療法です。というのも、ラミネートベニアは見た目を良くする治療であり、高い審美性が要求される前歯でこそ大きな力を発揮するからです。

一方、奥歯はそれほど高い審美性が要求されませんし、強い力が加わる部位なので、セラミック製の薄いチップであるラミネートベニアは適していないといえます。

とはいえ、前歯に適応する場合で「過蓋咬合(かがいこうごう)」のように、かみ合わせ深いなどの異常があると、ラミネートベニアが使えないこともあります。ですから、事前に精密な検査を受けることが大切です。

▼治療手順

視診によるむし歯検査、レントゲン検査、模型診断のための型取り、口腔内写真検査

歯科技工士によるシミュレーション、ワックスアップ

カウンセリング

治療方針説明

歯の形を整える

精密な型取り

仮歯装着

約2週間後

完成したラミネートベニアを装着

経過観察およびメンテナンス

▲症例

 50代、女性、堺市堺区在住、主婦

前歯をキレイにしたい

セラミック治療の治療前後比較写真です。
治療範囲:上の前歯6本、下の前歯5本の合計11本
費用:1,452,000 円 +むし歯治療費(保険適用)
治療期間:約3ヶ月
リスクと副作用:
✓治療後、痛みや違和感、出血、腫れ、麻痺などが出る事があります。
✓強い衝撃を与えると、ラミネートベニアが欠けたり割れたり、外れたりする事があります。
✓必ずしもご希望通りの見た目にならない事があります。
✓治療に際して、根の治療が必要になる場合があります。
✓根の治療を行った場合、腫脹や出血、痛みなどを生じる事があります。
✓被せ物をかぶせた後に根の病気が再発した場合、被せ物を外さなければならない事があります。(外した被せ物の再利用は多くの場合、出来ません)
✓麻酔を行った場合、腫れやむくみを生じる事があります。

▼まとめ

このように、ラミネートベニアは比較的簡単に前歯の色や形、大きさなどを改善できる治療法です。

ホワイトニングで歯を白くできなかった方や、歯の形や大きさを短期間で整えたいという方は、検討してみても良いかもしれません。

歯を削る量も最小限に抑えられます。

堺市中区 Miho歯科医院 

 歯科医師 前原美保

https://mihoshika.com

経過観察の虫歯があると言われたら?

虫歯というのは、一度発症すると自然には治らないものですし、細菌に感染した歯質を削らなければなりません。けれども、ケースによってはとりあえず経過観察する虫歯もあります。今回はそんな経過観察の虫歯についてわかりやすく解説します。

▼発生して間もない虫歯

発生して間もない虫歯を専門的には「初期う蝕」といいます。そんな初期の虫歯は、まだ歯の表面に穴があいておらず、白いシミだけが症状として現れます。この段階であれば、すぐに歯を削る必要はありません。なぜなら、適切な処置を施し、経過観察することで虫歯の進行が止まるかもしれないからです。

▼初期の虫歯の特徴

初期の虫歯は、「表層下脱灰(ひょうそうかだっかい)」という現象が起こっています。これは文字通り歯の表層のすぐ下で歯が少し溶けている状態で、フッ素で再石灰化を促せばその進行を止めることができます。さらに、正しい歯磨きの方法を身に付け、清潔に保つように心がけましょう。その上で経過を観察していくこととなります。

▼経過観察中もしっかりオーラルケア

経過観察と聞くと、とりあえず安静に過ごしておけば良いと考えがちですが、虫歯の場合は少し話が変わります。というのも、積極的な治療が不要ではあるものの、初期の虫歯が発生してしまっていることに変わりはないからです。つまり、虫歯菌に感染するような不潔な口腔環境になっていることを意味します。ですから、虫歯の経過観察中はそれ以前よりもしっかりとしたオーラルケアを実践することが大切です。

▼虫歯が進行すると歯を削らなければならない

経過観察中の虫歯は、かけがえのない歯質を失わずに済む段階です。けれども、歯磨きを怠ってしまったり、虫歯菌が喜ぶような食生活を送ったりすると、あっという間に進行が再開します。そうなると、いよいよ歯を削らなければ治すことが不可能になります。

そういった状況を避けるためには、初期の虫歯の段階で可能な限り抑え込むようにしましょう。そのためには、定期的に歯科を受診することが大切です。経過観察中の虫歯をチェックしてもらうだけではなく、歯磨きの仕方もプロフェッショナルから指導を受けることで、虫歯が進行しにくい口腔環境を作り上げることができます。

▼まとめ

このように、経過観察の虫歯があるといわれたら、歯医者さんの言うことをしっかり聞いてお口のケアに努めましょう。その段階であれば、まだ歯を健康な状態に保つことができます。

歯科医院での麻酔について

歯科治療ではいろいろな場面で「麻酔」を施すことがあります。最も一般的なのはむし歯治療ですね。歯ぐきに注射針を刺して麻酔液を投与するあの麻酔処置です。おそらく、苦手としている人も多いことでしょう。今回はそんな歯科医院での麻酔について、わかりやすく解説します。

▼麻酔処置が必要な理由

麻酔は痛いので、出来れば受けたくないという方もいらっしゃいますよね。腕に打つ注射であっても怖いのに、それを歯ぐきに打つなんて信じられない、と感じても仕方のないことといえます。けれども麻酔を打たなければ、もっと痛い思いをするのも確かですよね。麻酔なしでむし歯を削るとなると、それはもはや拷問に近いものとなります。ですから、歯科治療における局所麻酔というのは、メインの処置である歯の切削を快適に受けるためには、欠かすことができないのです。

▼表面麻酔で痛みを軽減

当院では、麻酔処置に伴う痛みを軽減するため、事前に表面麻酔を施しています。ジェル状の薬剤を歯ぐきに塗ることで感覚がマヒするので、麻酔注射の痛みを感じにくくなります。いわば「麻酔のための麻酔」ですね。そうしたていねいな麻酔処置を行えば、不快な思いをすることもほとんどなくなります。

▼歯科治療恐怖症の方への麻酔

歯科治療が怖くてどうしても歯医者さんに行けない、という方には、笑気麻酔や静脈内鎮静法といった麻酔が推奨されます。こういった麻酔は、局所麻酔とは異なり、鼻から吸引したり、腕の静脈から投与したりします。いずれも気持ちを落ち着かせ、リラックスした状態で歯科治療を受けられるようになります。歯科治療恐怖症でなくても、インプラントのような強い緊張を強いられるような治療では、よく用いられる麻酔法といえます。

▼麻酔処置に注意が必要なケース

過去に歯科麻酔で体調を崩された経験がある方は、事前に歯科医師へ伝えるようにしましょう。もしかしたら麻酔薬に対するアレルギーがあるかもしれません。また、高血圧症や糖尿病など、全身疾患を持たれている場合も、麻酔処置の際に注意が必要なことも多いので、あらかじめ歯科医師と相談しておくことが重要です。

▼まとめ

このように、歯科治療には麻酔処置が必要となる場面も多く、不安に感じることも多いことかと思います。ただ、歯科医師は麻酔に関してもしっかりとした知識がありますので、その点はご安心ください。麻酔で体調が変動するような全身疾患をお持ちの場合は、事前にしっかりお伝えくださるようお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症対策について|堺市中区の歯医者|Miho歯科医院

新型コロナウイルス感染症が猛威を奮っています。

当院で実施しているコロナ対策について、ご紹介いたします。

・不特定多数が触る可能性がある待合室での雑誌・一部インテリアの撤去

・待合室にアルコール消毒薬を設置

・診察室への入室・退室時のアルコール消毒の実施

・患者様個別に滅菌処理された器具を使用

・可能なかぎり使い捨て(ディスポーザブル)な製品の使用:コップ、エプロン、グローブ等

・診察ユニット周辺を患者様が入れ替わるごとに消毒

・診察室入り口のドアの取手、トイレやカウンセリングルーム、待合室の椅子や受付カウンターの定期的なアルコール消毒

・入り口を開放しての換気

・キャッシュレス決済(PayPay)の導入:紙幣を触らなくて済む

・空気清浄機にて室内の空気を浄化

・タービン、超音波スケーラー、コントラアングルなど各種ハンドピースの使用後個別滅菌

・切削粉などの飛沫を吸い込む口腔外バキュームの積極的な使用

・スタッフのマスク・グローブ・防護ゴーグル着用

・診察前後での手洗い、うがい

・標準予防策(スタンダードプリコーション)の実施:全ての人が何かの感染源を有しているという仮定のもとで行動する

当院では「第二種滅菌技師」の資格を所有する歯科衛生士も勤務しており、コロナウイルスに対抗するのにも十分な消毒滅菌の感染対策システムを構築しております。

安心してお越しください。

入り口でアルコール消毒を実施

また、ご本人様や同居のご家族で以下のような場合は受診をお控えいただいております。

・37.5℃以上の発熱がある

・咳、鼻水、倦怠感など風邪症状がある

・味や匂いがわからない

・2週間以内に海外へ渡航した

・過去2週間以内に、海外に渡航歴のある方と濃厚接触歴がある

「帰国者・接触者相談センター」はすべての都道府県で設置しています。
詳しくは以下のURLからご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

オーラルフレイルの予防について

皆様、こんばんは。

先日、6/23に大阪市内にて、

当院勤務の歯科衛生士の田河が講師を務めるセミナーが開催され、

多くの歯科衛生士が受講に訪れて下さいました。

テーマは「オーラルフレイル」です。

最近はテレビ等メディアにて「フレイル」=虚弱 という言葉を耳にする事も増えてきたかと思います。

 

 

私達歯科医師の仕事の重要な役割として「オーラルフレイルを予防する」ということが挙げられると思います。

「噛む」機能の低下により食生活に偏りが生じ、栄養が十分に摂取できないことが、全身の健康状態を悪くしてしまいます。

日本老年医学会にてこの問題は取り上げられてきております。

 

「なんでも美味しく食べられる」ことは人生を豊かなものとし、食生活を楽しく充実した時間としてくれます。

 

今は食べるものが溢れかえる飽食の時代ですから、例えば歯を何本か失ったり大きく穴が開いてうまく噛まなような状況にあっても、「食べられる物」を「探して」食べれば、取り敢えずは空腹だけは避けられてしまいます。

しかしながら、日本においては特に「寝たきり」「要介護」が問題とされておりますが、「空腹を満たす」だけで「しっかりと咀嚼して栄養を食物から摂取しやすい状態」での食事が十分に行われないと、「健康寿命」の延伸は難しいでしょう。

平均寿命と健康寿命の差は、女性では特に12年程度は開きがあると言われております。

なんら制限されることなく、人生を謳歌する時間が長くなることこそが、真の健康と言えるのではないかと思います。

日曜にも関わらずこのように多くの歯科衛生士が受講され、医院でそれぞれオーラルフレイルの予防に取り組んでいただけたらと思います。

 

セミナーは大好評でして、追加講演の開催が決定しております。

 

この後、大阪でも8/18に再度開催される予定となっております。

 

当院でも「咀嚼機能検査」は実施しております。

お口の状況により、保険適用されるケースと、保険適用外で自由診療のメニューとして行っているものとあります。

検査内容は、保険のものと自由診療のものでは異なります。

詳しくはお問い合わせください。